る、留美子さんが、僕の精液を、の、呑んでる……

「ああ、ご、ごめんなさい……。僕、我慢できなくて……」
「ううん、いいのよ。私、健太くんがこんなに感じて、ううっ、いっぱい、ミルクをお口に出してくれたことが、とても、嬉しい……」
スムーズには嚥下できない量だった。勢いも亡夫の比ではない。呑み残した若汁が、口内に収まり切らず、口角から垂れ落ちそうになる。留美子はそれを長い舌を出して舐めとる。
「る、留美子さんが、僕の精液を、の、呑んでる……」
「うふっ、そうよ……。私、楽しみだったの。正直に言うとねぇ、最初はお口で、健太くんのエキスを頂こうと決めていたの……」
「ああ、そんなこと言われたら、僕……」

留美子はさらに大きく口を開け、どうにか極限にまで膨らんだ肉棒の先端を口中に呑み込んだ

(お、大っきい……。うううっ、口に入りきらない……。でも……)
留美子はさらに大きく口を開け、どうにか極限にまで膨らんだ肉棒の先端を口中に呑み込んだ。肉棒が没して、新たな刺激を加えられると、一気に容積が増した。
「あああーーーーっ。る、留美子さん……ぼ、僕、も、もう……」
健太の腰が小刻みに震えた。両足の筋肉が盛り上がる。
(来るのね、健太くん……。凄いミルクを、あなたはこの私のお口の中に、注ぎ込もうとしているのね)
そんなことを想像し、ますます股間を濡らす留美子は、健太の指に髪を掻き毟られながら、もうすぐ放たれるはずの若い精ミルクを舌で受けようと、神経を目の前の肉棒に集中させる。
「あはっ、で、出るよ。留美子さん……」
声と同時だった。健太は一際尻を激しく振ると、喉奥にまで肉棒を突き刺したままに、若い種汁を放ちはじめていた。
(ひぃぃぃーーーっ、凄い……。あああ、口の中に、健太くんの精液が、あああ、溢れる……)
肉棒の先端の孔が大きく開き、礫のような勢いの若い精ミルクが、大きく開いて健太の肉棒を咥えている口内に注がれはじめた。

卑猥かつ動物的な腰の動きで、尖端を上顎へグリグリとねじこんだ

奥寺は腰を構えると、バックから女を刺し貫くイメージで砲身を突きあげはじめた。
「んっ……んぐうううっ……」
比佐子は上半身を左右に激しく振りたてた。必死に砲身を吐きだそうしている。
それを許してはならじと喉奥を荒々しく貫いた。
息を詰まらせた比佐子が、もがき苦しんで身体全体を震撼させる。
「呑めといったら呑むんだよ」
卑猥かつ動物的な腰の動きで、尖端を上顎へグリグリとねじこんだ。快美感がじわっとこみあげ、射精への衝動が急速に増していく。
なおも比佐子は気丈にかぶりを振った。朱唇を開きながら顔を横へ向ける。こぼれた大量の唾液がブクブクと泡を噴き、タラタラと滴っていく。
だがそんな抵抗の素振りが、逆に奥寺の衝動を昂進させた。満身に力を漲らせて息んだ。舌ビラのくねくねと絡む尖端に神経を集中させる。甘美な予兆が湧き起こった。
「くそっ……お、おおおっ!……」
体ごと押し入り、喉奥めがけて一段、二段、三段と解き放った。最後に改めて息張りながら残りの精を絞りだし、比佐子の上顎に擦りつける。
まだ荒い息のまま砲身を引き抜いた。

勢いはすごくても経験のない静子先生が、今日最初の射精の勢いに押されて、口を離してしまう

勢いはすごくても経験のない静子先生が、今日最初の射精の勢いに押されて、口を離してしまう。口内から出た亀頭は、まだ精液の放出をつづけていた。白い水流が担任教師の前髪や額、鼻や口から顎まで、顔中を白く塗りつぶしていく。
白い粘液まみれとなった数学教師は、顔をぬぐうことも忘れて、教壇の上にぐったりと座りこんだ。
大量射精をした尚樹も、全身の筋肉が弛緩して、今にも腰が崩れそうだった。

