杏仁豆腐並みに滑らかな乳肌に舌を巻きながら、その大きな膨らみを思いきり頬張り、歯先や舌先、唇粘膜で目いっぱい堪能した

杏仁豆腐並みに滑らかな乳肌に舌を巻きながら、その大きな膨らみを思いきり頬張り、歯先や舌先、唇粘膜で目いっぱい堪能した。
(触ってる僕は今、天女さまのおま○こに触ってるんだあ……)
その思いだけで、射精してしまいそうな俊輔。その手指は、淫裂をぬるんつるんとなぞり、内奥からじゅくじゅくと染み出す滴りを肉花びらにねっとりと塗りつける。
「ひふぅ、あうんっ、っくぅっ……ああ、もう、かんにんしてくださいっ」

人差し指をぴんと伸ばし、縦割れに対し平行に食いこませるのだ

双丘を交互に舐めしゃぶりながら俊輔は、股間に置いたままの手指を再稼働させた。人差し指をぴんと伸ばし、縦割れに対し平行に食いこませるのだ。
「んんっ……!」
熱くぬかるんだ濡れ肉に、指を包まれる感覚。処女地であるだけに、深く咥えさせるわけにはいかない。にもかかわらず、無垢な花びらは、初々しくもひくひくと蠢いて、指肉にまとわりつくのだった。
肉花びらの頼りなくもふるふるの感触は、俊輔に羽二重餅や生八つ橋を連想させた。
(うわあっ、お肉が、ぷっくり、ぷにぷにだあ!!)

俊輔が膝の裏に両手をあて、太ももをM字に割り開いたのだ

「ああ、そんな……」
悲鳴にも似た狼狽の声が、朱唇から零れ落ちる。俊輔が膝の裏に両手をあて、太ももをM字に割り開いたのだ。
太ももの裏、尻朶は抜けるように白いのに、内ももの付け根から露出した女唇は、赤みが強いピンクだった。ふっくらと唇のように肉が盛り上がり、無数の皺が繊細な模様のように走っていた。女唇とその周辺にまばらに短い恥毛が点在し、丘を飾る恥毛は硬く、縮れている。
凄まじく卑猥なのに、どこか清潔さを感じさせるのは、二枚の肉花びらが奥ゆかしいまでに短く薄いためだろうか。誰一人として、ここを舐めしゃぶっていない処女地に、俊輔はひどく感激し、震えが来るほどだった。

柔らかな肉花びらを唇に挟み、やさしく引っ張る

「あ、ああぁ、あん……ひううっ。か、感じちゃう……あぁ、だめっ。おかしくなりそうですぅっ」
柔らかな肉花びらを唇に挟み、やさしく引っ張る。限界まで伸びきった肉びらが、唇から離れ落ち、ぷるるんと元の位置でわなないた。
戻る瞬間に、峻烈な電流が走るらしい。媚肉全体がヒクついている。紫色した菊座までが、ぎゅぎゅぅっと絞られて女体の緊張がそれと知れた。肉の合せ目にある敏感な器官がムクムクとそそり勃ち、「ここも触って」と自己主張をはじめた。

舌先で、花びらに伸びる無数の皺をなぞっていく

「美味い……ちゅちゅっ…千夏さんのエキス…ぴちゅるる……。甘酸っぱくて美味しいっ!」
舌先で、花びらに伸びる無数の皺をなぞっていく。そよぐ花びらの舌触りは、こりこりした貝を思わせる。塩気と酸味の効いた中にも独特の甘みを感じるのは、千夏の体臭が錯覚させるのだろう。
小刻みに腰をよじり、お尻を振っている千夏は、もはや一刻たりともじっとしていられない様子で、扇情的なよがり声をあられもなく病室に響かせている。

尚樹は空いている左手の指を肉裂に当てて、左右に広げた

「い、入れるよ」
尚樹の言葉に合わせて、彩海が右手の指を黒いレースの端に引っかけた。小さなパンティが大きな伸縮性を発揮して横へずれて、恥丘がはっきりと姿をあらわにした。
露骨なセクシーダンスを披露しながら、今はまだ秘唇はつつましく口を閉ざしている。尚樹の手によって開花させてもらうのを、今か今かと待ち受けている風情だ。
尚樹は空いている左手の指を肉裂に当てて、左右に広げた。白い股間に生々しいピンクの花が咲く。毎日見ていてもけっして飽きることのない彩海の秘花も、この瞬間は一段とに鮮烈で、かぐわしい蜜の香りを立ち昇らせているように思える。

愛らしい肛門が、物欲しげにひくついて、目を楽しませている

幸せはまだ終わらない。彩海自身の両手の指が尻たぶに食い入った。
「見て、尚樹くん。わたしのお尻のすべてを見て」
彩海は自分の手で、深い谷間を左右に広げる。昨日のバスルームでも、彩海は同じことをした。それなのに尚樹は新鮮な感動に身を包まれる。これから毎日同じことをされても、そのたびに感動に震えるだろう。そしてこの儀式を毎日見ていたに違いない夫の聡史への嫉妬と羨望が押さえられない。
朝の陽光が射した谷間の奥には、やはりバスルームのときと同じものが存在した。愛らしい肛門が、物欲しげにひくついて、目を楽しませている。排泄器官でありながら、尚樹自身が意識していない頭の片隅に、いつかはこの中に、という思いを芽吹かせた。
鮮やかな肛門の下に、もっと美しく、もっと妖しい花が咲き誇っている。二度の胸の絶頂の波動を受けて、今朝はまだほとんど刺激を受けていない女性器もすっかり満開になっていた。秘唇は左右にほころんで、愛蜜で濡れそぼった肉襞がぬるぬると蠢いている。
彩海が尻の角度を変えると、花弁の中心で息づく膣口と、逆さになってぷっくりとふくれたピンクの肉真珠までも、はっきりと見えた。

指が恥丘の左右に押し当てられ、ためらうことなく広げられる

目だけ爛々とぎらつかせる少年の前で、彩海の両手の指が自身の股間にそえられた。指が恥丘の左右に押し当てられ、ためらうことなく広げられる。
見て、とは彩海は言わなかった。言われなくても、尚樹はじっと見つめている。
生まれてはじめて目にする女の秘密は、ひたすら美しい。
精密に設計されたとしか思えない肉と粘膜のパーツが、生々しくも愛らしい生花を咲かせている。まるで肉の花弁が蠢いて言葉を生みだしたかのように、彩海の声が願いを告げた。
「尚樹くん、おちんちんを彩海に入れて」

そんなふうに閉じ合わさった肉の唇を開くと、中はトロトロにとろけた薄ピンク色の膣前庭が広がっていた

小陰唇は肉厚で、その端をわずかに捩れさせている。
そんなふうに閉じ合わさった肉の唇を開くと、中はトロトロにとろけた薄ピンク色の膣前庭が広がっていた。
(なんだか、マグロのトロみたいだ。貴和子さんのここ、大トロみたいな色で……)
くすんだ小陰唇の外身と、中の大トロのような薄ピンク色。褐色の縁取りから急にピンク色になるところなど、まだ焼けきらない焼き肉の肉のようでもある。
彩菜に較べると、蜜の粘り気は強いようだ。トロッ、と、パンケーキにかけたメープルシロップのようにこぼれ落ちる。
そして、やはり肉厚の陰核包皮に包まれた、大粒の肉芽。水を吸った大豆のように、勃起して小指の先ほどにも膨れていた。