切っ先がヌルリと突入する

      

そこへ奥寺は乗りかかった。フェラチオを受けて以来、肉刀は猛りに猛りっぱなしである。弛緩しきった恥裂に切っ先をあてがい、一思いに貫こうとする。 「あっ」と恵里子が戸惑いの声をもらし、身体を伸びあがらせた…

生命のない亀頭が生きた膣の中へと侵入していく

      

尚樹は右手を突き出した。作り物の亀頭が粘膜に触れるやわらかい感触が、指に伝わってくる。力をこめると、本物を挿入するときとはまた異なる濡れた摩擦音が鳴って、生命のない亀頭が生きた膣の中へと侵入していく。…