静子先生のうめき声とともにあふれる涎で、ペニスと睾丸、さらに左右の内腿までべとべとにされてしまう

静子先生のうめき声とともにあふれる涎で、ペニスと睾丸、さらに左右の内腿までべとべとにされてしまう。唾液まみれのペニスの内側を精液が削るようにせり上がってきた。灼熱の射精の快感で、尿道がグズグスと焼かれる。
「おおおおお、出るううっ!!」
鈴口を押し広げて精液が噴出する音を、自分の耳で聞いた気がした。

歓喜に顔を歪める彩海の口内へ、精液の白い濁流が注入される

「うおおう!出る!彩海さん、出すようっ!!」
「うんんんむっ!」
歓喜に顔を歪める彩海の口内へ、精液の白い濁流が注入される。
尚樹は射精の快感で下半身が痺れ、シーツに尻を着けた。彩海の口から絶頂途中の亀頭が抜けて、精液が彩海の前髪から目鼻口、喉まで降りかかる。
彩海は口だけでなく鼻孔や目にまで精液が流れこみ、一気にエクスタシーへ舞い上がった。

射精に備えてひくつく鈴口に、彩海が口をつけた

「ああ、こぼすのはもったいないわ」 射精に備えてひくつく鈴口に、彩海が口をつけた。再び亀頭に受けた刺激がスパークして、尚樹はたまらず腰をせり出す。
「うおおおおう、出るうっ!!」
尚樹はとっさに両手で彩海の髪をつかみ、美貌を固定した。突き上げた亀頭が、彩海の唇を割り、口の中へと突入する。
乱暴な行為だが、彩海の顔には苦痛の色はなく、口内を犯される快楽に陶酔する表情を浮かべた。尿道の内側を、猛烈な勢いで精液の奔流にこすられ、焼けつく快楽に痺れる。人妻の舌の上で亀頭が膨張して、どっと精液を噴出した。蛇口を全開にした勢いで、白い粘液が喉の粘膜を叩いた。

盛大に飛び散る精液が、彩海の口内と喉の粘膜を撃った

左手にいじられる睾丸からマグマがあふれ、肉幹を握る右手の指の中を通過して、焼けつく亀頭の先端から噴出する。
盛大に飛び散る精液が、彩海の口内と喉の粘膜を撃った。
「うんんんっ、ぐむっ!んむううっ!」
尚樹の見つめる前で、彩海の顔がとろとろに蕩けていく。黒目がちの瞳がトロリと潤み、形のよい眉が溶けるように下がる。亀頭を咥える唇の両端から、白く粘ついた水滴があふれて、顎へと伝い落ちる。
そして白い喉が上下に動き、口内の液体をコクコクと飲み下しているのが見て取れた。

あっと言う間に口の中いっぱいに満たし、あふれる精液に、貴和子が思わず顔を強ばらせる

「ぉぉあああ!出る……貴和子さん、出ちゃう……!」
なすすべもなく、貴和子の口腔内で爆発する広海の肉棒。熱い精液を大量にぶち撒けていく。
「ンゥ!ゥゥ、ン……ゥ、コク、コクン!コクッ……チュプ、チュ」
あっと言う間に口の中いっぱいに満たし、あふれる精液に、貴和子が思わず顔を強ばらせる。眉間に皺が刻まれる。
だがすぐに、最初のひとかたまりを呑み下すと、貴和子は続けて次々と嚥下していく。とうとう一滴残らず呑み干し、肉棒をなめ清めることまで。

ビュルル!ビュリュシャァア!まだ肉棒をくわえたままの、彩菜の口腔内で射精してしまう

直前、彩菜の口から引き抜こうとした。が、フェラチオの快感に負けて、遅れてしまう。それはつまり、
「んっ……ぅう!?」
ビュルル!ビュリュシャァア!まだ肉棒をくわえたままの、彩菜の口腔内で射精してしまう。一瞬、顔をしかめる彩菜。しかし、口の中に噴き出す精液を、けなげに受け止めていく。すべてが出終わるまで、肉棒を離さなかった。
「うぅぅ……!」
その彩菜の頭を押さえるようにつかんだ広海。とうとう最後の一滴まで出しきると、力なく手を離す。