健太ちゃん、ママの見ている前で、そんなにお魔羅、跳ねさせないで……

健太は上半身に薄いタンクトップを着けているだけだった。どうしても露出されたままの下半身に目がいく。
(凄い……。健太ちゃん、もう、完全な大人ね……。ううん、あなたのお魔羅、大きさ自慢の、健太ちゃんのパパよりも、ずっと大きい……)
しかも、まだ十八歳なのに、先端部分が完全に露出し、大きなすもものような王冠部が、すでに自慰で扱いて塗りつけられている、先走りの汁で輝いていた。
(健太ちゃん、ママの見ている前で、そんなにお魔羅、跳ねさせないで……


  • しなやかで強靭そうだった。淫毛は剛毛で、黒々としている。その淫毛を押しのけるような勢いで、傘の異様に張った肉松茸が、隆々と立ち上がり、コブのような血管を浮き立たせて下腹を叩いていた。
    (ああ、どうしよう……。健太ちゃんのお魔羅、中に挿されたなら、私のあそこ、ああ、根こそぎ抉られてしまう……)
    その光景を想像しただけで、しとどに濡れる。

  • 健太は両手を伸ばし、バスタオルで突き出ている肉乳を包んだ

    健太は留美子の言葉に促されて、タオルを持ってその場にしゃがんだ。そのまま見上げると、見つめてくる留美子と目が合う。
    陶然とし、うるんだ目で見つめてくる留美子と視線を絡ませながら、健太は両手を伸ばし、バスタオルで突き出ている肉乳を包んだ。そのままゆっくりと、揉みしだくように二つの巨大な膨らみを擦る。
    「あはん……気持ち、いい……」
    留美子の鼻声に挑発させられる。重そうな乳房を掬い上げるようにしてタオルで水分を拭き取る。そうしながらも、健太の目は、すぐの目の前にある、留美子の花唇を覆う、縮れた淫毛を捉えていた。気が急いた。
    (おっぱいもおま×こも、後でいくらでも触ったり舐めたりできる……)
    そう確約はされていても、いま目の前に見える魅力的な場所を避けることは不可能だった。乳房を包んでいたタオルを持つ手が一気に下方に滑る。
    「ああん、健太くんったら……。手抜きでしょう。そこにいくまでの、お腹のあたり、まだ拭き取れていないわよ……」
    「だって……」
    「いいわ、許してあげる……。でも、そこ見られたり拭かれたりしたら、いくら図々しい私でも、恥ずかしいのよ……。だから、あまり、オイタしちゃ、だめよ……」
    それはまるで、恥ずかしいことをして欲しい、と催促されているよう

    乳房から下方に滑りゆく健太の手を、留美子は優しく下腹部へと導いた

    「ああん、感じるわ……。とても上手よ、健太くん……。でも、またお風呂場では落ち着かないでしょう。続きはベッドで、ね……」
    乳房から下方に滑りゆく健太の手を、留美子は優しく下腹部へと導いた。濡れてふっくらとした肉土手に貼りつく淫毛にほんの少し健太の指を絡ませながら、留美子はささやくようにベッドへと誘う。

    目の前の肉棒がさらに逞しくなる。留美子は両手の指で肉棒を掴んだ。

    「ああ、留美子さんの目、とても、いやらしい……。それに、そ、その、大きなおっぱい……。ぼ、僕、もう、たまりません……」
    健太の視線の行き先は、三十路を過ぎても型崩れしないままに突き出ている、肉乳だけにとどまらず、濡れて股間のやわ肌に貼りついている、淫毛にも注がれていた。
    (はじめてなんだもの……。女の体のどんなところにも興味があって当然よね……)
    目の前の肉棒がさらに逞しくなる。留美子は両手の指で肉棒を掴んだ。左手を肉幹に絡ませ、右手は下方に大きなクルミのように垂れている淫嚢に添える。
    「ああ、留美子さん……そんなにされたら、僕、また……」
    健太はしきりに腰を振り、催促していた。

    白魚の指が恥裂に添えられた。人差し指と中指を使って静かに裂いていく。

    まさに少女そっくりに靖代はしゃくりあげはじめた。愛してもいないどころか憎むべき男たちに女の最も大事な箇所をさらす屈辱で、いまにも失神しそうだ。控えめな下草が震え、雪白の内ももは緊張に引きつっている。
    それでも健気に美脚を開ききった靖代に、村松は次なる矢を放った。
    「よしよし。よくやった。偉いぞ、奥さん。だがもうちょっと見せろ。その手で、その指を使ってマ×コを開いてくれ」
    「な、なんですってっ……」
    靖代の顔がすっかり青ざめている。
    「できんというのかね」
    「あ……いえ、あの……し、しますっ……しますからっ……」
    白魚の指が恥裂に添えられた。人差し指と中指を使って静かに裂いていく。村松は靖代の股間に潜りこみ、床面すれすれから恥裂を覗きこんでいる。
    「見えた見えた。特出しだぞ。かわいらしいおマメちゃんだ。ひひひひっ……」

