二枚の舌が健太の口内で表面をべったりと合わせ、音を立ててすり合わせていた

(ああん、素敵……。ママ、うんと、いやらしくなりそうよ……健太ちゃん……)
二枚の舌が健太の口内で表面をべったりと合わせ、音を立ててすり合わせていた。
(大きくて、分厚い舌……。ああん、美味しい……。健太ちゃんって、何もかもが、大きい)
依然として肉棒がやわ肌に食い込んでいた。
(いまの私、とても、いやらしい……。健太ちゃんの舌、まるで、お魔羅のように、喰べている……。ああ、なんて淫らなの……)
由美は健太の舌先を貪っていた。時折、舌の裏側をずるずると舐め上げ、巧みに動き回る由美の舌は、健太の口中粘膜を根こそぎ削り取るように、吸い付いたまま移動する。
(健太ちゃんの昂ぶりが、あああ、分かる……)
由美の舌が口内を隈なく弄うごとに、肉棒が激しく反応する。先端から垂れる我慢汁が、由美の肌をぬるぬるにする。
(ああ、欲しく、なる……。私、健太ちゃんが息子でなかったなら、もう、この逞しいお魔羅、自ら、挿し込んでいる……)
理性が麻痺しそうだった。いや、すでに麻痺している。それでなければ、義理の息子と義母が、お互いの舌を弄り合ったりなどできない。

下腹に押し付けられている極限にまで勃起した肉棒の動きに刺激されていた

「ええ、そうよ……ね、ママ、あそこ以外なら、どんなところでも使って、健太ちゃんを悦ばせてあげる……。そう決めたの……」
言った後に、急激に全身が熱くなる。下腹に押し付けられている極限にまで勃起した肉棒の動きに刺激されていた。由美は息子に抱きしめられたまま、淫裂から夥しい量の淫蜜を垂れ流していた。由美はキスを再開し始める。

本当?ママ、僕のち×ぽ、そのママのいやらしい口で咥えてくれたりするの?

「ああ、ママ、ママの唇と舌が、耳に触れるだけで、僕、気が遠くなるほどに、気持ちいい……。ああ、ママって、やっぱり最高だよ……。ぼ、僕、早く、ママと一つになりたい……」
「あうん、それはママも同じよ。でもねぇ、よく聞いて、健太ちゃん……。ママと健太ちゃんは親子なの……。親と子との交わりは、いくらこの島の変な祭りの風習でも、許されてはいないの……」
「ええっ!?……そんな……」
「分かるわ、健太ちゃんの気持ちは……。ママだってそうなのよ。ママも健太ちゃんと一つになりたい……。でも、無理なの……」
「ああ、イヤだよ、そんな……」
「駄々を捏ねないで聞いて、健太ちゃん……」
由美の舌先が、再び健太の耳朶を舐めしゃぶる。耳の孔にまで舌先が潜る。そのたびに健太の体が大きく痙攣し、由美の下腹に押し付けられていた若々しい巨大な肉棒が力を漲らせて蠢く。
(ああん、す、凄い……。健太ちゃんも堪えられないでしょうけれど、こんな凄いお魔羅を見て、下腹に押し付けられたなら、私のような三十路半ばの女が、挿し込まれるのを我慢するのって、生き地獄そのもの……。ああ、ママも、欲しい……)
理性が辛うじて利いているものの、体はすぐに反応し、下腹のやわ肉に突き挿さる肉棒を刺激するように、由美の下半身が円

いきり勃つ肉棒が留美子のやわ肌に食い込む

「うん。僕、早く、留美子さんの体の隅々まで見てみたい……」
「ああ、恥ずかしい……でも、約束だから、いいわよ。そのかわり、私も健太くんの体、じっくり見るんだから」
健太は留美子の手を引いて立ち上がらせた。留美子と正対する。自然にお互いが体を寄せ合い、背に両手を回すと唇を求める。いきり勃つ肉棒が留美子のやわ肌に食い込む。それを感じた留美子は意識的にやわ肉で肉棒を刺激し、口内に挿し込まれている健太の舌に舌を絡め、溢れる唾液を啜ってくる。

左手を肉棒に絡ませた状態で爪先立ち、右手を健太の首に巻き付けて、唇を求めていく

「まぁ、健太くんったら……。恥ずかしいでしょう、そんなこと……」
留美子はそう言いつつ、肉棒を手にしたままに立ち上がる。左手を肉棒に絡ませた状態で爪先立ち、右手を健太の首に巻き付けて、唇を求めていく。
(この子、学習能力が高いわ……)
唇を押しつけただけで、留美子の思いを察し、健太は口を開くと、吸い込むように留美子の舌を口中に迎え入れていた。
(ああ、硬くて、熱いのが、肌にめり込みそう……)
密着し、舌を絡め合うことでより刺激された肉棒が、容積を増し、ぐいぐいと留美子のやわ肌を刺激してくる。激しく脈打っていた。留美子は舌の表面全体を擦り合わせるようなキスを強要していた。

