再び村松は二股に食らいついた。肉扉を割り裂き、恥蕾を唇にパックリと咥えこんだのである

再び村松は二股に食らいついた。肉扉を割り裂き、恥蕾を唇にパックリと咥えこんだのである。
「ああああっ……」
恥蕾をチュッと吸いあげられて、カクンッと腰が落ちそうになった。奥寺が支えていなければくずおれているところだ。
「す、吸わないでっ。吸わないでったらっ。お願いっ。……あ、ひいいーっ!」

これは愛らしいおマメちゃんだ。どれ、感度を確かめてみましょうかね、奥さん

「これは愛らしいおマメちゃんだ。どれ、感度を確かめてみましょうかね、奥さん」
村松は双眸をいっそうぎらつかせた。戦慄する美貌を上目遣いに楽しみつつ、舌ビラを恥蕾へと伸ばしていく。
「あっ、あっ。もうイヤッ。もうイヤですっ。ごめんなさいっ。許してっ。……あっ、ひいいーっ!」
舌先がチロリと突端を掠めた瞬間、裸身がピクンッと爆ぜ、ショートヘアがふわりと揺れた。かすかに抗しがたい瞬悦が突きあげたものの、それをはるかに凌駕する汚辱感が襲った。

指先に弄ばれるうち、肉芽を包む薄皮がめくれだし、敏感な芯が顔を覗かせた

朱に染めた頬を強張らせ、声を震わせて深佳は奔放な喘ぎを漏らした。
「はっつぅ、あっ、あはあぁあああああああああああああああっ」
指先に弄ばれるうち、肉芽を包む薄皮がめくれだし、敏感な芯が顔を覗かせた。俊輔は、そのわずかな変化も見逃してくれず、指の腹でくすぐるようにして、全ての薄皮を剥いてしまった。
「あ、やっ……俊くん…だ、ダメっ!うんっ、んふっ、ふあああ~~っ!」
肉体の全てが溶けだしてしまいそうな豊穣な刺激が、頭の頂点にまで響いた。降り注ぐような悦楽の豪雨を浴びて、全身がわなないている。

深佳をさらなる官能の坩堝へと堕とすべく、巧妙な指先にクリトリスを狙われた

「うふん…あはああん……うん……あ、ああ、そこは……」
お腹のあたりをまさぐっていた手指は、さらに下方を目指し、やわらかく恥丘を覆う繊毛をあやされ、ついには媚肉の合わせ目に及んだ。
「あん、ダメよっ……今そこを触られたら…わ、私…ひっ……あ、ああぁ~~!」
深佳をさらなる官能の坩堝へと堕とすべく、巧妙な指先にクリトリスを狙われた。
輪郭に小さく円を描かれ、蕾の頭を転がされ、親指と人差し指に軽く抓まれ、擦られ、潰され、なぎ倒されと様々に嬲られる。肉芽はさらに硬さを増して、こらえきれないほど芳醇な淫波をジンジンと歌い上げた。
「ひっ、ゃあ、ああ……だめっ…おかしくなる……ああっ、こんなことって!!」
どんなに気をしっかり持とうとしても、性的な快感を得るためだけについている器官を弄ばれては、肉体が蕩けだすのを抑えられない。

慎重に、かつ大胆に、俊輔は寧々の肉萌をあやしていく

(なんて初々しい反応だろう……。それにしても、クリちゃん小っちゃ!堅くさせている癖に、こんな可愛らしいなんて……)
慎重に、かつ大胆に、俊輔は寧々の肉萌をあやしていく。側面に円を描き、くすぐるようにして指の腹を擦りつけるのだ。
「いぁああ、ダメぇっ……俊輔さぁん……はぁああああっ」
もはや丁寧語に変換するのも難しくなった寧々は、あからさまな嬌声を漏らしはじめた。絞り出すような大きな喘ぎは、寧々の印象とは少し違うが、そのギャップがかえって悩ましい。
「あっ、く、あんっ、はぁあ。あ、あああぁああ、痺れる、痺れちゃうぅううっ!」

俊輔は、彼女の制止も聞かず、人指し指の先で可憐な肉芽から薄い包皮をクリンと剥いた

「ああダメです、いま、そこをされたら、イッてしまいますぅっ……」
切なげに啼く千夏を尻目に、すっかり頭に血を昇らせている俊輔は、彼女の制止も聞かず、人指し指の先で可憐な肉芽から薄い包皮をクリンと剥いた。
「あ、ひぃいいいいいいいっ!」
思わずあがった悲鳴は、痛みのためではないはずだ。その証拠に、峻烈な淫波に打たれた美貌が、ぐいっと淫らに天を仰いでいる。休む間を与えず、剥き出しの肉芯を唇全体で覆い尽くし、上下の歯の先で軽く摘んだ。
撓めていた千夏の背筋が、ぶるぶるぶるっと大きく震えた。

柔らかな肉花びらを唇に挟み、やさしく引っ張る

「あ、ああぁ、あん……ひううっ。か、感じちゃう……あぁ、だめっ。おかしくなりそうですぅっ」
柔らかな肉花びらを唇に挟み、やさしく引っ張る。限界まで伸びきった肉びらが、唇から離れ落ち、ぷるるんと元の位置でわなないた。
戻る瞬間に、峻烈な電流が走るらしい。媚肉全体がヒクついている。紫色した菊座までが、ぎゅぎゅぅっと絞られて女体の緊張がそれと知れた。肉の合せ目にある敏感な器官がムクムクとそそり勃ち、「ここも触って」と自己主張をはじめた。

愛らしい肛門が、物欲しげにひくついて、目を楽しませている

幸せはまだ終わらない。彩海自身の両手の指が尻たぶに食い入った。
「見て、尚樹くん。わたしのお尻のすべてを見て」
彩海は自分の手で、深い谷間を左右に広げる。昨日のバスルームでも、彩海は同じことをした。それなのに尚樹は新鮮な感動に身を包まれる。これから毎日同じことをされても、そのたびに感動に震えるだろう。そしてこの儀式を毎日見ていたに違いない夫の聡史への嫉妬と羨望が押さえられない。
朝の陽光が射した谷間の奥には、やはりバスルームのときと同じものが存在した。愛らしい肛門が、物欲しげにひくついて、目を楽しませている。排泄器官でありながら、尚樹自身が意識していない頭の片隅に、いつかはこの中に、という思いを芽吹かせた。
鮮やかな肛門の下に、もっと美しく、もっと妖しい花が咲き誇っている。二度の胸の絶頂の波動を受けて、今朝はまだほとんど刺激を受けていない女性器もすっかり満開になっていた。秘唇は左右にほころんで、愛蜜で濡れそぼった肉襞がぬるぬると蠢いている。
彩海が尻の角度を変えると、花弁の中心で息づく膣口と、逆さになってぷっくりとふくれたピンクの肉真珠までも、はっきりと見えた。

き、貴和子さんのおま×こ、すごい、熱い

(き、貴和子さんのおま×こ、すごい、熱い……)
味わいも濃く、煮えたシチューのようだ。恥肉がたぎっている。
軽く指を曲げると、さらに深く、熱い坩堝に落ち込んでいく。二の指に当たるコリッとした突起は、貴和子の恥じらいがギュッと詰まった小粒だ。もう小粒とは言えないほどに勃起していた。