大きな熟女の尻が、太くて長大な肉棒を根元まで呑み込み、それを基軸にしてコマのように美熟尻が振り回されていた

留美子の括約筋が伸縮する。王冠部を咥え込んだ膣唇が蠢く。
「凄い……。先っぽが、締め付けられる……」
「あああん、きてーーーっ、健太くん、浅瀬で焦らしちゃ、あああ、イヤぁ……。ああん、いまから、そんな意地悪、覚えなくていいの……。ああ、きて……。奥まで思いきり、うううっ、突き挿して……」
健太はせり上がってくる留美子の尻を迎え撃つように、腰を一気に前に進めていた。
(何、これ……。僕のち×ぽを、留美子さんのおま×こが、強く、咬んでる……)
それはまさしく、肉棒全体を甘咬みされているような、気の遠くなるような愉悦の連続だった。健太は膣底に当たって止まった肉棒の先を包み込む、留美子の内部の蠢きに、むず痒いような刺激を受け、たまらず激しく腰を揺すりはじめていた。v 「ああ、ああ、あああああーーーっ、健太くんの、ああ、バカぁ……。うううっ、最初から、大人の女を、こんなに哭かせるなんて……」
留美子の凄まじい咆哮だった。二度も放っている健太には、初心者とはいえ、少しは余裕があった。しかし、そう長くは持たない。健太は髪を振り乱して悶える留美子の全体を見つめながら、大きく腰を使い始めていた。
「はぁぅっ……。ああ、い、イヤぁん……。くるぅ。くるわぁ……。あああ、なんて、いいお魔羅なの……。あ

あああ、こ、声が、お、おま×こに、ひ、響くぅん……

留美子はもう、逃げようとしなかった。健太の硬い舌先を淫裂に挿し込まれ、激しく身悶えし、逆に感じてやわらかくなった秘唇を大きく綻ばせ、舌に押し付けてくる。
「留美子さん、ねぇ、こ、これで、いいの?」
健太の声が留美子の淫裂の中でくぐもる。
「あああ、こ、声が、お、おま×こに、ひ、響くぅん……。じょ、上手よ、健太くん……。ああ、私、健太くんの舌で、イカされてしまうかも……。あああん、あああ」
留美子の声が変化する。甘い声とやや野太い声が入り混じる。
(留美子さんのま×こ、いやらしい……。僕の舌を、逆に貪ろうとしている……)
肉びらの蠢きが著しい。その動きに触発され、健太は割れ目全体に舌を這わせはじめていた。留美子の喘ぎ声も大きくなる。
「け、健太くん……あああ、私、よく、なりそう……。も、もっと、あああ、もっと舐め回して……」

留美子はそう艶めかしい声色で言うと、おもむろに股間に手をやり、少しずつ、焦らすように両足の太ももを拡げはじめていた

「んもぅ、甘えん坊なのね。健太くんって……。いいわよ。だめと言っても強引にでも覗くつもりでいたのでしょう……。でも乱暴は嫌いなの。だから留美子、自ら、健太くんに見せてあげる……。私のそこ、いつまでも忘れないでね……」
留美子はそう艶めかしい声色で言うと、おもむろに股間に手をやり、少しずつ、焦らすように両足の太ももを拡げはじめていた。
「る、留美子さん、す、凄い……。びらびらが、ヒクついている……。ぐしょぐしょに濡れて、し、雫が、滴ってる……」
「ああん、そんなこと、言っちゃ、イヤぁん……。恥ずかしいでしょう。さぁ、もう見たから、いいでしょう……。続きは、後で、じっくりと……」
そっと健太の目から逃れようと腰を引く留美子の尻に、健太の両手が回る。強く、引き寄せる。淫裂からの熱気が嗅覚を刺激する。
「あぅっ、そ、そんな……」
舌を伸ばさずにはいられなかった。健太は不器用ながら、舌先に力を集中し、濡れそぼる裂口にめり込ませていた。
「はぁん……あああっ、そ、それ……」
頭上から降る、留美子の喘ぎ声がたまらない。

あひぃん……ああ、乳首が、し、痺れるぅ……

健太はしどけなく、タイルに尻を落とし、浴槽の縁に掴まったままの留美子を、後ろから抱き締めていた。前に回した手が、たわわな乳房に触れた。
「あひぃん……ああ、乳首が、し、痺れるぅ……」
はじめて触れた、成熟した女の乳房だった。量感たっぷりで、健太の大きな手のひらにも余る大きさに感動していた。

