尖らせた唇を、媚肉にべったりとむしゃぶりつけたまま、小刻みに顔を揺する

「はぁん、ああぁうっ、ほおおぉおっおっ……おあうぅっ、ああ、そこですぅっ」
尖らせた唇を、媚肉にべったりとむしゃぶりつけたまま、小刻みに顔を揺する。蜜液に覆われた花びらまで口腔に含み、いやらしい音を立てて吸いつけた。
ぶちゅっぶじゅるじゅ、じゅるぴゅちゅちゅっ、ぴちっくちゅくちゅちゅっ──。
ひたすら粘膜を舐めしゃぶり、あたり一帯を唾と淫蜜でべとべとにしていく。

再び俊輔は女陰全体を唇で覆い、肺活量いっぱいにじゅちゅるるるっと吸いつけた

再び俊輔は女陰全体を唇で覆い、肺活量いっぱいにじゅちゅるるるっと吸いつけた。
「ひうんっ!ああ、そんなっ……いま、吸われたら……ひふう、ほおぉぉっ…だ、だめです、だめっ、何かが出ちゃいます。ひゃああぁん……」
ぶるぶるぶるっと派手に背筋を震わせながら、切なげに千夏が呻いた。
ぶっしゅわわ──。
間欠泉のように噴出した多量の潮液を、舌先でぴちゃぴちゃっと口腔内に運ぶ。愛液とも異なる透明な汁には、海のような塩辛さの中にも、微かな甘みがやはり感じられる。それをごくりと嚥下すると、はらわたがカアッと熱くなった。