留美子さん、お風呂場で、口の中に僕のち×ぽを自ら咥え込み、僕の精液、全部飲んじゃった

そう訴えるように、由美は健太に欲情に潤んだ目で語りかける。
「もちろん、ママにだけは嘘をついたりしないから安心して……」
由美も無言のままに、健太を見つめてうなずいた。
「留美子さん、お風呂場で、口の中に僕のち×ぽを自ら咥え込み、僕の精液、全部飲んじゃった。そしてその後、今度はその浴室で浴槽の縁に両手をついて、僕に、後ろからさせてくれた」
由美の脳裏には、そのときの光景が、ありありと浮かんでくる。
(留美子さんは咲枝さんとは違い、慎ましやかな印象なのに、健太ちゃんのミルクを貪り、しかも、お風呂場で後ろから交わり、初体験をさせてくれた、なんて……。なんて淫らなことを、最初から……)
「それで、お風呂をあがってからも……」
「うん。僕、はじめてだからやみつき状態で、朝まで何度も、留美子さんの中に、生で……」
尻を高々とあげて、健太の初物を受け入れている様子が頭の中に浮かぶ。

大きな熟女の尻が、太くて長大な肉棒を根元まで呑み込み、それを基軸にしてコマのように美熟尻が振り回されていた

留美子の括約筋が伸縮する。王冠部を咥え込んだ膣唇が蠢く。
「凄い……。先っぽが、締め付けられる……」
「あああん、きてーーーっ、健太くん、浅瀬で焦らしちゃ、あああ、イヤぁ……。ああん、いまから、そんな意地悪、覚えなくていいの……。ああ、きて……。奥まで思いきり、うううっ、突き挿して……」
健太はせり上がってくる留美子の尻を迎え撃つように、腰を一気に前に進めていた。
(何、これ……。僕のち×ぽを、留美子さんのおま×こが、強く、咬んでる……)
それはまさしく、肉棒全体を甘咬みされているような、気の遠くなるような愉悦の連続だった。健太は膣底に当たって止まった肉棒の先を包み込む、留美子の内部の蠢きに、むず痒いような刺激を受け、たまらず激しく腰を揺すりはじめていた。v 「ああ、ああ、あああああーーーっ、健太くんの、ああ、バカぁ……。うううっ、最初から、大人の女を、こんなに哭かせるなんて……」
留美子の凄まじい咆哮だった。二度も放っている健太には、初心者とはいえ、少しは余裕があった。しかし、そう長くは持たない。健太は髪を振り乱して悶える留美子の全体を見つめながら、大きく腰を使い始めていた。
「はぁぅっ……。ああ、い、イヤぁん……。くるぅ。くるわぁ……。あああ、なんて、いいお魔羅なの……。あ

留美子は逆らわず、後ろ向きになり、脱衣所の床に両手をつくと、その姿勢のままに高々と尻を掲げてくる

健太は淫裂から舌を退け、両手に抱えている留美子の尻を回した。
留美子は逆らわず、後ろ向きになり、脱衣所の床に両手をつくと、その姿勢のままに高々と尻を掲げてくる。浴槽の縁に両手をついて尻を向けたとき以上に、裂口が上を向いていた。
(滾っている……。留美子さんの蜜が、滾って火口から噴き零れる、マグマのようだ)
健太は逸る気持ちを辛うじて抑えながら、立ち上がる。完全に上向きに口を開けている淫裂に挿し込むには、いきり勃った肉棒を手で押し下げなければならなかった。
「あ、はぁああ、健太くんったら、大人の女に、こんな恥ずかしい恰好させるなんて……。意地悪なんだから……」
留美子はもう、我を忘れているようだった。
健太は肉棒を押し下げて、膣のとば口に先端を触れさせた。
「留美子さんのおま×こ、イソギンチャクのように、ぼくのち×ぽを喰おうとしている……」
「ああん、そんな……。イソギンチャクだなんて、いくら島の男の子だからって、そんなたとえをしなくても……」
健太の目に映る留美子の淫裂は、磯にひっそりとしていながら、獲物が近づくと瞬時に咥え込む、イソギンチャクそのものだった。
「それに、イソギンチャクは、健太くんのような、大きなお魔羅など、呑み込めないで

留美子は教えることも何もかも忘れ、もっと、と催促するように、大きな尻を自ら振り回しはじめていた

健太がさらに腰を進めると、一気に膣奥まで届き、迎えに降りてきていた子宮の軟骨の輪のような入口に、膨らんだ亀頭を擦りつけて、健太は喜悦の声をあげていた。
「お、大きくて、太い……。ああん、教えるつもりの私のほうが、あああ、夢中になりそう……。最高だわ、健太くんのお魔羅……」
肉棒の先端の動きが齎す桁外れの愉悦感に、留美子は教えることも何もかも忘れ、もっと、と催促するように、大きな尻を自ら振り回しはじめていた。

