腰部に跨った千夏を、どんどんと跳ね上げながら、焼きたての食パンのようなほっこりお尻や盛り上がった肉土手を突きまわす

      

いよいよ昂りきった牡性器で、牝の縦割れをひたすら擦りあげる。ストッキングやショーツごとヴァギナに挿入する勢いで、グリグリゴシゴシとこそぎつけた。 「ひうっ……ああ、ダメですぅ……こ、こすれるぅ……あ、…