ブラジャーをはずしてしまったのか、乳房の頂にはクッキリと乳首が尖っていた

先ほどのショーツとは較べようもない高級感に、細密にあしらわれた刺繍の美しさにうっとりと見惚れる。陳列されていたときとは印象がまるで違っていた。やはり女体を飾ってこそのランジェリー、加南子が身に着けてこその麗しさだった。
わざわざショーツのよそおいに合わせてトップも着替えてくれたのか、上半身は艶やかなオレンジ色のキャミソールに包まれている。
(あれ?もしかして……)
胸もとの光景に一瞬胸をドキリとさせる。ブラジャーをはずしてしまったのか、乳房の頂にはクッキリと乳首が尖っていた。