白魚のようなしっとりした深佳の手指が、肉幹を包むようにまとわりついた

「ほら、待ちきれないよ。立ったまま挿入れさせて!」
女陰に指を挿し込んだまま二人の女体の位置を、さらに自らの脇へと移動させ、腰部だけを突き出した。
白魚のようなしっとりした深佳の手指が、肉幹を包むようにまとわりついた。
そのまま女体をにじらせて、おずおずと自らの淫裂に誘い込もうとする。けれど、太ももを逆V字にした程度では、いくら熟れた女陰でも導くことが難しいようだ。
「姫さま、手を貸しますわ。私に片足を……」
見かねた寧々が左手を伸ばし、持ち上げさせた深佳の美脚を受け取った。
「ああん。姫さまずるいですぅ!イッたばかりの癖にいっ」
不満を漏らしながらも、千夏が右側から熟女体を支える。
くぱぁっと口を開かせた女陰に、勃起の切っ先が導かれた。
「ひうん……ん、んあ、ああぁ……!」
濡れ襞を引き攣れながら、ずるずるずるっと奥へと誘われる快感。

腹部に跨っている千夏が、灼熱の勃起に手を伸ばし、わずかに細腰を浮かせて自らの女肉の狭間に導いていく

「早く。僕、もうたまりません」
下腹部の恥毛も露わに、二本の脚を大きく開いて腹部に跨っている千夏が、灼熱の勃起に手を伸ばし、わずかに細腰を浮かせて自らの女肉の狭間に導いていく。涎と愛液にしとどに濡れそぼる媚肉の帳が、切っ先に触れた。
「うっ……」
電流に打たれたかのように、女体がビクンと震える。ゆっくりと細腰が、その位置を沈めた。脇に手を添えて支えてやらなければ、儚い肉体が溶けてなくなりそうだと俊輔は思った。

また彩海の右手が亀頭をつかんで導き、膣の奥へと挿入させた

「イカせてやる!」
尚樹はそそり立つ勃起を、開いた濡肉花の中心に叩きこんだ。だが、まだ狙いをはずしている。また彩海の右手が亀頭をつかんで導き、膣の奥へと挿入させた。
再び、熱く燃え盛る高校生の男根と淫猥な人妻の肉壁がからみ合い、互いの喜悦を掘り起こす。

そうして自分から肉棒をつかむと、自らの肉裂にあてがった

主のいなくなった肉棒を、彩菜は何度か味わうようにディープスロートしていたが、
「ぷふぁ!はぁぁ……や、やっぱりおしゃぶりだけじゃダメ。挿れたいの。彩菜のおま×こに、広海のおちん×ん……!」
吐き出すと、よじ登るように広海の腰に跨った。そうして自分から肉棒をつかむと、自らの肉裂にあてがった。

そう言って、こんどこそ広海の股間に跨ってくる貴和子

「ウフ、でもほらぁ、まだおち×ぽ、ぜんぜん小さくならないのぉ。これなら、挿れても平気よねぇ」
そう言って、こんどこそ広海の股間に跨ってくる貴和子。
つかんだ肉棒を、自ら膣孔へあてがっていく。ヌチャリ、と緩くはまり込んだ肉棒が、貴和子が腰を落とすと、
「ぉぁあ!」
ヌリュリュリュリュ……ズチャ、ン!あふれるほどの蜜をたたえた膣洞を貫いて、膣奥深く、埋まり込んだ。

ベビードールの下、スキャンティーの紐を解くと、暗がりでもわかるほど、黒々とした貴和子の恥毛が見て取れた

こんどは広海の手を取ると、自分の股間へと導いていく貴和子。
ベビードールの下、スキャンティーの紐を解くと、暗がりでもわかるほど、黒々とした貴和子の恥毛が見て取れた。
股間の奥へと押しつけられる広海の手、指。貴和子がわずかに腰をもたげて、広海の手を誘い込んだ。
サリサリと恥毛の感触を手のひらに受けながら、広海の指が肉唇に直接触れる、と、
(ぁ……)
ヌリュ……。厚みのある小陰唇をこじ開けるまでもなく、ほころんだ肉唇から漏れ出したたっぷりの蜜に指が泳いだ。と思ったときにはもう、吸い込まれるように、貴和子の肉裂を侵していた。