こうして見ると、寧々の唇は肉花びらのようで、あえかに開いて艶冶に微笑むと、口元のほくろとの相乗効果で、途方もなく官能的だった

      

アーモンド形の大きな瞳には、淫らな好奇心がありありと浮かんでいる。キラキラと妖しく煌めくのは、緩やかな発情に潤ませているからだ。昂奮に喉が渇くのか、しきりに朱唇を舌で湿している。こうして見ると、寧々の…

眠たげに垂れさがった二重瞼に飾られた大きな瞳

      

丸みを帯びた顔の輪郭に、眠たげに垂れさがった二重瞼に飾られた大きな瞳が一番のチャームポイントだろうか。鼻梁は整っているものの、眼鏡をかけるにも苦労しそうな低い鼻と、悪戯っぽく上唇が捲れたおちょぼ口には…

大きさだけではなく感度も相当に熟しているらしく

      

大きさだけではなく感度も相当に熟しているらしく、少し揉んだだけで凪子の唇はしどけなく半開きに開いた。恍惚に潤んだ眼の睫がふるふると揺れ、控えめなベージュ色の乳首は、まるで触って欲しいとばかりにピンと硬…