健太に振り返りながら、留美子の手が健太の股間に伸びてくる

「はぁぁーーっ、健太くん……あなた、悪い子ね……。はじめてなのに、こんなおばさんをだらしなくしちゃうなんて……」
「そ、そんな……。それより、僕、もう一度、留美子さんと、セックスしたい……」
「えっ!?もう……」
うつろな眼差しだった留美子の目が開き、健太に振り返りながら、留美子の手が健太の股間に伸びてくる。
「まぁ、凄いのね、健太くん……。たったいま、ううん、お口の中とあそこで、あなた、二度もあんなにいっぱいミルクを出したのに、もう、こんなだなんて……」
留美子の手の中で、肉棒が嘶いていた。二度放っていても、萎えるどころかさらに肉棒のすべてが充実していた。留美子は華奢な手にはとうてい収まり切らない充実感に吐息を吐いた。健太はたまらず、湯に濡れたほつれ毛が乱れたままに貼りつくうなじに、唇を押しつけていた。

左手を肉棒に絡ませた状態で爪先立ち、右手を健太の首に巻き付けて、唇を求めていく

「まぁ、健太くんったら……。恥ずかしいでしょう、そんなこと……」
留美子はそう言いつつ、肉棒を手にしたままに立ち上がる。左手を肉棒に絡ませた状態で爪先立ち、右手を健太の首に巻き付けて、唇を求めていく。
(この子、学習能力が高いわ……)
唇を押しつけただけで、留美子の思いを察し、健太は口を開くと、吸い込むように留美子の舌を口中に迎え入れていた。
(ああ、硬くて、熱いのが、肌にめり込みそう……)
密着し、舌を絡め合うことでより刺激された肉棒が、容積を増し、ぐいぐいと留美子のやわ肌を刺激してくる。激しく脈打っていた。留美子は舌の表面全体を擦り合わせるようなキスを強要していた。

目の前の肉棒がさらに逞しくなる。留美子は両手の指で肉棒を掴んだ。

「ああ、留美子さんの目、とても、いやらしい……。それに、そ、その、大きなおっぱい……。ぼ、僕、もう、たまりません……」
健太の視線の行き先は、三十路を過ぎても型崩れしないままに突き出ている、肉乳だけにとどまらず、濡れて股間のやわ肌に貼りついている、淫毛にも注がれていた。
(はじめてなんだもの……。女の体のどんなところにも興味があって当然よね……)
目の前の肉棒がさらに逞しくなる。留美子は両手の指で肉棒を掴んだ。左手を肉幹に絡ませ、右手は下方に大きなクルミのように垂れている淫嚢に添える。
「ああ、留美子さん……そんなにされたら、僕、また……」
健太はしきりに腰を振り、催促していた。

ねぇ、もう、留美子のおま×こに、挿してみようか……

留美子はまだぬめりを長茎に纏わりつかせたままの肉棒を繁々と見つめる。初物だった。隆々とし、下腹を打つような勢いで上下に忙しなく動く肉棒に再び手を添える。
「ああ、硬い……。健太くん、一度ミルク出しちゃったから、ねぇ、もう、留美子のおま×こに、挿してみようか……」

すぐ間近で揺れる、たわわな留美子の肉乳の誘惑に、萎える間もなく肉棒は隆々としていた

「さぁ、おちん×ん、汚れたでしょう。洗ってあげるわ……」
留美子は若い精液にまみれた下腹もそのままに、健太の手をひいて浴槽を出る。
(凄いわ、健太くんったら。こんなにたくさん放ったのに勃起したままなんて……)
股間を隠すことも忘れて、射精してしまった現実に悄然としている健太ではあったが、すぐ間近で揺れる、たわわな留美子の肉乳の誘惑に、萎える間もなく肉棒は隆々としていた。その威容は、留美子の目を捉えて放さなかった。

