腹部に跨っている千夏が、灼熱の勃起に手を伸ばし、わずかに細腰を浮かせて自らの女肉の狭間に導いていく

「早く。僕、もうたまりません」
下腹部の恥毛も露わに、二本の脚を大きく開いて腹部に跨っている千夏が、灼熱の勃起に手を伸ばし、わずかに細腰を浮かせて自らの女肉の狭間に導いていく。涎と愛液にしとどに濡れそぼる媚肉の帳が、切っ先に触れた。
「うっ……」
電流に打たれたかのように、女体がビクンと震える。ゆっくりと細腰が、その位置を沈めた。脇に手を添えて支えてやらなければ、儚い肉体が溶けてなくなりそうだと俊輔は思った。

花穂子は佑二にうなずきを返すと、分身に添えてあった右手で、的を外さぬように誘導した

挿入箇所はここでいいのかと佑二が不安そうに聞く。花穂子は佑二にうなずきを返すと、分身に添えてあった右手で、的を外さぬように誘導した。横に逸れていた先端を、花弁に引っかけて中心へと持ってくる。ヌルッとすべって、そのまま肉塊が潜り込んできた。花穂子の首筋が引き攣った。
「あ、アンッ」
佑二が腰を沈めてくる。引き攣るほどに花弁が拡げられ、太い剛柱が女の内に潜り込む。花穂子はペニスを摘んでいた指を引き、佑二の背に両手を回した。
(ああっ、まだ入ってくる)
勃起はズブズブと押し入ってくる。膣の底まで突き進んでくる感覚は、味わったことのないものだった。やがて互いの恥骨がぶつかり挿入が止まる。