右手中指を恥裂に埋没させ、なかをグリグリと捏ねまわしだすと、そこに恐怖の色も加わった

初めて珠実が弱気を垣間見せた気がした。叫びに切迫感が籠もっており、目には狼狽の気配も滲んでいる。右手中指を恥裂に埋没させ、なかをグリグリと捏ねまわしだすと、そこに恐怖の色も加わった。ぴちゃぴちゃ、くちゃくちゃと子猫が水をすするような響きが、すでに股間から奏でられている。
魔指の感覚を研ぎ澄ませ、恥裂を下から上へとなぞっていく。米粒を思わせる微少な突起を探り当てた奥寺は、それを魔指の腹に乗せてクリクリと弄びはじめた。

ハイレグの張りついた股間はM字開脚のおかげで無防備そのものだ

珠実が頭を起こした。床面まで濡らすほどたっぷり垂らしたのち、奥寺は「いまにわかるよ」と告げた。珠実の股間に手を伸ばす。ハイレグの張りついた股間はM字開脚のおかげで無防備そのものだ。濃紺の布地をずらして陰部をまさぐろうとすると、細身の肢体が暴れだした。かまわず布地をかすかに浮かせ、無理やり指を忍びこませる。ローションの助けを借りてじわじわと恥裂を掻きわけ、指を食いこませていく。

白魚のようなしっとりした深佳の手指が、肉幹を包むようにまとわりついた

「ほら、待ちきれないよ。立ったまま挿入れさせて!」
女陰に指を挿し込んだまま二人の女体の位置を、さらに自らの脇へと移動させ、腰部だけを突き出した。
白魚のようなしっとりした深佳の手指が、肉幹を包むようにまとわりついた。
そのまま女体をにじらせて、おずおずと自らの淫裂に誘い込もうとする。けれど、太ももを逆V字にした程度では、いくら熟れた女陰でも導くことが難しいようだ。
「姫さま、手を貸しますわ。私に片足を……」
見かねた寧々が左手を伸ばし、持ち上げさせた深佳の美脚を受け取った。
「ああん。姫さまずるいですぅ!イッたばかりの癖にいっ」
不満を漏らしながらも、千夏が右側から熟女体を支える。
くぱぁっと口を開かせた女陰に、勃起の切っ先が導かれた。
「ひうん……ん、んあ、ああぁ……!」
濡れ襞を引き攣れながら、ずるずるずるっと奥へと誘われる快感。

ずぶりといきなり指を埋め込んでも、さほどの衝撃もなかったろうと思われるくらい、二人の淫裂は熱く潤んでいた

右側の胸板にすがりつき甘く啼く千夏。
「そ、そんないきなり……はううぅ、んんっ!」
左側で巨乳を擦りつけ、悩ましく呻く寧々。
「いきなりって言ったって、二人共すっかりびしょ濡れだよ。深佳を責めながら疼かせていたんだね……」
ずぶりといきなり指を埋め込んでも、さほどの衝撃もなかったろうと思われるくらい、二人の淫裂は熱く潤んでいた。
埋め込んだ指で、膣熱をぐるぐると撹拌させる。まとわりつく襞の長さ天上のざらつき、ヴァギナの位置さえも、上付きの千夏と下付きの寧々とでは違っている。
女陰の神秘に想いを馳せつつ、二人が思わず足を浮き上がらせるほど、ぐいぐい深刺しを味わわせる。

臀の割れ目を腕に擦りつけるようにして手首を返し、ぴんと立たせた中指で、やわらかな肉帳を割ったのだ

惜しげもなく裸身を晒し並び立つ二人を、俊輔は両腕に抱き寄せた。
「あん!」
「はん……」
バイトで鍛えた広い胸板に、華奢な女体が溺れる。
首をぐっと折り曲げ、交互に朱唇を掠め取った。
薄い肩を腋の下に抱え込むようにして、グイッと腕を伸ばし、二つの股間に背後から潜り込ませる。
「ああん!」
「ああん!」
抱きしめたときと同様、二つの唇から悩ましい嬌声が漏れた。臀の割れ目を腕に擦りつけるようにして手首を返し、ぴんと立たせた中指で、やわらかな肉帳を割ったのだ。

肉びらがぷるるるっと大きく揺れ、塗りつけた牝汁がぴちゃぴちゃと飛び散った

昂奮を隠せなくなった俊輔は、ねっとりと弄ぶような手つきから、ぐちゅっぐちゃっぐちゅっと激しい擦りつけに変化させた。肉びらがぷるるるっと大きく揺れ、塗りつけた牝汁がぴちゃぴちゃと飛び散った。
「はうううっ、あ、ああ、そ、そんな激しいっ……」
健康な女体が媚肉をいじられて、反応を示さぬはずがない。それを充分承知しながらも、俊輔は年上の乙女を羞恥に追い詰めていく。恥ずかしければ、恥ずかしいほど、気持ちよくなる女体の不思議をつくづく思いながら。

杏仁豆腐並みに滑らかな乳肌に舌を巻きながら、その大きな膨らみを思いきり頬張り、歯先や舌先、唇粘膜で目いっぱい堪能した

杏仁豆腐並みに滑らかな乳肌に舌を巻きながら、その大きな膨らみを思いきり頬張り、歯先や舌先、唇粘膜で目いっぱい堪能した。
(触ってる僕は今、天女さまのおま○こに触ってるんだあ……)
その思いだけで、射精してしまいそうな俊輔。その手指は、淫裂をぬるんつるんとなぞり、内奥からじゅくじゅくと染み出す滴りを肉花びらにねっとりと塗りつける。
「ひふぅ、あうんっ、っくぅっ……ああ、もう、かんにんしてくださいっ」