勢いはすごくても経験のない静子先生が、今日最初の射精の勢いに押されて、口を離してしまう

勢いはすごくても経験のない静子先生が、今日最初の射精の勢いに押されて、口を離してしまう。口内から出た亀頭は、まだ精液の放出をつづけていた。白い水流が担任教師の前髪や額、鼻や口から顎まで、顔中を白く塗りつぶしていく。
白い粘液まみれとなった数学教師は、顔をぬぐうことも忘れて、教壇の上にぐったりと座りこんだ。
大量射精をした尚樹も、全身の筋肉が弛緩して、今にも腰が崩れそうだった。

歓喜に顔を歪める彩海の口内へ、精液の白い濁流が注入される

「うおおう!出る!彩海さん、出すようっ!!」
「うんんんむっ!」
歓喜に顔を歪める彩海の口内へ、精液の白い濁流が注入される。
尚樹は射精の快感で下半身が痺れ、シーツに尻を着けた。彩海の口から絶頂途中の亀頭が抜けて、精液が彩海の前髪から目鼻口、喉まで降りかかる。
彩海は口だけでなく鼻孔や目にまで精液が流れこみ、一気にエクスタシーへ舞い上がった。

盛大に飛び散る精液が、彩海の口内と喉の粘膜を撃った

左手にいじられる睾丸からマグマがあふれ、肉幹を握る右手の指の中を通過して、焼けつく亀頭の先端から噴出する。
盛大に飛び散る精液が、彩海の口内と喉の粘膜を撃った。
「うんんんっ、ぐむっ!んむううっ!」
尚樹の見つめる前で、彩海の顔がとろとろに蕩けていく。黒目がちの瞳がトロリと潤み、形のよい眉が溶けるように下がる。亀頭を咥える唇の両端から、白く粘ついた水滴があふれて、顎へと伝い落ちる。
そして白い喉が上下に動き、口内の液体をコクコクと飲み下しているのが見て取れた。

腰を跳ねあげるようにして、若義母の顔面めがけて白濁のシャワーをぶちまける

「あ、あっ!で、でっ……う、ううっ!」
すべての言葉を言い終える間もなく、大量の一番搾りを噴出させる。小便のごとき勢いで、腰を跳ねあげるようにして、若義母の顔面めがけて白濁のシャワーをぶちまける。
「!!」
突然の暴発に加南子は真ん丸く目を見開いた。亀頭がしゃくるたび白濁の弾丸に額が、頬が、唇が、次々に打ち抜かれる。

二つの舌の主が各々尻を揺するのを見届けてから、はち切れた男根が白濁色の飛沫を噴き上げた

男の号令に、突き出たままの二本の舌から唾液が滴る。どちらからともなく喉鳴らし、口中に溜まる唾を飲む。二つの舌の主が各々尻を揺するのを見届けてから、はち切れた男根が白濁色の飛沫を噴き上げた。飛び散った濁汁の初発が、真弓の突き出した舌に着弾した。口を閉じて飲み下す間もなく、続けざまに鼻先と額にも淫熱たっぷりの粘液が付着する。
「んぷ!んぅ……ふ、あ、あうぅっ」
目に入らぬよう瞼を閉じ、なお牡の淫気を求めて顔を差し出す。大口を開けた牝の唇に歯先をかすめて粘濁汁が飛び込んでくる。見る間になみなみ溜まりゆくそれを唾と一緒に飲み下すと、喉から胃袋、下腹、股間の順に熱を孕み、脈動した。唾が止め処なく溢れ、その上に次々甘露の源たる精液が着弾する。飲まなければ呼吸に不自由する。鼻で息をしながら嚥下すれば、止め処もない疼きが身の内から迸る。堂本が手ずから竿を支え狙いをつけてくれていたが、射精液の一部は二つの顔に勢いよくぶつかり弾け、瞼や顎に付着した分が糸引き滴る。胸元へとこぼれた分が肌に染み入り、ますます乳首の疼きが強まりもした。喉と肌。内外両面で感じる粘着質な牡汁の味わいに、真弓の表情は卑しく蕩かされてゆく。

美少女は夢中で少年のペニスを飲み込み、喉の奥で射精を受け止める

美少女は絶頂感に翻弄されながらも、目はきちんと開いていた。少年が射精する瞬間を目の当たりにしたい、と淫らな好奇心を抑えられなかったのだ。自分に向かってくるザーメンを見た加奈子に、躊躇はなかった。あの美しい唇を開ききると、口の中で射精を受け止める。しかも、それだけにとどまらず、身体が崩れ落ちることを利用して顔全体を雅也の股間に向けた。雅也はまだ、射精を続けている。全体では一回の射精になるのだが、あまりに勢いがあるので、間歇的に噴き上がってしまっていたのだ。加奈子が手コキを止めないことも大きい。加奈子は雅也の射精を飲みながら、唇でペニスを包み込んだ。つまり、紛れもないフェラチオだったのだ。美少女は夢中で少年のペニスを飲み込み、喉の奥で射精を受け止める。いや、むしろ積極的に吸っている。雅也の白濁液を飲み干しているのだ。