留美子は逆らわず、後ろ向きになり、脱衣所の床に両手をつくと、その姿勢のままに高々と尻を掲げてくる

健太は淫裂から舌を退け、両手に抱えている留美子の尻を回した。
留美子は逆らわず、後ろ向きになり、脱衣所の床に両手をつくと、その姿勢のままに高々と尻を掲げてくる。浴槽の縁に両手をついて尻を向けたとき以上に、裂口が上を向いていた。
(滾っている……。留美子さんの蜜が、滾って火口から噴き零れる、マグマのようだ)
健太は逸る気持ちを辛うじて抑えながら、立ち上がる。完全に上向きに口を開けている淫裂に挿し込むには、いきり勃った肉棒を手で押し下げなければならなかった。
「あ、はぁああ、健太くんったら、大人の女に、こんな恥ずかしい恰好させるなんて……。意地悪なんだから……」
留美子はもう、我を忘れているようだった。
健太は肉棒を押し下げて、膣のとば口に先端を触れさせた。
「留美子さんのおま×こ、イソギンチャクのように、ぼくのち×ぽを喰おうとしている……」
「ああん、そんな……。イソギンチャクだなんて、いくら島の男の子だからって、そんなたとえをしなくても……」
健太の目に映る留美子の淫裂は、磯にひっそりとしていながら、獲物が近づくと瞬時に咥え込む、イソギンチャクそのものだった。
「それに、イソギンチャクは、健太くんのような、大きなお魔羅など、呑み込めないで

あああ、こ、声が、お、おま×こに、ひ、響くぅん……

留美子はもう、逃げようとしなかった。健太の硬い舌先を淫裂に挿し込まれ、激しく身悶えし、逆に感じてやわらかくなった秘唇を大きく綻ばせ、舌に押し付けてくる。
「留美子さん、ねぇ、こ、これで、いいの?」
健太の声が留美子の淫裂の中でくぐもる。
「あああ、こ、声が、お、おま×こに、ひ、響くぅん……。じょ、上手よ、健太くん……。ああ、私、健太くんの舌で、イカされてしまうかも……。あああん、あああ」
留美子の声が変化する。甘い声とやや野太い声が入り混じる。
(留美子さんのま×こ、いやらしい……。僕の舌を、逆に貪ろうとしている……)
肉びらの蠢きが著しい。その動きに触発され、健太は割れ目全体に舌を這わせはじめていた。留美子の喘ぎ声も大きくなる。
「け、健太くん……あああ、私、よく、なりそう……。も、もっと、あああ、もっと舐め回して……」

その舌を健太に見せつけるように震わせると、おもむろにうつむき、舌先で肉棒の先端に触れる

「あうっ、留美子さん……。僕、留美子さんのおっぱい見ながら、そこ擦られたなら、ま、また、出ちゃう……」
「いいわよ。何度でも出していいの。だって、それだけこの私に感じてくれてるって証ですもの……。ふふっ……。タオルで拭き取る前に、おちん×んの雫、私の舌で吸い取ってあげようかしら……」
少し厚めのぽってりとした唇から放たれる言葉はどこまでも淫猥だった。留美子は健太を見上げながら、手のひらに鋼棒を乗せると、蠢動する先端部分に唇を近づけ、長い舌を出す。その舌を健太に見せつけるように震わせると、おもむろにうつむき、舌先で肉棒の先端に触れる。
(留美子さん、見えやすいようにわざと体を離して……)
留美子がつくった二人の体の隙間から、卑猥な行為が余すところなく見える。それだけではない。少し開き気味にしゃがんでいる股間も丸見えで、濡れたままの淫毛が肉土手のほうに枝垂れ、あの魅惑的な秘唇に絡まるようにへばり付いているのが見て取れた。