    下草は濡れて陰部にべったりと張りつき、岩場にあげられた海藻さながらだ

    「あ、あっ……見ないでっ……」
    恵里子は濡れた美貌を哀愁たっぷりの風情で揺らした。けれどもう中断することはない。ペタリと尻をついた姿勢で、股間をほとんど限界まで開いた。同時に、壁に凭せかけていた背中が少しずつずり落ちている。やがてはブースの床面にほぼ仰向けの状態になった。それでも健気に両手は膝を押さえている。なんともしどけない姿だ。
    内ももがピリピリと引きつっている。下草は濡れて陰部にべったりと張りつき、岩場にあげられた海藻さながらだ。恥裂は覆われ、かろうじて縦一本の筋が垣間見える。
    奥寺は下草を両側に掻きわけた。鉈を振りおろしたかのような見事な切れ目が、股間のど真ん中を縦に走っている。

    壁に背を凭れた姿勢で、徐々に股間を開いていく

    「股座を開けと言ってるんだよ」
    「あ、ああっ……わかりました……」
    怖ずおずと恵里子の手が動いた。白魚の指が膝の内側に添えられる。壁に背を凭れた姿勢で、徐々に股間を開いていく。濡れそぼった下草が露わとなる。生々しい陰部が視界に入ってくる。
    が、半開きのところでとまってしまう。白魚の指も雪白のふとももも、いや、裸身のすべてが熱に浮かされたかのように震えている。やがて大きく顔を背け、恵里子は掻き消えそうな小声で訴えた。
    「で……できません……。もうできません……もう許してっ……」

    次期社長夫人というに相応しく、秘所では下草が贅沢すぎるほどに繁茂している

    それでも飽きたらず、右手を徐々に比佐子の乳房から下腹部へと移動させていった。肌に張りついているスパッツをかいくぐり、女の秘所に魔手をこじ入れたのである。
    「もうやめてっ。許してっ」
    許しを乞おうとしてか、手を拒もうとしてだろうか、比佐子が巨尻を振っている。
    奥寺は無視して手を忍ばせた。次期社長夫人というに相応しく、秘所では下草が贅沢すぎるほどに繁茂している。施した唾液が伝わっていたと見え、意外なぐらいに潤っている。それをかきわけ、牝芯を探りにかかった。
    「あっ、あっ。どこをさわってるのっ」
    比佐子の尻振りが激しくなる。奥寺の下腹に尻肉がプリプリと擦れる。
    抵抗も空しく、魔手は牝芯を探り当てた。中指の先に牝芯を捕らえて振動を与える。
    女体から緊張が抜け落ち、沈みかけた。
    「駄目よっ。駄目っ……やめてっ……んっ、むむむっ……はあああっ……」
    比佐子が身を捩って性感を訴える。くねっと官能的な身悶えだ。それに伴い、これまでにも増して肛門の食いつきが強まった。肉刀を呑みこもうかという勢いである。

    俊輔が膝の裏に両手をあて、太ももをM字に割り開いたのだ

    「ああ、そんな……」
    悲鳴にも似た狼狽の声が、朱唇から零れ落ちる。俊輔が膝の裏に両手をあて、太ももをM字に割り開いたのだ。
    太ももの裏、尻朶は抜けるように白いのに、内ももの付け根から露出した女唇は、赤みが強いピンクだった。ふっくらと唇のように肉が盛り上がり、無数の皺が繊細な模様のように走っていた。女唇とその周辺にまばらに短い恥毛が点在し、丘を飾る恥毛は硬く、縮れている。
    凄まじく卑猥なのに、どこか清潔さを感じさせるのは、二枚の肉花びらが奥ゆかしいまでに短く薄いためだろうか。誰一人として、ここを舐めしゃぶっていない処女地に、俊輔はひどく感激し、震えが来るほどだった。

    腰骨にしがみついていたショーツの両脇を、太ももの付け根近くまで降ろすと、薄布の上端から漆黒のアンダー・ヘアが露出した

    腰骨にしがみついていたショーツの両脇を、太ももの付け根近くまで降ろすと、薄布の上端から漆黒のアンダー・ヘアが露出した。反射的に隠そうとした手が、すぐに思いとどまり、再びヘッドボードに戻っていく。なおも俊輔が深紅の薄布をずり下げて足から抜き取ろうとするのを、足を交互に浮かせて手伝ってくれた。