すでにソープの泡だらけになっている、サマーセーターを脱ぎ、生乳を背に押し付けて、後ろから健太の耳元に口を寄せていた

      

(それにしても健太ちゃんったら、私を指名したいなんて……) まるで胸中を見透かされているようで、由美は思わず顔を赤らめながら、その顔を健太の背中に密着させる。 由美は背中から顔を離すと、泡立つソープで…