「ああん、凄い……。健太ちゃん、また、一回り、大きく、硬くなって……」 脳裏に浮かんだ、義母と留美子の淫唇を思い出すことにより、肉棒はさらに隆々と聳え立つ。咲枝は嬉々として、扱く手の動きを速くする。 …

目の前で体を妖しくくねらせて踊る、熟女たちのそれぞれの股間の割れ目を想像するだけで、短パンに擦れて痛いほどに、肉棒は勃起していた

      

(ああ、僕って意志薄弱だな……。こんなに艶めかしいおばさんたちを見ると、どうしてもち×ぽが反応してしまう) それは留美子によって、女の味を熟知させられた後だけに当然のことではあった。目の前で体を妖しく…

すでにソープの泡だらけになっている、サマーセーターを脱ぎ、生乳を背に押し付けて、後ろから健太の耳元に口を寄せていた

      

(それにしても健太ちゃんったら、私を指名したいなんて……) まるで胸中を見透かされているようで、由美は思わず顔を赤らめながら、その顔を健太の背中に密着させる。 由美は背中から顔を離すと、泡立つソープで…