前傾姿勢のまま片手を股間に伸ばし、健太の肉棒の先端に指を絡めると、そのまま引き寄せる

しゃがんでいた健太は立ち上がり、中腰になると、自ら肉棒に手を添え、高々と尻を掲げる留美子の後方から密着してくる。
(いいわよ。最初が後ろからじゃ、ちょっと分かりにくいでしょう。ああっ、私が、導いてあげる……。落ち着くのよ、健太くん……)
留美子は躊躇わなかった。前傾姿勢のまま片手を股間に伸ばし、健太の肉棒の先端に指を絡めると、そのまま引き寄せる。
「ああ、ヤバい……。留美子さんの手の感触が、あああ、たまらない……」
いまにも放ちそうな健太の昂ぶった声に慌てた。
(もう少しの辛抱よ。一度挿し込んだなら、すぐにミルクをしぶかせてもいいのよ。あああ、だから、おま×こに入れるまでは堪えてね、健太くん……)
指を絡めた肉棒の先端が極限にまで膨らんでいる。一度大量に放っているとはいえ、若い肉棒が満足するには程遠い。
「ああっ、窪みに僕のちん×んが……」
「ああん、そ、そこよ。健太くん、そのまま、ぐっと腰を送り込んで……」
留美子が自らの指で肉棒を膣のとば口に導くと、すかさず健太は腰を前方に送り込んでくる。留美子は先端が膣孔に呑み込まれるまで指を離さなかった。
「あああーーーーっ、入っていくぅ……」
肉棒の先端とともに膣の浅瀬まで潜り込ん

尻奥に切っ先を届かせたまま、爛れた肛環を責めあげる

「ひ、ひどいわっ……そんなっ……あひいいーっ!……」
とどめとばかりに尻奥を深々と突き刺す。それから息を詰め、下腹に気合いを入れて高速の律動を繰りだした。尻奥に切っ先を届かせたまま、爛れた肛環を責めあげる。
理香がフェンスにしがみつき、長身を無様に震わせた。
「い、イクッ。イッちゃうっ。許してっ……あ……あっ、ああっ……あああっ……駄目っ、もう駄目っ……ひ、ひいいーっ……ご、ごめんなさいっ、佑ちゃんっ……うあっ、あうううううっ!……う、むむむっ……」

女を黙らすには、尻穴の写真が一番だ。まして久末理香が尻でバイブを咥えこんだところとなると……

さらなる嗜虐への希求に鼓舞され、奥寺の肉刀はいっそう漲った。熱く滾った血液がどっと刀身に流れこんだ。それまでにも増して鋭角的に尻奥を突きあげる。恥蕾をクリクリと小気味よく弾いていく。バイブをグイッと肉奥深く送りこむ。
肉奥からは大量の花蜜が溢れ、すでに奥寺の手へタラタラと垂れ落ちていた。水浸しだ。また失禁したのかと疑いたくなるほどだ。他人を寄せつけようとしなかった傲慢な女が歓喜の花蜜を垂れ流していると思うと、夜空に向けて快哉を叫びたくなった。
「女を黙らすには、尻穴の写真が一番だ。まして久末理香が尻でバイブを咥えこんだところとなると……」

尻肌のぬめりが、獣の体位で肉を交えているという実感をもたらす。

「ああああっ……ひどいわっ……うむむっ……」
理香は悲嘆に暮れながらも、またも美尻の切なげな媚態を演じた。肉刀を呑みこんだまま、くねくねと複雑に揺すりたてるのだ。肉刀の動きとシンクロして、肛環がキリリと収縮する。刀身を貪る。汗ばんだ尻肌も鼠蹊部と触れ合ってたまらない。尻肌のぬめりが、獣の体位で肉を交えているという実感をもたらす。

プリプリンッとした理香のヒップが鼠蹊部に当たると、思わずみずから体を捩ってヒップの肉質を堪能せずにはいられなくなる

奥寺は突きまくるだけでなく、深々と極限まで挿入することで美尻との密着感をも楽しんだ。プリプリンッとした理香のヒップが鼠蹊部に当たると、思わずみずから体を捩ってヒップの肉質を堪能せずにはいられなくなる。切っ先で尻奥を穿ちながら味わうヒップの柔らかな肉質は、二十三歳の若々しさに満ちている。

尻奥を探るように切っ先でかきまわすと、比佐子はもう耐えられないという感じで巨尻を振りたくった

卑猥に腰を使いつつ、奥寺は勝利の実感に酔いしれた。巨大な尻に肉刀の突き刺さった光景は、じっと見下ろすだけでいやが上にもリビドーを刺激される。腰を送るたびに下腹が尻肌と当たり、ペタッペタッと餅つきを思わせる響きがあがる。
腰をせりだし、下腹と巨尻を密着させ、今度は小刻みに尻奥を穿ちはじめた。刀身はすっかり肛門に埋もれて、これ以上ない深度で繋がっている。尻奥を探るように切っ先でかきまわすと、比佐子はもう耐えられないという感じで巨尻を振りたくった。
「あぐぐぐっ……動かないでっ……。お尻が……壊れるっ……壊れちゃうっ……」
「こんな立派なケツが簡単に壊れてたまるかよ。いいか。セクハラかなにか知らんが、訴えたかったら好きに訴えろ。こっちにも考えがある」
奥寺は肛交のシーンをも接写した。
瞬くフラッシュに、比佐子が悲哀の声を引き絞っている。
「訴えるときは、お尻を犯されました、と正直に言うんだな。証拠写真なら俺がいつでも提出してやるよ。あはははっ」