健太は顔に三十路半ばの女の股間を押しつけられながら、必死に頭を振り、「ああ、夢、みたい……」と

健太は義母の名を耳にし、あきらかにうろたえていた。と同時に、訝しげに見上げてくる健太が愛しくなり、留美子は健太の後頭部に両手を回すと、間近に見えているはずの股間を、健太の顔に押しつけていた。
「シャワーでだいぶ汚れは落ちたはずだけれど、でも、少し、匂うかしら……。今日は祭りでだいぶ汗掻いちゃったから……」
健太は顔に三十路半ばの女の股間を押しつけられながら、必死に頭を振り、「ああ、夢、みたい……」と譫言のように、くぐもった声を留美子の局部に響かせる。
(あうん、健太くんの息が、おサネに吹きかかるぅ……)
その刺激は尋常ではなかった。膝が崩れ落ちそうな愉悦に、留美子は辛うじて堪えていた。

自然、俊輔の勃起は、騎上位の体勢で千夏の素股に挟まれる格好となり、しかも裏筋には生の肉土手がぴったりと寄り添うのだ

崩れ落ちるように膝を落とす千夏。そのまま俊輔の上体を押し倒すようにして、お腹の上に座りこんだ。依然ガーターベルトは残されているものの、股間を覆っていた薄布は取り払われている。自然、俊輔の勃起は、騎上位の体勢で千夏の素股に挟まれる格好となり、しかも裏筋には生の肉土手がぴったりと寄り添うのだ。

やがて深紅のショーツに、縦長の濡れジミが滲みはじめる

鼻先を小刻みに振動させて、執拗に擦りつける。布地越しに、縦割れを感じ取り、そこに食い込ませんばかりの勢いで繰り返しなぞった。やがて深紅のショーツに、縦長の濡れジミが滲みはじめる。その部分を鼻で掘り返すと、ぐちゅちゅちゅっと淫らな水音が立つのだ。

気遣う言葉をかけながらも俊輔はグイと前のめりになって、逆Vの字に開脚した股ぐらに鼻先を押し付けた

「もうずいぶん辛そうですね大丈夫です?もっとエッチなことしちゃいますよ」
気遣う言葉をかけながらも俊輔はグイと前のめりになって、逆Vの字に開脚した股ぐらに鼻先を押し付けた。
「ひぁああああっ、そ、そんなことっ!」
挑発的な深紅のショーツが覆う千夏の恥丘に、ぴたりと鼻をくっつけ、肺いっぱいにあたりの空気を吸い込む。

黒いストッキングの細かい網目で肉塊を搦め捕ろうとするように、ほこほこのクロッチ部分をなすりつけてくる

「うれしい。俊輔さん、もっともっと気持ちよくなってくださいね。精いっぱいご奉仕させて頂きますぅ」
くねくねと細腰をくねらせる千夏。黒いストッキングの細かい網目で肉塊を搦め捕ろうとするように、ほこほこのクロッチ部分をなすりつけてくる。露わにした乳房も、俊輔のお腹や胸板の上でやわらかく踊っている。

さらにその体勢で、お尻を後ろに突き出すようにして、ショーツのクロッチ部分と勃起との密着を強めてくれるのだ

再び朱唇が、乳首に吸いついてくる。同時に、ピチピチしていながらも、むっちりやわらかい太ももが、むぎゅぎゅっと俊輔の腰部を挟み込んだ。さらにその体勢で、お尻を後ろに突き出すようにして、ショーツのクロッチ部分と勃起との密着を強めてくれるのだ。
密着したふかふか部分が、千夏のヴァギナであると思うと、余計に昂奮が加速する。腰を突きあげたい衝動に駆られたが、ギプスに制約されているためままならない。もどかしくも、やるせなく、それでいて恐ろしく気持ちのいい圧迫だった。

けれど、薄い下着を通し互いの性器の温もりは、充分以上に伝わった

細腰に両手をあてがい、もどかしくもその臀朶にめり込ませ、ゴリゴリと擦りつける。恥ずかしさも見境もない。ひたすら放出したくて仕方がないのだ。
「もう。仕方ありませんねぇ……今日は、特別です」
俊輔の体に上体を押し付けたまま、軽い女体が微妙にその位置をずらした。すると、ストッキングに包まれた太ももの付け根に昂る勃起がぶつかった。
「うあっ、え?千夏さん、これって……」
未だ俊輔はパンツを穿き、千夏もストッキングと、さらにその下にはショーツを身につけている。けれど、薄い下着を通し互いの性器の温もりは、充分以上に伝わった。

尻たぶでシンクを叩き、前に突き出した下腹部で尚樹の股間をこすりあげる

彩海の足がふらつき、背後のキッチンシンクに身体がぶつかった。快楽に痺れる自分の足だけでは体重を支えられずに、背中をステンレスの縁にあずける。ひとりでに腰が前後に動き、マイクロミニの裾をひらめかせた。尻たぶでシンクを叩き、前に突き出した下腹部で尚樹の股間をこすりあげる。
バミューダパンツの中で痛いほどそそり立つ肉棒の腹を刺激されて、尚樹も腰を震わせた。

ぐいぐい、ぐりぐり、貴和子が股間を押しつけてくる

「ァ、ァ!広海さんの指、うれしいのぉ。もっと、さわってぇ!」
ぐいぐい、ぐりぐり、貴和子が股間を押しつけてくる。股間だけでなく、そのHカップの乳房までも容赦なく押しつけられて、広海の顔をふさぐ。もうほとんど、貴和子が広海の上にのしかかっていた。

その手を自分の股間へくぐらせ、押しつける

あかりが広海の手をつかむ。その手を自分の股間へくぐらせ、押しつける。広海の指は、あかりの股間、肉裂へと沈み込んだ。ヌリュ……チュ。そこは、呆れるくらいに濡れていた。熱くとろけて、煮すぎたシチューのようだ。具がすべて溶けて混じり合うほどに。