圧迫されていたペニスが勢いよく飛び出て、花穂子の指に当たって反り返った

初心な少年の態度に、花穂子の相に笑みが浮かんだ。恥ずかしさを振り捨てて、花穂子は右手を佑二の股間へと差し伸ばした。綿ズボンの表面にそっと手を重ねて置く。佑二の腰がビクッと戦慄いた。
「窮屈でしょ。外にお出しになった方が、楽になるんですよね」
佑二は俯いたままだった。首の裏辺りが、赤みを増していく。花穂子はファスナーを細指で摘み、引き下げていった。開いた隙間から、今度は下着の布地が突き上がってくる。下着の生地は所々失禁したように湿りを帯びて、黒く変色していた。
「佑二さん、失礼しますね」
花穂子は下着を引き下ろした。圧迫されていたペニスが勢いよく飛び出て、花穂子の指に当たって反り返った。

彩香が佑二の手に指を重ねて、ズボンの前をさわってくる

彩香が佑二の手に指を重ねて、ズボンの前をさわってくる。
「あっ、だめ、彩香さん」
佑二は肘を突っ張らせて阻むが、彩香は素早く指を潜り込ませてきた。さわさわとくすぐる指先を感じて、充血しっ放しの勃起は震えを起こす。先走りの液がこぼれて、下着の内を濡らした。

ペニスを握り直し、しごくように指を上下させ始めた

詩織は恥じらいながらも、ペニスを握り直し、しごくように指を上下させ始めた。短パンは完全にテントを張っているから、指はかなり動く。しかも生地や下着の厚みが、ちょっとした「焦らす」感覚をもたらし、雅也を官能の極みに突き上げる。

ペニスを女性に触られる感動は、たとえ短パンやトランクスの生地越しであっても凄まじい

繊細な指が、短パンに触れた──いつの間にか、ペニスは激しく勃起していた。もちろん詩織の魅力が強烈だからだが、性欲の強い雅也が昨日からオナニーをしていないことも大きい。生まれて初めてペニスを女性に触られる感動は、たとえ短パンやトランクスの生地越しであっても凄まじい。

陰茎をジーンズ越しにまさぐられ

誘うような視線で、なおも啓太を見つめながらであった。白い手袋に包まれた指が啓太の股に伸び、ズボンの膨らみを撫で擦る。身も蓋もなく勃ってしまった陰茎をジーンズ越しにまさぐられ、啓太は羞恥と気持ちよさの双方にかられた。