助けてっ。お尻が壊れるっ。ひいいーっ……ひっ、ひいいーっ……

「ひいっ……ひいいーっ……ひいいーっ!……」
一段、二段、三段と突きあげるごとに、珠実が鋭い叫喚を張りあげた。
「くそっ。これがあのケツか……くそっ……」
自分を存分に罵り倒した末、プリプリと辺りを蹴散らすようにプールから去っていった傲慢な尻を思い起こすとともに、いまその尻を犯したのだという実感に打ち震える。屈辱がよみがえればよみがえるほど、嗜虐への欲求は怖いぐらいに噴出した。
根元までズッポリと肛洞に埋もれさせた。結合の深さが凌辱の激しさに思われて、そのまま梅崎は飽くことなく尖端で尻奥をグリグリと抉りかえす。雲をつかむような手応えのなさが意外ではあったが、その分、怒張の自由度は膣洞への挿入以上である。肛環の締めつけを存分に味わいつつ、思うさま尻奥を捏ねて抉って掻きまわしていく。
「助けてっ。お尻が壊れるっ。ひいいーっ……ひっ、ひいいーっ……」
珠実はフェンスの金網に手をかけ、ギシギシと揺すりながら喚きたてている。しかしどんなに激しく犯しても、女体を逃す心配はない。怒張の赴くままに女体は右往左往を余儀なくされた。

くっ、くうっ……。離してっ……ああっ、おっ、お尻がっ……

梅崎が肛穴をグィグィと押しこむと、珠実の肢体がフェンスで行きどまった。これ以上強く押しこめば、魔指はズブリと突き刺さって肛洞に食い入ることとなる。
「くっ、くうっ……。離してっ……ああっ、おっ、お尻がっ……」
フェンスにへばりついた裸身をくなくなと珠実は振りたてる。とはいっても、身体の前面をフェンスに密着させている。せいぜいお尻のみ微妙にくねるのが関の山だ。
ここぞとばかり、梅崎は報復の魔指を繰りだした。肛穴の縛りを突き破り、肛洞へと潜りこませた。
「あひいいいーっ!」
珠実が大の字の裸身を震撼させている。

右手で尻肌を撫でまわし、左手では小ぶりな乳房の感触を楽しんでいく

ビデオ映像をくっきり瞼に描きつつ、梅崎は右手で尻肌を撫でまわし、左手では小ぶりな乳房の感触を楽しんでいく。珠実に相応しいコリッと硬くて密度の格別に濃い乳首が、手の腹にコリコリッと当たる。身悶えたくなるほど心地よい。指と指とに乳首をつまみ、イビイビといびりまわす。期せずして「イヤああっ」とあがった悲鳴すら、梅崎の興奮を後押しした。この手で珠実の反応を引きだしてやったという紛れもない現実が、いまの彼にはたまらないのである。
ピチピチとした若鮎を彷彿とさせる肉体に、梅崎は歓喜を抑えられない。思いきって通いはじめたプールで、初日から羨望の眼差しを向けてきた珠実だ。贅肉一つないボディにキビキビと小気味よい所作、さらには水面を滑るように突き進んでいく華麗な泳ぎっぷりと、どこからどこまでも非の打ち所がない。容易に人を寄せつけぬ雰囲気も、羨望に輪をかけた。
その珠実が、自分の為すがままに裸身をひくつかせている。この夜の宴に誘ってくれた奥寺に対してのみならず、かつて痴漢と誤解された不幸に対してさえ、いまや梅崎は感謝の念を抱いている。

おのずとさらなる刺激を求め、キュッと肛門を気張らせてしまう

「くっ、くううっ……もう許してっ……あ、ああっ……お尻がっ……」
魔指は憎らしいほどスムーズに律動をつづける。奥寺からの度重なる責めによって、異物の侵入を容易に受け入れる尻に変えられていた。おのずとさらなる刺激を求め、キュッと肛門を気張らせてしまう。強い肛悦を求めてしまう。恵里子は淫らになっていくみずからの肉体を呪った。

熟尻をビリビリと震撼させ、靖代は肛悦に狂った

「ひっ、ひいいーっ!」
熟尻をビリビリと震撼させ、靖代は肛悦に狂った。
「ひっ、ひっ、ひどいわっ。奥寺さんっ……。う、恨みます……ううっ、うううっ。あ……いっ、イクッ……イッちゃううう……はっ、はっ、はああっ……も、もう駄目っ……ご、ごめんなさいっ、あなたっ……あ、ああああっ!……」
二人の男に挟まれた女体がゆらゆらと揺れて果てていく。くずおれる寸前、肉奥と尻奥とに大量の精が注がれた。