切っ先がヌルリと突入する

そこへ奥寺は乗りかかった。フェラチオを受けて以来、肉刀は猛りに猛りっぱなしである。弛緩しきった恥裂に切っ先をあてがい、一思いに貫こうとする。
「あっ」と恵里子が戸惑いの声をもらし、身体を伸びあがらせた。
しかしかまわず腰を繰りだす。切っ先がヌルリと突入する。ここぞと大きく突きあげると、膣洞には刀身の半ばほどまでが収まった。

途端に甲高く啼く深佳の膣肉に、亀頭エラを擦りつけるように腰を捏ねた

ずじゅじゅじゅじゅっと、ヴァギナから引きずり出した勃起を、すぐにじゅぶじゅぶじゅぶっと挿し入れる。
「はううっ、あ、はああぁ……」
途端に甲高く啼く深佳の膣肉に、亀頭エラを擦りつけるように腰を捏ねた。
「ひあ、ああん、俊くん、そんな、捏ねないでぇ……」
兆した声で制止を求める深佳だったが、その婀娜っぽい腰つきは、さらなる捏ねまわしをねだるように、くなくなとのたうっている。恥じらいを保ちつつも、感度の良さと貪欲なエロさを見せてくれる彼女に、俊輔の昂奮もいや増した。

膣肉を緩めたとはいえ、持っていかれるような引き攣れ感は否めない。充溢感も相当なものだ

一呼吸置いてから、もどかしいほどの挿入が再開された。膣肉を緩めたとはいえ、持っていかれるような引き攣れ感は否めない。充溢感も相当なものだ。
「っくぅ、お、大きいものが……お腹の中にっ、ああ、それになんて熱いのっ!」
細腰を捕まえる手が、ぐいっと引きつけを強めた。恥骨と恥骨が、べったりと密着するほどの埋め込みが果たされたのだ。

生命のない亀頭が生きた膣の中へと侵入していく

尚樹は右手を突き出した。作り物の亀頭が粘膜に触れるやわらかい感触が、指に伝わってくる。力をこめると、本物を挿入するときとはまた異なる濡れた摩擦音が鳴って、生命のない亀頭が生きた膣の中へと侵入していく。
「あうん!ああ、入ってくるわ、尚樹くんっ!」
彩海の嬌声の誘いに反して、尚樹はつい手を止めてしまう。まだ亀頭の半分も膣口に入っていない。

また彩海の右手が亀頭をつかんで導き、膣の奥へと挿入させた

「イカせてやる!」
尚樹はそそり立つ勃起を、開いた濡肉花の中心に叩きこんだ。だが、まだ狙いをはずしている。また彩海の右手が亀頭をつかんで導き、膣の奥へと挿入させた。
再び、熱く燃え盛る高校生の男根と淫猥な人妻の肉壁がからみ合い、互いの喜悦を掘り起こす。

二度の絶頂の余韻のままに乳房はパンパンに張りつめ、乳首は硬くとがりきったままだ

強烈な締めつけに抵抗して、尚樹は全身の筋肉を駆使して、懸命に腰を前後させた。立ちふさがる隘路を亀頭で押し広げて突き進み、追いすがる肉壁をふりきって後退する。外へ出た肉幹に引かれて膣口がめくれ、透明な蜜液がどろりとあふれ出て、尚樹と彩海の内腿を濡らした。
その間にも、両手で胸を揉みしだき、親指と中指で乳首をこすりたてる。二度の絶頂の余韻のままに乳房はパンパンに張りつめ、乳首は硬くとがりきったままだ。三度目の絶頂をめがけて、先へ先へと突き進んでいく。
まだイカせてもらっていない膣も胸の後を追い、さらに追い抜こうと、貪欲に尚樹のペニスにしゃぶりつき、快楽を吸収する。

そう言って、こんどこそ広海の股間に跨ってくる貴和子

「ウフ、でもほらぁ、まだおち×ぽ、ぜんぜん小さくならないのぉ。これなら、挿れても平気よねぇ」
そう言って、こんどこそ広海の股間に跨ってくる貴和子。
つかんだ肉棒を、自ら膣孔へあてがっていく。ヌチャリ、と緩くはまり込んだ肉棒が、貴和子が腰を落とすと、
「ぉぁあ!」
ヌリュリュリュリュ……ズチャ、ン!あふれるほどの蜜をたたえた膣洞を貫いて、膣奥深く、埋まり込んだ。

ヒップを上げ、肉棒を自ら肉裂へとあてがった

「こんどこそ、静羽の膣に挿れてほしいから。ううん、挿れちゃいます。ウフフ!」
笑うと、身体をずらして広海の腰に跨る。ヒップを上げ、肉棒を自ら肉裂へとあてがった。ニュチャ……。濡れきった静羽の熱い湖が、早くも亀頭をくわえ込む。
そのままニチャニチャ、クチャクチャと、肉棒で膣前庭をかき回す静羽。肉芽にも何度も押しつけて、
「ァアア、気持ちいいんです。おちん棒って、こんなに……好き、大好きっ!」
小さくのけ反った、と思うと、
「ううああ、挿入って……」
ズリュ、ズリュリュリュリュ……。静羽は体重を被せると同時に、押し込まれていく。濡れまみれた膣洞が、蓋を被せるように広海の肉棒を呑み込んだ。

静羽のヒップと、広海の腰がぴったり密着している

膣前庭を軽くかきまわしただけで、開いた膣孔の位置はわかった。広海は角度を合わせると、腰を突き出す。突き入れる。
ズリュ……ズリュリュリュ……!濡れきった膣洞が肉棒を迎える。包み込む。静羽とは初めてなのに、驚くほど心地よい膣襞がからみついてくる。
ズンッ!わずかな抵抗だけで、ついに静羽の膣奥までびっしり、みっちりと埋まり込んだ。
「ひぃ、ん!」
静羽のヒップと、広海の腰がぴったり密着している。広海の肉棒はいまや、静羽の膣内を入り口から奥まで、すべて塞いで埋まりきっていた。
「挿入ったよ、静羽さん。全部」
静羽のヒップを軽くさすりながら、広海が言った。