結局は奥寺の鼻先にパックリと開いた女の秘所を突きだすこととなった

奥寺はそう告げるや、魔指の腹でひたひたと牝芯を叩きはじめた。飽くまで軽く、優しく、赤子を愛でるかのような繊細なタッチである。それまでと打って変わってじんわりとこみあげるのは、身も心も蕩けさせる甘い微悦だ。疼きだした腰が便器の上でズルッと前方へ滑った。もっとして、と責めを乞わんばかりの体勢になってしまう。
そんなつもりはなくても、体勢を立て直すには性悦が甘美すぎた。間断なく牝芯を愛でられて腰が砕けそうになる。結局は奥寺の鼻先にパックリと開いた女の秘所を突きだすこととなった。
「いい景色だ。小堀恵里子のご開帳とはねぇ」
嬉々たる声音を聞かせつつ、奥寺はひたひたと微悦を送りこんでくる。

彩海が腰を浮かして、黒いレースの股間を尚樹へ差し出した

「お願い、ね」
彩海が腰を浮かして、黒いレースの股間を尚樹へ差し出した。この数日で、彩海のこういうポーズは何度も目にしたが、見るたびに胸が高鳴る。だが多数の人々が集まる遊園地の駐車場で、バイブを手にして見ていると思うと、心臓が口から飛びだしそうだ。いつもなら彩海の下着を目にするだけで勃起する分身が、今は緊張のあまりピクリともしない。
急かすように彩海の腰がうねうねとくねり、元チアリーダーの腰つきらしいダンスを見せつける。

慎也に背を向けて四つん這いの体位になる

早く性器を見せて欲しいと、焦れたように訴えてくる慎也に大きくうなずくと、加南子はベッドに身を乗せた。
「ほぉら、見せてあげる」
慎也に背を向けて四つん這いの体位になる。猫のように背筋をしならせ、尻を突きあげるようにして、かけ値なしの女性自身を息子の目に晒す。