千夏が小さく呻いて、ゆっくりと腰を前後に揺すりはじめる

「あんっ!」
千夏が小さく呻いて、ゆっくりと腰を前後に揺すりはじめる。湧き起こる抗しがたい官能に、自らの乳房をまさぐっている。
俊輔の性感も、一気に沸き立った。肉竿を柔襞がギュギュッと喰い締めてくる。しかも、牝本能が種付けを求めるのか、子宮口がぐっと降りてきて、しきりに鈴口を擦るのだ。まさしく極上のおんなぶりで、俊輔を追いこんでくるのだった。

蜂腰を持ち上げては勃起肉を、ゆっくりと双尻に沈みこませる

繊細な茶髪が千々に乱れ、扇情的な眺めに情緒的彩りも添えている。太ももの上を滑る艶尻の肌触りも心地よい。まるで上等な絹で、擦られているかのようだった。
「あんっ…ああっ、ああんっ」
唇をめくりあげ、甲高い声をあられもなく張り上げる千夏。蜂腰を持ち上げては勃起肉を、ゆっくりと双尻に沈みこませる。ムチムチの太ももと若鮎の腹のようなふくらはぎが官能的に緊張するたび、膣肉までがむぎゅぎゅぎゅぎゅっと締めつけてくる。
じゅぶんじゅぶん、ぐちゅるる、ずこ、ずりゅ、ぶちゅん、じゅりゅりゅっ──。
次々にふしだら極まりない水音を立てるのは、自身の淫らな腰つきであるという自覚があるのだろう。うわごとのように「だめっ、だめっ」と躊躇いの言葉を繰り返している。それでいて、振り幅の範囲も速度も、どんどん大きなものになっていた。

自らの勃起肉を突きあげるようにしながら、ぶりぶりの生尻をぐいと力任せに引き寄せるのだ

凄まじい昂奮とたまらない快感に、根元まで埋めたい焦燥感がないまぜとなって、衝動的に自らも自由にならない腰をぐいと持ち上げた。同時に、くびれにあてがっていたその手を、奥で揺れる肉朶に進ませた。たくしあげたミニ丈の裾が手指にしなだれかかるのも無視して、自らの勃起肉を突きあげるようにしながら、ぶりぶりの生尻をぐいと力任せに引き寄せるのだ。
「ひんっ!ぁああああ、だめ、そんなのダメですぅっ……奥で擦れてしまうぅっ!!」
勃起の付け根を骨盤底に密着させ、尻肉を引きつけたまま力強く揉みしだいた。
「あううっ、お、お尻っ…ゃん、んっ、ふぁっ…いや、だめですっ、お尻、揉んじゃダメっ、擦れるの、おちんちんが、子宮に擦れるのぉっ」

ヌプッと亀頭が嵌まると、後は腰全体を落とし込むようにして、ズズズッと肉幹を呑み込んでいく

「んっく……んん、あううううううっ!」
ヌプッと亀頭が嵌まると、後は腰全体を落とし込むようにして、ズズズッと肉幹を呑み込んでいく。けれど人一倍大きな勃起は、一気に呑み込める代物ではないはずだ。
ぶちゅるるる、くちゅん──。
折り曲げた膝を励ますようにして、千夏がさらに腰を沈みこませた。お腹の中を占めていく異物感とは、いかばかりのものか。男性の俊輔には、想像もつかない。けれど、苦しみばかりではなく快の電流が、ぞくぞくと女体に押し寄せているらしいことは、その美貌からも窺うことができた。

腹部に跨っている千夏が、灼熱の勃起に手を伸ばし、わずかに細腰を浮かせて自らの女肉の狭間に導いていく

「早く。僕、もうたまりません」
下腹部の恥毛も露わに、二本の脚を大きく開いて腹部に跨っている千夏が、灼熱の勃起に手を伸ばし、わずかに細腰を浮かせて自らの女肉の狭間に導いていく。涎と愛液にしとどに濡れそぼる媚肉の帳が、切っ先に触れた。
「うっ……」
電流に打たれたかのように、女体がビクンと震える。ゆっくりと細腰が、その位置を沈めた。脇に手を添えて支えてやらなければ、儚い肉体が溶けてなくなりそうだと俊輔は思った。

早くもリズミカルに上下する貴和子の腰が、肉棒を呑み込んでは吐き出し、また呑み込んでいく

ニュチャ、ニュチャ……ズチ、ヌチ……。早くもリズミカルに上下する貴和子の腰が、肉棒を呑み込んでは吐き出し、また呑み込んでいく。
ときおり、根元まで肉棒を埋め込んだまま、膣奥に当たった亀頭の先をさらに押しつけ、刺激を貪る。
そうかと思うと、浅く出し入れしたり、右へ左へ腰を回し振ることまで。すっかり膣で肉棒を味わうかのようだ。
(貴和子さんの膣内、熱くてとろとろで……。ぼくのち×ぽまで、溶けていっちゃいそうだよ)
いつもなら、騎乗位で繋がっている膣洞を、広海のほうからも突き上げ、フィニッシュまでもっていく。
しかしいまは、貴和子のゆるやかな腰の動きに身を任せていたい。豊かな膣襞に包まれて、蜜の海に漂うような……。

そう言って、こんどこそ広海の股間に跨ってくる貴和子

「ウフ、でもほらぁ、まだおち×ぽ、ぜんぜん小さくならないのぉ。これなら、挿れても平気よねぇ」
そう言って、こんどこそ広海の股間に跨ってくる貴和子。
つかんだ肉棒を、自ら膣孔へあてがっていく。ヌチャリ、と緩くはまり込んだ肉棒が、貴和子が腰を落とすと、
「ぉぁあ!」
ヌリュリュリュリュ……ズチャ、ン!あふれるほどの蜜をたたえた膣洞を貫いて、膣奥深く、埋まり込んだ。

膣孔がいっぱいに開いて、広海の肉棒をすっかり呑み込んでいた

ふたりの股間が完全に密着し、恥毛と恥毛が交ざり合う。膣孔がいっぱいに開いて、広海の肉棒をすっかり呑み込んでいた。そのうえ、
「ぁ、ぁ……ぁん!う、動くの。おちん×ん、膣内で動いて……」
動いているのは彩菜の腰のほうだ。
わずかに持ち上がると、ヌゥ、と膣孔が蜜まみれの肉棒を吐き出す。が、すぐに、ヌチャ、ン!腰が振り落とされ、また呑み込んでいく。

貴和子はシックスナインのクンニリングスから上体を起こし、いまは膝を着いて広海の顔の上に乗ったような状態

広海さえも驚き、戸惑うその形。
洗い場のマットの上、仰向けになった広海の上に、母娘が向かい合って跨っている。
母・貴和子はシックスナインのクンニリングスから上体を起こし、いまは膝を着いて広海の顔の上に乗ったような状態。
娘・彩菜は言うまでもなく、対面騎乗位で広海の腰の上に跨っていた。同じ広海の身体の上にのしかかりながら向かい合うふたりの間には、ほとんど隙間がない。
というより、そのままで肌と肌が触れ合い、ぶつかるほどだ。身をかわすことなどできない。
そのうえ、貴和子は肉裂をクンニリングスされ、彩菜は肉棒をみっちりと膣に収めたまま、自らピストンで揺れ動く。