ずぶりといきなり指を埋め込んでも、さほどの衝撃もなかったろうと思われるくらい、二人の淫裂は熱く潤んでいた

右側の胸板にすがりつき甘く啼く千夏。
「そ、そんないきなり……はううぅ、んんっ!」
左側で巨乳を擦りつけ、悩ましく呻く寧々。
「いきなりって言ったって、二人共すっかりびしょ濡れだよ。深佳を責めながら疼かせていたんだね……」
ずぶりといきなり指を埋め込んでも、さほどの衝撃もなかったろうと思われるくらい、二人の淫裂は熱く潤んでいた。
埋め込んだ指で、膣熱をぐるぐると撹拌させる。まとわりつく襞の長さ天上のざらつき、ヴァギナの位置さえも、上付きの千夏と下付きの寧々とでは違っている。
女陰の神秘に想いを馳せつつ、二人が思わず足を浮き上がらせるほど、ぐいぐい深刺しを味わわせる。

黒のストッキングと逆三角形のショーツに包まれた尻肉を、グリグリこね回した

「あ、あぁん……今度はお尻なの?しかも、そんなに強くぅ……」
乳房並みにやわらかいお尻だったが、乳房ほどの敏感さはない。けれど、その分だけ遠慮なく、劣情をぶつけられるのも確かだった。俊輔は、二の腕を引きつけ、胸板にあたるおっぱいクッションを愉しみながら、食パンのような臀朶の触り心地を心ゆくまで堪能した。
黒のストッキングと逆三角形のショーツに包まれた尻肉を、グリグリこね回したかと思うと、丸い輪郭に合わせて撫でまわす。

むにっと押しつぶされた膨らみが、パンと内側から弾けんばかりの張りを感じさせてくれた

寧々の薄めの唇から、小さな悲鳴があがった。小刻みだった震えも、徐々に震度を増している。緊張が和らぐに従い、おんなの反応を見せはじめるのだ。
未だ首筋にしがみつかれているから、上半身も下半身も密着している。むにっと押しつぶされた膨らみが、パンと内側から弾けんばかりの張りを感じさせてくれた。
「こうしていると互いの温もりを交換しあえるね」

顔中を唇に摘み取られ、どうしていいのか判らないのだろう

顔中を唇に摘み取られ、どうしていいのか判らないのだろう。寧々の細腕が、がむしゃらに首筋のあたりに回された。胸板にあたる豊かな弾力が、瞼の裏に強く焼きつけてある魅惑のフォルムと重なった。しがみつく細腕をそのままに、自由な両手をその胸元へと運んだ。

押し付けられたままの乳房が作る深い谷間が、俊輔を甘く誘った

押し付けられたままの乳房が作る深い谷間が、俊輔を甘く誘った。
「ここ、こんなに堅くしてるのって、私に反応してくれているのですよね?」
しなやかな手指が、甘やかに勃起に巻きつき、むぎゅっと竿幹を握られた。
「あううううっ」
おずおずしたぎこちない指使いが、あまりに初々しくかえって男心をそそられる。ただでさえ張りつめていた肉竿は、どくんどくんと脈打ち、雄々しくそそり立った。
潤滑油不足で動きが制約されるのを、どこでそんなことを覚えたのか、寧々はボディソープを手指にまぶしはじめた。ねっとりしたソープ液をまんべんなく塗りつけようとする手指が、ぐちゅぐちゅっと勃起肌を滑る。その何とも言えぬ快感に、思わず俊輔は尻穴をヒクつかせた。

マッシブな女体が真正面に対峙して、胸板にぶにゅんと乳房が押し付けられた

ふいに深佳の美貌が、俊輔の顔の至近距離にまで近づいた。マッシブな女体が真正面に対峙して、胸板にぶにゅんと乳房が押し付けられた。
花びらのようなどぎまぎするほど美しい唇が、俊輔の同じ器官にゆっくりと重ねられる。思わずビクンと身体を震わせると、ぽってりとした唇の感触を味わわせようとするかのように、やわらかく押し付けてくる。