長襦袢が捲れて、剥き出しの尻肌に佑二の指がふれてきた

佑二が端的に告げる。耳の縁に舌を這わせ、手は花穂子の腰の辺りをまさぐってきた。長襦袢の裾がたくし上げられた。
「お、お待ちになって」
花穂子は狼狽の声を漏らした。下着の類はつけていない。長襦袢が捲れて、剥き出しの尻肌に佑二の指がふれてきた。佑二の指を感じただけで脚の付け根は、急速に火照りを強める。ホテルでの濃密な交わりの残り火が、身体の芯にくすぶっていた。