白魚の指が恥裂に添えられた。人差し指と中指を使って静かに裂いていく。

まさに少女そっくりに靖代はしゃくりあげはじめた。愛してもいないどころか憎むべき男たちに女の最も大事な箇所をさらす屈辱で、いまにも失神しそうだ。控えめな下草が震え、雪白の内ももは緊張に引きつっている。
それでも健気に美脚を開ききった靖代に、村松は次なる矢を放った。
「よしよし。よくやった。偉いぞ、奥さん。だがもうちょっと見せろ。その手で、その指を使ってマ×コを開いてくれ」
「な、なんですってっ……」
靖代の顔がすっかり青ざめている。
「できんというのかね」
「あ……いえ、あの……し、しますっ……しますからっ……」
白魚の指が恥裂に添えられた。人差し指と中指を使って静かに裂いていく。村松は靖代の股間に潜りこみ、床面すれすれから恥裂を覗きこんでいる。
「見えた見えた。特出しだぞ。かわいらしいおマメちゃんだ。ひひひひっ……」

唇を噛みつつ、逆Vの字の二本の指で恥裂をみずから開いていく

「今度はおまえの手でもっと奥までさらけ出すんだ」
恵里子はただ息を呑んでいる。そこで膝に添えられていた白魚の指を取り、恥裂に持っていく。人差し指と中指で逆Vの字を作らせ、さあ、これで開け、と迫った。
もう自分で自分の身を支える力すら残っていなかった。どうされるかわからないという恐怖が、逆に彼女を従順に仕立てた。唇を噛みつつ、逆Vの字の二本の指で恥裂をみずから開いていく。そっと薄目を開けてみれば、股間に蹲る奥寺がいた。

結局は奥寺の鼻先にパックリと開いた女の秘所を突きだすこととなった

奥寺はそう告げるや、魔指の腹でひたひたと牝芯を叩きはじめた。飽くまで軽く、優しく、赤子を愛でるかのような繊細なタッチである。それまでと打って変わってじんわりとこみあげるのは、身も心も蕩けさせる甘い微悦だ。疼きだした腰が便器の上でズルッと前方へ滑った。もっとして、と責めを乞わんばかりの体勢になってしまう。
そんなつもりはなくても、体勢を立て直すには性悦が甘美すぎた。間断なく牝芯を愛でられて腰が砕けそうになる。結局は奥寺の鼻先にパックリと開いた女の秘所を突きだすこととなった。
「いい景色だ。小堀恵里子のご開帳とはねぇ」
嬉々たる声音を聞かせつつ、奥寺はひたひたと微悦を送りこんでくる。

奥寺はグイッと魔指を力ませ、情け容赦なく秘所を暴いた

「あ、イヤッ。さわっちゃイヤッ……あ、あああっ……」
左右の親指が観音開きの肉扉に押し当てられた。恥裂が無情に割り裂かれていく。奥寺はグイッと魔指を力ませ、情け容赦なく秘所を暴いた。赤々と淫靡に照り輝く牝肉が奥寺の網膜にくっきり像を結んでいるかと思うと、いても立ってもいられない。いっそ失神してしまえたらどんなに楽か、と悲嘆に暮れる。

指先で摘み、菱形に押しひろげると、甘酸っぱい女臭が漂ってきた

指先で摘み、菱形に押しひろげると、甘酸っぱい女臭が漂ってきた。
「あん、いやぁ、恥ずかしすぎます……」
その表情を隠したまま左右に首を振る寧々。それとは裏腹に、太ももの付け根では、その瞬間を待ちわびていたかのようにしとどに濡れそぼっている。
「寧々のおま○こ、透明な液をいっぱい含んでピンクに輝いているよ」
見たままの光景をつぶやくと、相変わらず顔を隠した彼女は、またもや激しく首を振った。扇に広がる雲鬢が、甘い匂いを振りまきながら艶やかに踊る。

尚樹は空いている左手の指を肉裂に当てて、左右に広げた

「い、入れるよ」
尚樹の言葉に合わせて、彩海が右手の指を黒いレースの端に引っかけた。小さなパンティが大きな伸縮性を発揮して横へずれて、恥丘がはっきりと姿をあらわにした。
露骨なセクシーダンスを披露しながら、今はまだ秘唇はつつましく口を閉ざしている。尚樹の手によって開花させてもらうのを、今か今かと待ち受けている風情だ。
尚樹は空いている左手の指を肉裂に当てて、左右に広げた。白い股間に生々しいピンクの花が咲く。毎日見ていてもけっして飽きることのない彩海の秘花も、この瞬間は一段とに鮮烈で、かぐわしい蜜の香りを立ち昇らせているように思える。

尚樹は両手の親指と人差し指で、秘唇の左右をつまんだ

「静子先生のココを、広げるよ」
こくり、うなずいた顔が、新たな羞恥に輝いている。尚樹は両手の親指と人差し指で、秘唇の左右をつまんだ。はじめての女の秘密をあつかうとなると、無意識に注意深くなる。少しずつ力を入れて、そろそろと広いた。
はじめて見る、彩海以外の女性器だ。ひと目で、尚樹の目が丸くなった。
(あっ、違ってる!)
声とともに吐息が女教師の粘膜にかかり、肉襞がざわつく。愛蜜に濡れてきらめく女の器官は、基本的な造形は彩海と同じ構造だ。しかし微妙な形状が異なっている。

指で開いた女性器と肛門を見せつけながら、巨尻が上下左右にくねりはじめる

両手が熟尻の表面を滑り降りて、また恥丘を開いた。再び肉色の花が開き、透明な蜜液があふれる。彩海の体液は左右の太腿を伝って、膝をついたタイルを濡らした。
「入れて。もう一度、尚樹くんのおちんちんを深く突き入れてほしいの」
指で開いた女性器と肛門を見せつけながら、巨尻が上下左右にくねりはじめる。揺れ動く尻の向こうからは、甘ったるい媚態を含んだ声が流れた。

指が恥丘の左右に押し当てられ、ためらうことなく広げられる

目だけ爛々とぎらつかせる少年の前で、彩海の両手の指が自身の股間にそえられた。指が恥丘の左右に押し当てられ、ためらうことなく広げられる。
見て、とは彩海は言わなかった。言われなくても、尚樹はじっと見つめている。
生まれてはじめて目にする女の秘密は、ひたすら美しい。
精密に設計されたとしか思えない肉と粘膜のパーツが、生々しくも愛らしい生花を咲かせている。まるで肉の花弁が蠢いて言葉を生みだしたかのように、彩海の声が願いを告げた。
「尚樹くん、おちんちんを彩海に入れて」

広海はさらに、やわらかい尻肉を両手で左右にかきわけるように、貴和子の肉裂を広げた

広海はさらに、やわらかい尻肉を両手で左右にかきわけるように、貴和子の肉裂を広げた。
「ハァア、ン!そんなに広げちゃ、いやァ!」
全体に小作りで端正な彩菜の肉裂に較べ、ふっくらと豊かな肉付きの貴和子の肉裂だ。肛門までが、丸い輪を描いてぽってり盛り上がっていた。