ママのお指やお口で、悦んで、健太ちゃん……

(健太ちゃん、ママ、いま、行くわね……。でもママは、健太ちゃんと交わることはできないの。健太ちゃんもそうよ……。だって、母と子なのですもの……。だから、健太ちゃんも、ママと交わってはいけないの……。ごめんなさい、健太ちゃん……。でもママ、それ以外のことで、今夜はあなたに奉仕する……。ママのお指やお口で、悦んで、健太ちゃん……)
立ち上がった瞬間、思い浮かべた、留美子が健太の肉棒を頬張っている光景に嫉妬した由美は、禁忌な交わりだけは避け、留美子以上の熱意で肉棒を愛すことで、健太の昂ぶりを散らせようと思い立つ。
(ああ、私……。こんなにも疼くのは、久しぶり……)
二階にある健太の部屋までの階段をのぼりながら、むっちりとした太ももが擦れ合うたびに湧いてくる淫蜜の多さにたじろいでいた。自室前に来ると、再び躊躇を促す、理性が発する声が聞こえた。

義母の華奢で器用に動く手が、肉棒全体を弄りはじめる

「ああっ、ママ……気持ち、いい……」
義母の華奢で器用に動く手が、肉棒全体を弄りはじめる。そのたびに健太の尻朶が不規則にヒクつく。由美は無意識のうちに、留美子との交わりで恍惚としている健太の表情を目にし、対抗意識を燃やしていた。
(私が忘れさせてあげる……。でも、私は健太ちゃんと、ゆったりとした環境のもとで結ばれたいの……)
浴室での交わり。その話は由美にとっても煽情的なものだった。しかし、由美は落ち着いた雰囲気のなかで、健太とのひとときを過ごしたかった。

あぅっ、ママ……ああ、僕のち×ぽ、握って……。ああ、扱いて、ママ……

由美は意を決し、全身全霊で健太に肉体奉仕し、まだ健太の記憶に生々しく残っているはずの留美子との交接図を、自らの女体で上書きするつもりになっていた。
「素敵よ、健太ちゃん……。ああ、これ、ママに昂奮してくれているのね……」
由美は健太と真正面から向き合い、タイルに膝をついていた。目の前に長大な肉棒が、先端から滲み出る先走りの汁を膨らませて聳えていた。
(すごく、大きい……。形は夫によく似ている……。でも、夫より健太ちゃんのお魔羅、一回りも大きい……)
そっと肉棒の下方に手のひらを拡げた。ずしっと重い肉棒の圧に指が震える。
「あぅっ、ママ……ああ、僕のち×ぽ、握って……。ああ、扱いて、ママ……」
もどかしそうに腰を突き出す健太を見上げる。自分の目が淫らな輝きを放っているのを、由美は熟知していた。
欲しくなると目に表れる。おまえの目は正直だ。魔羅が欲しいと、おまえはすぐ、目を潤ませる。夫はベッドの中でそう言葉責めし、昂ぶりを増幅させていた。
「健太ちゃん、留美子さんも、お風呂場で、こんなことしてあげたの?」
由美は指が回らないほど、太くて長い肉棒を手のひらで受け、絶妙な強弱で、二、三度、長竿を擦った。健太の腰が激しく震える。
「留美子さんと、こ

留美子の手は優しく肉棒に絡みつき、絶妙の強弱で長竿を擦りはじめる

「まぁ、どんどん、大きくなっていくぅ……。うふふっ、健太くんのこれ、何を期待しているのかしら……」
見上げてくる留美子の目の艶めかしさに、健太は思わず生唾を呑み込む。顔を色っぽい目で見つめてくるだけではなかった。留美子の手は優しく肉棒に絡みつき、絶妙の強弱で長竿を擦りはじめる。

健太に振り返りながら、留美子の手が健太の股間に伸びてくる

「はぁぁーーっ、健太くん……あなた、悪い子ね……。はじめてなのに、こんなおばさんをだらしなくしちゃうなんて……」
「そ、そんな……。それより、僕、もう一度、留美子さんと、セックスしたい……」
「えっ!?もう……」
うつろな眼差しだった留美子の目が開き、健太に振り返りながら、留美子の手が健太の股間に伸びてくる。
「まぁ、凄いのね、健太くん……。たったいま、ううん、お口の中とあそこで、あなた、二度もあんなにいっぱいミルクを出したのに、もう、こんなだなんて……」
留美子の手の中で、肉棒が嘶いていた。二度放っていても、萎えるどころかさらに肉棒のすべてが充実していた。留美子は華奢な手にはとうてい収まり切らない充実感に吐息を吐いた。健太はたまらず、湯に濡れたほつれ毛が乱れたままに貼りつくうなじに、唇を押しつけていた。

さらに、手指は下腹部に及び、わずかに躊躇いを見せながらも、勃起を握られてしまった

寝巻代わりの浴衣の前合わせがくつろげられ、掌で胸板を愛しげに擦られる。さらに、手指は下腹部に及び、わずかに躊躇いを見せながらも、勃起を握られてしまった。
「うあおっ!」
思わず、びくんと体を震わせると、勢いづいた手指がぎこちなくも初々しい動きをはじめた。勃起の形を確かめるように、小さな掌が上下するのだ。
「くはっ……。ああ、寧々っ……!」
その手淫は、お風呂の時より格段に上達している。健気なまでの愛情が感じられ、俊輔の昂りはいや増した。

手指に勃起を擦られながら俊輔は、その上半身に羽織られた上着を薄い肩から外し、そのまま背中の方に落とした

手指に勃起を擦られながら俊輔は、その上半身に羽織られた上着を薄い肩から外し、そのまま背中の方に落とした。それに合わせて両袖から腕を抜き取る寧々。またすぐに右手は、猛り狂う肉塊へと舞い戻る。その間にも俊輔は、彼女の細腰を飾る深紅の紐を解きにかかった。
大きなリボン結びの腰紐は、一方を引っ張れば容易に二本に分かれていく。けれどそれで解けたのは後ろ帯ばかりで、その下から次なる腰紐が現れる。緋袴の前後で分かれる構造になっていて、後ろ帯同様に緋色の前帯は白衣の裾を巻き込み、後ろ側で結ばれていた。

茎肌しごきを倍加させ、大きなストロークで根元から亀頭エラまでを刺激してくる

乳房の中で、もうひと回り肉茎が膨張するのを、潤んだ瞳で見つめながら寧々が射精を促した。茎肌しごきを倍加させ、大きなストロークで根元から亀頭エラまでを刺激してくる。堅乳首のなすりつけにもいっそう熱が加わり、小便孔をほじくり返すような動きを見せている。
「ぐあぁっ、寧々、射精ちゃうよ……ああ、イクっ!」
タイルの上で、ブリッジをするようにグイッと腰を持ち上げ、巨柔乳に深刺しした。