乳房から下方に滑りゆく健太の手を、留美子は優しく下腹部へと導いた

「ああん、感じるわ……。とても上手よ、健太くん……。でも、またお風呂場では落ち着かないでしょう。続きはベッドで、ね……」
乳房から下方に滑りゆく健太の手を、留美子は優しく下腹部へと導いた。濡れてふっくらとした肉土手に貼りつく淫毛にほんの少し健太の指を絡ませながら、留美子はささやくようにベッドへと誘う。

杏仁豆腐並みに滑らかな乳肌に舌を巻きながら、その大きな膨らみを思いきり頬張り、歯先や舌先、唇粘膜で目いっぱい堪能した

杏仁豆腐並みに滑らかな乳肌に舌を巻きながら、その大きな膨らみを思いきり頬張り、歯先や舌先、唇粘膜で目いっぱい堪能した。
(触ってる僕は今、天女さまのおま○こに触ってるんだあ……)
その思いだけで、射精してしまいそうな俊輔。その手指は、淫裂をぬるんつるんとなぞり、内奥からじゅくじゅくと染み出す滴りを肉花びらにねっとりと塗りつける。
「ひふぅ、あうんっ、っくぅっ……ああ、もう、かんにんしてくださいっ」

人差し指をぴんと伸ばし、縦割れに対し平行に食いこませるのだ

双丘を交互に舐めしゃぶりながら俊輔は、股間に置いたままの手指を再稼働させた。人差し指をぴんと伸ばし、縦割れに対し平行に食いこませるのだ。
「んんっ……!」
熱くぬかるんだ濡れ肉に、指を包まれる感覚。処女地であるだけに、深く咥えさせるわけにはいかない。にもかかわらず、無垢な花びらは、初々しくもひくひくと蠢いて、指肉にまとわりつくのだった。
肉花びらの頼りなくもふるふるの感触は、俊輔に羽二重餅や生八つ橋を連想させた。
(うわあっ、お肉が、ぷっくり、ぷにぷにだあ!!)

俊輔が膝の裏に両手をあて、太ももをM字に割り開いたのだ

「ああ、そんな……」
悲鳴にも似た狼狽の声が、朱唇から零れ落ちる。俊輔が膝の裏に両手をあて、太ももをM字に割り開いたのだ。
太ももの裏、尻朶は抜けるように白いのに、内ももの付け根から露出した女唇は、赤みが強いピンクだった。ふっくらと唇のように肉が盛り上がり、無数の皺が繊細な模様のように走っていた。女唇とその周辺にまばらに短い恥毛が点在し、丘を飾る恥毛は硬く、縮れている。
凄まじく卑猥なのに、どこか清潔さを感じさせるのは、二枚の肉花びらが奥ゆかしいまでに短く薄いためだろうか。誰一人として、ここを舐めしゃぶっていない処女地に、俊輔はひどく感激し、震えが来るほどだった。

柔らかな肉花びらを唇に挟み、やさしく引っ張る

「あ、ああぁ、あん……ひううっ。か、感じちゃう……あぁ、だめっ。おかしくなりそうですぅっ」
柔らかな肉花びらを唇に挟み、やさしく引っ張る。限界まで伸びきった肉びらが、唇から離れ落ち、ぷるるんと元の位置でわなないた。
戻る瞬間に、峻烈な電流が走るらしい。媚肉全体がヒクついている。紫色した菊座までが、ぎゅぎゅぅっと絞られて女体の緊張がそれと知れた。肉の合せ目にある敏感な器官がムクムクとそそり勃ち、「ここも触って」と自己主張をはじめた。

舌先で、花びらに伸びる無数の皺をなぞっていく

「美味い……ちゅちゅっ…千夏さんのエキス…ぴちゅるる……。甘酸っぱくて美味しいっ!」
舌先で、花びらに伸びる無数の皺をなぞっていく。そよぐ花びらの舌触りは、こりこりした貝を思わせる。塩気と酸味の効いた中にも独特の甘みを感じるのは、千夏の体臭が錯覚させるのだろう。
小刻みに腰をよじり、お尻を振っている千夏は、もはや一刻たりともじっとしていられない様子で、扇情的なよがり声をあられもなく病室に響かせている。