まるで羽毛でくすぐられているような繊細さに、ぶるぶるっと震えが来た

千夏の右手は、焦らすようにお臍のあたりで戯れつつ、左手は首筋を優しく撫でてくる。まるで羽毛でくすぐられているような繊細さに、ぶるぶるっと震えが来た。
「うう……千夏さんっ、背筋がゾクゾクしますっ」
女の子のような反応で恥ずかしいが、正直に気持ち良いと示すほど、千夏の愛撫が大胆さを増していくため、口を噤もうとはしなかった。