大きな熟女の尻が、太くて長大な肉棒を根元まで呑み込み、それを基軸にしてコマのように美熟尻が振り回されていた

留美子の括約筋が伸縮する。王冠部を咥え込んだ膣唇が蠢く。
「凄い……。先っぽが、締め付けられる……」
「あああん、きてーーーっ、健太くん、浅瀬で焦らしちゃ、あああ、イヤぁ……。ああん、いまから、そんな意地悪、覚えなくていいの……。ああ、きて……。奥まで思いきり、うううっ、突き挿して……」
健太はせり上がってくる留美子の尻を迎え撃つように、腰を一気に前に進めていた。
(何、これ……。僕のち×ぽを、留美子さんのおま×こが、強く、咬んでる……)
それはまさしく、肉棒全体を甘咬みされているような、気の遠くなるような愉悦の連続だった。健太は膣底に当たって止まった肉棒の先を包み込む、留美子の内部の蠢きに、むず痒いような刺激を受け、たまらず激しく腰を揺すりはじめていた。v 「ああ、ああ、あああああーーーっ、健太くんの、ああ、バカぁ……。うううっ、最初から、大人の女を、こんなに哭かせるなんて……」
留美子の凄まじい咆哮だった。二度も放っている健太には、初心者とはいえ、少しは余裕があった。しかし、そう長くは持たない。健太は髪を振り乱して悶える留美子の全体を見つめながら、大きく腰を使い始めていた。
「はぁぅっ……。ああ、い、イヤぁん……。くるぅ。くるわぁ……。あああ、なんて、いいお魔羅なの……。あ

熟尻をビリビリと震撼させ、靖代は肛悦に狂った

「ひっ、ひいいーっ!」
熟尻をビリビリと震撼させ、靖代は肛悦に狂った。
「ひっ、ひっ、ひどいわっ。奥寺さんっ……。う、恨みます……ううっ、うううっ。あ……いっ、イクッ……イッちゃううう……はっ、はっ、はああっ……も、もう駄目っ……ご、ごめんなさいっ、あなたっ……あ、ああああっ!……」
二人の男に挟まれた女体がゆらゆらと揺れて果てていく。くずおれる寸前、肉奥と尻奥とに大量の精が注がれた。

どぴゅどぴゅぴゅっとまき散らされた熱い白濁が、膣全体にじゅわわっと広がり、子宮にべったり付着した

「あんっ、あぁんっ、ふううっ、あううっ、はああぁあああああ~~っ!!」
どぴゅどぴゅぴゅっとまき散らされた熱い白濁が、膣全体にじゅわわっと広がり、子宮にべったり付着した。
「あふぅんっ!あ、熱いっ!いやん、またイクっ、ああまたイッちゃうぅっ!」
どろどろの濃厚精液をばら撒かれ、深佳はうわ言のように絶頂を告げた。
熟れきった肉体が、びくびくっと何度も昇り詰めている。押し寄せる連続絶頂の波は、ついに息もできないほどの潮位にまで達した。
「ひいいいぃいいっ!!」
かつて誰にも聞かせたことがない絶息せんばかりの悲鳴を零し、悦びを極める。妖しく女体をくねらせ、白い頤を天に晒し、白目を剥きながら、あちこちをピクピク、あるいはヒクヒクさせて、熱狂のイキ様を見せつける。

胎内でびくんびくん跳ね上げる勃起は、射精してなお、おんなの歓びを与える

ドドッと熱い濁液を、膣奥に叩きつけた。
じゅわじゅわわんと膣内いっぱいに広がって、襞の一枚一枚にまとわりつける。
「あうっ!俊輔さんが……お腹の中にしゃせい、してるう!」
なおも俊輔は尻を跳ね、濁液を吐く肉棒を膣奥で踊らせた。
「ううううっ、あふうう!ほおおおっ……あううううううぅううううっ~~!?」
胎内でびくんびくん跳ね上げる勃起は、射精してなお、おんなの歓びを与える。萎んでいく男性器を、ひくつく肉襞が、精いっぱいの愛情で包んでくれた。

玉袋に蓄えられた全ての白濁を吐き出すつもりだ

「ああっ、あおぅぅ……あはあぁあああぁ……おん、おおおぉんんっ!!」
肉塊だけを胎内で暴れさせ、びゅびゅっ、びゅびゅびゅっとなおも射精する。玉袋に蓄えられた全ての白濁を吐き出すつもりだ。
「あはああぁ、あ、あああああっ……。い、いっぱいです……千夏のお腹の中……俊輔さんの精子で……いっぱいいっっ」

刹那に、熱く強烈な迸りが尿道を駆け抜け、射精がはじまった

「ぶああっ、射精るっ…射精るううううぅ!」
俊輔は限界にまで引き絞っていた肉塊を一気に解放した。刹那に、熱く強烈な迸りが尿道を駆け抜け、射精がはじまった。
どぷっ、どゅびゅっ、どびゅびゅびゅっ、びゅるるるるる──。
濃厚で多量の精液を、胎内に撒き散らしていく。受け止める千夏もまた牝の本能に絶頂へと誘われたのか、上体を前に倒して俊輔の首筋にヒシとしがみつき、きざしきった声で啼くのだった。

膣奥深く突き刺さったまま、勢いよく精液を噴き上げる

膣奥深く突き刺さったまま、勢いよく精液を噴き上げる。彩菜の膣内いっぱいに満たし、あふれるほどに迸らせていった。
「あああああ!イク!イッ……クぅぅぅう!」
同時に、しがみついた身体をビクビュク、大きく震わせながら、彩菜が膣絶頂へと上り詰めていった。
すべてが終わっても、まだ広海の肉棒は彩菜の膣内で勃起したまま、少しも小さくなる気配がない。
それをくわえ込んだ彩菜の膣洞もまた、しっかりと抱きかかえるようにくるみ込んでいた。

ビク、ビクン!大きく震えるヒップを抱えたまま

突き上げられると、膣内から持ち上げられて彩菜の身体が浮き上がる。しかしすぐに落ちてきて、そこをまた肉棒でえぐり上げられる。
「きひ、ぃ!」
これ以上ないほど膣奥深く突き刺さる肉棒と亀頭が、彩菜をたちまち絶頂へと押し上げていった。
「ひぃぃっ!ィ、イクぅぅ!彩菜、イッちゃぅぅ!おちん×んで……広海のおちん×んで、彩菜、彩菜……イッ、ちゃぅぅううう!!ん!」
木の幹にしがみついた、片脚立ちの不自由な姿勢にもかかわらず、彩菜はあっけなく上り詰めてしまう。ビク、ビクン!大きく震えるヒップを抱えたまま、広海もまた、
「彩菜……ぅううああ!」
肉棒を震わせて、膣奥深く精を放っていく。

それまでさんざん責め苛まれた彩菜の膣孔はすぐには閉じきらず、ぽっかりと肉色の穴を開けたままだった

ようやく広海が彩菜のヒップから股間を離す。ズリュ……ヌチュン。射精してもなお、まだカチカチに硬直したままの肉棒が抜き出されると、それまでさんざん責め苛まれた彩菜の膣孔はすぐには閉じきらず、ぽっかりと肉色の穴を開けたままだった。ポタ、ポタポタ、ピチャ……。その膣孔に、いま放ったばかりの広海の精液が逆流して浮かび上がり、白い雫となって垂れ落ちる。広海が彩菜の片脚を離し、ようやく脚を閉じることのできた彩菜だが、その内股がさっそくにも垂れ落ちる精液で汚れてしまった。