「健太くん、私が、いい、って言うまで、目を瞑っててくれるかしら……」
健太は肉棒全体をヒクつかせながら頷き、素直に目を瞑り、顔を上方に向けた。
留美子が肉棒を手のひらに乗せた瞬間、「あぅっ!?」という驚きの声とともに、健太の尻朶が小刻みに震える。それでも健太は目を開けなかった。
(嘘……こ、こんなにも大きいなんて……。それに、この強靭な反り具合……。ああ、もうすぐ、これを受け入れるのね……)
留美子は我を忘れそうになるのを辛うじて堪えていた。王冠部がレモンのように膨らみ、雁首の溝が深く、その分、鰓が突出するように張り出している。
(ああん、こんな鰓で中を擦られたら、襞が削げそう……)

健太くん、隠さないで……。今度は私に健太くんのおちん×ん、よく見せて……

(凄い、健太くん……)
留美子は両手で隠されたままに目の前に出た健太の股間を見て、息を呑む。健太の大きな手でさえ隠し切れない逸物だった。口内に唾が湧く。それを健太に気づかれないように嚥下しながら、留美子の目は健太の股間に注がれたままだった。
「健太くん、隠さないで……。今度は私に健太くんのおちん×ん、よく見せて……」
困惑気に見つめてくる健太の頬を両手で包み込み、留美子は男好きのする唇を健太の唇に押し付けていた。
(健太くん、本当に未体験なのね……)
一気に昂ぶる健太の様子が直に伝わってくる。本能がそうさせるのだろう。留美子にキスされた瞬間、条件反射のように、股間を隠していた両手が留美子の背に回され、闇雲に唇を吸ってくる。健太の腰に手を回した留美子は、自ら健太の腰を引き寄せて、舌で唇をこじ開けて、その口内に自在に動く舌を滑り込ませていた。

褌を脱がされたことで、勢いよく姿を現した肉棒の威容に茫然とする

「す、凄い……」
褌を脱がされたことで、勢いよく姿を現した肉棒の威容に茫然とする。まだ指一本添えていないにもかかわらず、肉棒は天を突くような鋭い角度で立ち上がり、下腹を何度も叩くような勢いで嘶いていた。
「お、大きい……」
褌の中に隠れていたせいか、肉棒そのものには砂はない。綺麗な色だった。
(とても美しい……。それ以上に逞しい……。それに、完全に剥けているなんて……。ああ、いますぐ、欲しい……)

弛緩した肛穴に向け、息を荒らげながら尖端を押し当てた

いつになく怒張は熱く、硬く、禍々しい角度でそそり立っていた。尖端がジクジクと滾って、ちょっと触れたら弾け飛びそうだ。
いま一度珠実の尾骨周辺に唾液を垂らして潤いを充分に補給すると、肛穴から魔指を引き抜く。弛緩した肛穴に向け、息を荒らげながら尖端を押し当てた。未知の領域への期待感で、梅崎の胸は高く鳴った。震える右手で怒張をかまえ、焦点を合わせると、報復の怒張を突きあげる。

切っ先がヌルリと突入する

そこへ奥寺は乗りかかった。フェラチオを受けて以来、肉刀は猛りに猛りっぱなしである。弛緩しきった恥裂に切っ先をあてがい、一思いに貫こうとする。
「あっ」と恵里子が戸惑いの声をもらし、身体を伸びあがらせた。
しかしかまわず腰を繰りだす。切っ先がヌルリと突入する。ここぞと大きく突きあげると、膣洞には刀身の半ばほどまでが収まった。

屹立した肉刀を裏側から見上げると、その形状の武骨さと醜怪さが際立って見えた

奥寺は顔をあげると、珠実の目の届く位置でパンツをずりさげた。
「はっ……」
珠実が身を竦ませ、顔を強張らせるのを見据えながら、奥寺は肉刀を露出させた。屹立した肉刀を裏側から見上げると、その形状の武骨さと醜怪さが際立って見えた。
目を剥き、カエル形の肢体をばたつかせた。しかし肢体は空しく床上で跳ねるか、せいぜい横揺れするだけだ。股間は極限まで割かれ、覆うものはなにもない。まるで、どうぞお好きに、と言わんばかりの体勢である。