健太ちゃん、ママの見ている前で、そんなにお魔羅、跳ねさせないで……

健太は上半身に薄いタンクトップを着けているだけだった。どうしても露出されたままの下半身に目がいく。
(凄い……。健太ちゃん、もう、完全な大人ね……。ううん、あなたのお魔羅、大きさ自慢の、健太ちゃんのパパよりも、ずっと大きい……)
しかも、まだ十八歳なのに、先端部分が完全に露出し、大きなすもものような王冠部が、すでに自慰で扱いて塗りつけられている、先走りの汁で輝いていた。
(健太ちゃん、ママの見ている前で、そんなにお魔羅、跳ねさせないで……


  • しなやかで強靭そうだった。淫毛は剛毛で、黒々としている。その淫毛を押しのけるような勢いで、傘の異様に張った肉松茸が、隆々と立ち上がり、コブのような血管を浮き立たせて下腹を叩いていた。
    (ああ、どうしよう……。健太ちゃんのお魔羅、中に挿されたなら、私のあそこ、ああ、根こそぎ抉られてしまう……)
    その光景を想像しただけで、しとどに濡れる。

  • あぅっ、ママ……ああ、僕のち×ぽ、握って……。ああ、扱いて、ママ……

    由美は意を決し、全身全霊で健太に肉体奉仕し、まだ健太の記憶に生々しく残っているはずの留美子との交接図を、自らの女体で上書きするつもりになっていた。
    「素敵よ、健太ちゃん……。ああ、これ、ママに昂奮してくれているのね……」
    由美は健太と真正面から向き合い、タイルに膝をついていた。目の前に長大な肉棒が、先端から滲み出る先走りの汁を膨らませて聳えていた。
    (すごく、大きい……。形は夫によく似ている……。でも、夫より健太ちゃんのお魔羅、一回りも大きい……)
    そっと肉棒の下方に手のひらを拡げた。ずしっと重い肉棒の圧に指が震える。
    「あぅっ、ママ……ああ、僕のち×ぽ、握って……。ああ、扱いて、ママ……」
    もどかしそうに腰を突き出す健太を見上げる。自分の目が淫らな輝きを放っているのを、由美は熟知していた。
    欲しくなると目に表れる。おまえの目は正直だ。魔羅が欲しいと、おまえはすぐ、目を潤ませる。夫はベッドの中でそう言葉責めし、昂ぶりを増幅させていた。
    「健太ちゃん、留美子さんも、お風呂場で、こんなことしてあげたの?」
    由美は指が回らないほど、太くて長い肉棒を手のひらで受け、絶妙な強弱で、二、三度、長竿を擦った。健太の腰が激しく震える。
    「留美子さんと、こ

    凄い……。亀頭が手のひらからはみ出している……

    留美子は片方の手のひらに乗り切らない健太の肉棒に、もう一方の手のひらを添えた。ずっしりと重い。左右の手のひらに乗せられた若い男の肉棒は、長竿に浮き出た血管で手のひらを刺激するように、大きくバウンドする。
    (凄い……。亀頭が手のひらからはみ出している……)

    褌を脱がされたことで、勢いよく姿を現した肉棒の威容に茫然とする

    「す、凄い……」
    褌を脱がされたことで、勢いよく姿を現した肉棒の威容に茫然とする。まだ指一本添えていないにもかかわらず、肉棒は天を突くような鋭い角度で立ち上がり、下腹を何度も叩くような勢いで嘶いていた。
    「お、大きい……」
    褌の中に隠れていたせいか、肉棒そのものには砂はない。綺麗な色だった。
    (とても美しい……。それ以上に逞しい……。それに、完全に剥けているなんて……。ああ、いますぐ、欲しい……)

    留美子はたわわに実った肉乳に当たる、褌越しの肉棒の躍動感に感動していた

    (健太くんのおちん×ん、かなり、大きい……。ああ、私、生身の男根なんて、何年ぶりかしら……。それもこんなにも若い、健太くんとだなんて……)
    すぐにでも褌を脱がせて、頬擦りしたかった。思わず唾を呑み込む。健太の臍の真下に唇を押しつけ、微かに開いた唇から舌をだして、若い男の肌の味を確かめながら、留美子はたわわに実った肉乳に当たる、褌越しの肉棒の躍動感に感動していた。

    弛緩した肛穴に向け、息を荒らげながら尖端を押し当てた

    いつになく怒張は熱く、硬く、禍々しい角度でそそり立っていた。尖端がジクジクと滾って、ちょっと触れたら弾け飛びそうだ。
    いま一度珠実の尾骨周辺に唾液を垂らして潤いを充分に補給すると、肛穴から魔指を引き抜く。弛緩した肛穴に向け、息を荒らげながら尖端を押し当てた。未知の領域への期待感で、梅崎の胸は高く鳴った。震える右手で怒張をかまえ、焦点を合わせると、報復の怒張を突きあげる。

    雪白の尻肉がハイレグからこぼれ、四つん這いで進むと、眼下でクリクリッと蠱惑的に弾むのである

    器材庫の淀んだ空気を掠れ声が揺らした。理香がよろよろと半身を起こし、ドアのほうへ這いずっていこうとする。引き締まった美尻に、鮮やかなプリント柄がV字形に張りついている。濡れた布地が一分の隙もなく尻肌に張りついて、美麗なフォルムが丸見えだ。布地が割れ目にめりこみ、裸の尻より艶めかしい。雪白の尻肉がハイレグからこぼれ、四つん這いで進むと、眼下でクリクリッと蠱惑的に弾むのである。
    頭頂部の髪を捕らえ、強引にこちらを向かせた。肉刀を鼻先につきつける。天井からの煌々たる明かりが肉刀を照らしだす。透明な体液が切っ先で泡を噴いている。
    理香が顔を顰めるのを見咎め、切っ先を鼻先に擦りつけた。昨夜、花蜜にまみれた魔指でそうしたように、切っ先でグイグイと押しあげる。

    再びジーンズのジッパーを開け、肉刀を露出させる

    奥寺は自分の欲望を強烈に自覚した。全身の血液が熱く沸きたった気がした。再びジーンズのジッパーを開け、肉刀を露出させる。それから魔指を一気に引き抜いた。
    「ああんっ!」
    比佐子が呻き、身体を一瞬に脱力させた。生まれて初めての体感は、想像以上の消耗を女体に強いたと見える。

    前髪をつかんで顔を強引に上向かせ、尖端を朱唇に割りこませた

    奥寺はまだダラリと重そうに垂れた砲身をしゃくりながら、朱唇に迫った。
    「イヤよっ。そんなもの見せないでっ。私をどうするつもりなのっ」
    比佐子は眉根を険しくし、顔を背けている。
    「咥えろと言ってるんだよ」
    「イヤよっ。イヤだったらっ。……あっ、んぐぐっ……」
    前髪をつかんで顔を強引に上向かせ、尖端を朱唇に割りこませた。下腹部ごと美貌に押しつけ、腰をせりだすと、比佐子の頭部は壁と奥寺の下腹部との間で挟み撃ちとなる。それを利して、顔全体に擦りつける。砲身は見るみるうちに膨れあがり、朱唇からこぼれた。見てとった奥寺は砲身を構え、比佐子の鼻先に尖端をあてがうと、グィグィと押しあげる。典雅な鼻梁が無惨にひしゃげ、豚鼻そっくりとなった。