淫裂には、堅く窄まされた千夏の舌先が、ずっぽりと刺さっていた

「ふひっ、ふうんっ、はああぁっ。もうダメっ、壊れるぅっ~~!」
淫裂には、堅く窄まされた千夏の舌先が、ずっぽりと刺さっていた。膣内を同性に舐められているのだ。
「あひい、あ、あううっ、ヴァギナ、舐めないでぇ」
焼け火箸でも押し付けられたかのような衝撃に、深佳は脂汗の滲んだうなじを大きく反らせ、快美な嫌悪感に全身をわななかせた。どんなに凛としていて、気高く見えても、その本質は牝である。貪欲な熟肉は、とことんまで快楽を貪り尽くさんばかりに、婀娜っぽい腰つきを、くいっ、くいっとひらめかせ、舌抽迭の手助けさえしている。それが無意識のうちの行為であるだけに、なおのこと淫靡に映った。

広げた肉唇の中、膣前庭深く舌がえぐりあげる

「ハゥン!ハヒッ!ァァアア!広海さんの舌、なめてるぅ!貴和子の……おま×こ、なめられてるのぉ!」
広げた肉唇の中、膣前庭深く舌がえぐりあげる。彩菜のよりも大きく口を開けた膣孔だから、舌先を突き込むのも容易だ。
「んぷ!……んぶぶぶ、んぼ、ちゅ!」
顔面ごと押しつけるようにして深くなめ込んでいく。

やわやわと睾丸を揉みほぐし、尻の穴まで刺激して、フェラチオの快感を倍加させる

口いっぱいにひろがる初体験の旨味に、甘酸っぱい義母のエキスにますます情火を滾らせながら、長々と伸ばした舌をヌップリと膣内に挿入する。
「はんぅ……そ、そう、うまいわ、慎ちゃんとても上手ぅ、ん、んんんっ!」
加南子もすかさず若竿にしゃぶりつく。ずる剥けの亀頭を頬張り、静々と頭を上下させ、血管が浮きだした茎を根元まで咥えこむ。
カポ、グポッ……ジュボ、ガボッ……。
唾液を滴らせ、破廉恥な音色を響かせて、深く大きな首振りで陰茎をしゃぶり倒す。
もちろん手も休ませてはいない。やわやわと睾丸を揉みほぐし、尻の穴まで刺激して、フェラチオの快感を倍加させる。