硬く、長大な肉の棒が、留美子の下腹のやわ肉に突き刺さるような勢いで、ヒクついていた

(あっ、健太くんのお魔羅が……)
それは信じられない勢いだった。硬く、長大な肉の棒が、留美子の下腹のやわ肉に突き刺さるような勢いで、ヒクついていた。
(ああ、お魔羅の先から、先走りのお汁が湧いている……)
下腹を濡らす先走り汁を、自ら腰を回して周囲の肌に擦りつける。
「ああ、そ、そんな……」
その刺激に女のように身悶えする健太をさらに強く抱きしめながら、留美子は健太の口中に挿し入れた舌で、戸惑っているような健太の舌に絡み、ねっとりと吸う。
その直後のことだった。
「あぅっ、健太くん……」
「る、留美子さん、ぼ、僕……」
留美子の下腹に揉まれていた肉棒が激しく嘶いたと感じた瞬間、生温かい液体が噴出し、それは瞬く間に留美子の下腹全体をぬるぬる状態にしていた。

雪白の尻肉がハイレグからこぼれ、四つん這いで進むと、眼下でクリクリッと蠱惑的に弾むのである

器材庫の淀んだ空気を掠れ声が揺らした。理香がよろよろと半身を起こし、ドアのほうへ這いずっていこうとする。引き締まった美尻に、鮮やかなプリント柄がV字形に張りついている。濡れた布地が一分の隙もなく尻肌に張りついて、美麗なフォルムが丸見えだ。布地が割れ目にめりこみ、裸の尻より艶めかしい。雪白の尻肉がハイレグからこぼれ、四つん這いで進むと、眼下でクリクリッと蠱惑的に弾むのである。
頭頂部の髪を捕らえ、強引にこちらを向かせた。肉刀を鼻先につきつける。天井からの煌々たる明かりが肉刀を照らしだす。透明な体液が切っ先で泡を噴いている。
理香が顔を顰めるのを見咎め、切っ先を鼻先に擦りつけた。昨夜、花蜜にまみれた魔指でそうしたように、切っ先でグイグイと押しあげる。

膝立ちから覆いかぶさり、切っ先を股間の中心部へ合わせていく

奥寺が右手で肉刀をしゃくりながら、珠実の股間にポジションを取った。膝立ちから覆いかぶさり、切っ先を股間の中心部へ合わせていく。
「イヤッ。イヤああっ!」
切っ先が恥裂に触れた瞬間、熱っぽさとヌメッとした質感に怖気を震った。珠実は肩を聳やかすように身体を捩らせ、頭上へと伸びあがる動きをする。
ところが奥寺は、余裕たっぷりの笑みを見せつけながら、じっくりと追いまわす。切っ先でゾロリと恥裂をなぞりあげ、それに怯えた珠実が身体を伸びあがらせると、じわりと尾行してまたなぞりあげる。幾度逃れてもその繰りかえしだ。

官能的な肉厚の朱唇を、強張りきった砲身が急ピッチで出入りする

奥寺は漲りきった尖端で、鼻先ばかりか両瞼といわず口元といわず、美貌全体をなぞりまわした。それから一旦離れ、比佐子がほっと油断した隙を衝き、再び朱唇に割りこんでいく。
「むぐぐぐっ」
不意を衝かれた比佐子が息詰まるような呻きを発する。
「ほらほら。お上品なお顔が台無しだぜ。ほらほら……」
砲身をすっぽりと含ませ、さらに喉奥まで突き入っていく。
「げっ、げふっ。ぐふっ」
「どうだ。つらいか。ははははっ。ざまあ見ろ」
比佐子を嘲り笑い、その頭部を両手に挟んだ。腰をずっしり構えると、卑猥な律動を開始する。官能的な肉厚の朱唇を、強張りきった砲身が急ピッチで出入りする。
次第に唾液が口中に満ちてくる。律動はスムーズさを増し、ねっとりとした舌が尖端に絡む。膣洞を彷彿させる愉悦が砲身を伝い、下腹や背中までひろがっていく。

前髪をつかんで顔を強引に上向かせ、尖端を朱唇に割りこませた

奥寺はまだダラリと重そうに垂れた砲身をしゃくりながら、朱唇に迫った。
「イヤよっ。そんなもの見せないでっ。私をどうするつもりなのっ」
比佐子は眉根を険しくし、顔を背けている。
「咥えろと言ってるんだよ」
「イヤよっ。イヤだったらっ。……あっ、んぐぐっ……」
前髪をつかんで顔を強引に上向かせ、尖端を朱唇に割りこませた。下腹部ごと美貌に押しつけ、腰をせりだすと、比佐子の頭部は壁と奥寺の下腹部との間で挟み撃ちとなる。それを利して、顔全体に擦りつける。砲身は見るみるうちに膨れあがり、朱唇からこぼれた。見てとった奥寺は砲身を構え、比佐子の鼻先に尖端をあてがうと、グィグィと押しあげる。典雅な鼻梁が無惨にひしゃげ、豚鼻そっくりとなった。