本当?ママ、僕のち×ぽ、そのママのいやらしい口で咥えてくれたりするの?

「ああ、ママ、ママの唇と舌が、耳に触れるだけで、僕、気が遠くなるほどに、気持ちいい……。ああ、ママって、やっぱり最高だよ……。ぼ、僕、早く、ママと一つになりたい……」
「あうん、それはママも同じよ。でもねぇ、よく聞いて、健太ちゃん……。ママと健太ちゃんは親子なの……。親と子との交わりは、いくらこの島の変な祭りの風習でも、許されてはいないの……」
「ええっ!?……そんな……」
「分かるわ、健太ちゃんの気持ちは……。ママだってそうなのよ。ママも健太ちゃんと一つになりたい……。でも、無理なの……」
「ああ、イヤだよ、そんな……」
「駄々を捏ねないで聞いて、健太ちゃん……」
由美の舌先が、再び健太の耳朶を舐めしゃぶる。耳の孔にまで舌先が潜る。そのたびに健太の体が大きく痙攣し、由美の下腹に押し付けられていた若々しい巨大な肉棒が力を漲らせて蠢く。
(ああん、す、凄い……。健太ちゃんも堪えられないでしょうけれど、こんな凄いお魔羅を見て、下腹に押し付けられたなら、私のような三十路半ばの女が、挿し込まれるのを我慢するのって、生き地獄そのもの……。ああ、ママも、欲しい……)
理性が辛うじて利いているものの、体はすぐに反応し、下腹のやわ肉に突き挿さる肉棒を刺激するように、由美の下半身が円

大きな熟女の尻が、太くて長大な肉棒を根元まで呑み込み、それを基軸にしてコマのように美熟尻が振り回されていた

留美子の括約筋が伸縮する。王冠部を咥え込んだ膣唇が蠢く。
「凄い……。先っぽが、締め付けられる……」
「あああん、きてーーーっ、健太くん、浅瀬で焦らしちゃ、あああ、イヤぁ……。ああん、いまから、そんな意地悪、覚えなくていいの……。ああ、きて……。奥まで思いきり、うううっ、突き挿して……」
健太はせり上がってくる留美子の尻を迎え撃つように、腰を一気に前に進めていた。
(何、これ……。僕のち×ぽを、留美子さんのおま×こが、強く、咬んでる……)
それはまさしく、肉棒全体を甘咬みされているような、気の遠くなるような愉悦の連続だった。健太は膣底に当たって止まった肉棒の先を包み込む、留美子の内部の蠢きに、むず痒いような刺激を受け、たまらず激しく腰を揺すりはじめていた。v 「ああ、ああ、あああああーーーっ、健太くんの、ああ、バカぁ……。うううっ、最初から、大人の女を、こんなに哭かせるなんて……」
留美子の凄まじい咆哮だった。二度も放っている健太には、初心者とはいえ、少しは余裕があった。しかし、そう長くは持たない。健太は髪を振り乱して悶える留美子の全体を見つめながら、大きく腰を使い始めていた。
「はぁぅっ……。ああ、い、イヤぁん……。くるぅ。くるわぁ……。あああ、なんて、いいお魔羅なの……。あ

あああ、こ、声が、お、おま×こに、ひ、響くぅん……

留美子はもう、逃げようとしなかった。健太の硬い舌先を淫裂に挿し込まれ、激しく身悶えし、逆に感じてやわらかくなった秘唇を大きく綻ばせ、舌に押し付けてくる。
「留美子さん、ねぇ、こ、これで、いいの?」
健太の声が留美子の淫裂の中でくぐもる。
「あああ、こ、声が、お、おま×こに、ひ、響くぅん……。じょ、上手よ、健太くん……。ああ、私、健太くんの舌で、イカされてしまうかも……。あああん、あああ」
留美子の声が変化する。甘い声とやや野太い声が入り混じる。
(留美子さんのま×こ、いやらしい……。僕の舌を、逆に貪ろうとしている……)
肉びらの蠢きが著しい。その動きに触発され、健太は割れ目全体に舌を這わせはじめていた。留美子の喘ぎ声も大きくなる。
「け、健太くん……あああ、私、よく、なりそう……。も、もっと、あああ、もっと舐め回して……」

留美子はそう艶めかしい声色で言うと、おもむろに股間に手をやり、少しずつ、焦らすように両足の太ももを拡げはじめていた

「んもぅ、甘えん坊なのね。健太くんって……。いいわよ。だめと言っても強引にでも覗くつもりでいたのでしょう……。でも乱暴は嫌いなの。だから留美子、自ら、健太くんに見せてあげる……。私のそこ、いつまでも忘れないでね……」
留美子はそう艶めかしい声色で言うと、おもむろに股間に手をやり、少しずつ、焦らすように両足の太ももを拡げはじめていた。
「る、留美子さん、す、凄い……。びらびらが、ヒクついている……。ぐしょぐしょに濡れて、し、雫が、滴ってる……」
「ああん、そんなこと、言っちゃ、イヤぁん……。恥ずかしいでしょう。さぁ、もう見たから、いいでしょう……。続きは、後で、じっくりと……」
そっと健太の目から逃れようと腰を引く留美子の尻に、健太の両手が回る。強く、引き寄せる。淫裂からの熱気が嗅覚を刺激する。
「あぅっ、そ、そんな……」
舌を伸ばさずにはいられなかった。健太は不器用ながら、舌先に力を集中し、濡れそぼる裂口にめり込ませていた。
「はぁん……あああっ、そ、それ……」
頭上から降る、留美子の喘ぎ声がたまらない。

その舌を健太に見せつけるように震わせると、おもむろにうつむき、舌先で肉棒の先端に触れる

「あうっ、留美子さん……。僕、留美子さんのおっぱい見ながら、そこ擦られたなら、ま、また、出ちゃう……」
「いいわよ。何度でも出していいの。だって、それだけこの私に感じてくれてるって証ですもの……。ふふっ……。タオルで拭き取る前に、おちん×んの雫、私の舌で吸い取ってあげようかしら……」
少し厚めのぽってりとした唇から放たれる言葉はどこまでも淫猥だった。留美子は健太を見上げながら、手のひらに鋼棒を乗せると、蠢動する先端部分に唇を近づけ、長い舌を出す。その舌を健太に見せつけるように震わせると、おもむろにうつむき、舌先で肉棒の先端に触れる。
(留美子さん、見えやすいようにわざと体を離して……)
留美子がつくった二人の体の隙間から、卑猥な行為が余すところなく見える。それだけではない。少し開き気味にしゃがんでいる股間も丸見えで、濡れたままの淫毛が肉土手のほうに枝垂れ、あの魅惑的な秘唇に絡まるようにへばり付いているのが見て取れた。

その全体が、留美子の割れ目に蓋をするように覆い、そのままゆっくりと上下に動き、舌先が溢れ出る淫蜜を掬いあげている

「る、留美子さん……。蜜が凄い……。いくら飲んでも、次々に奥から溢れて……」
「ああ、そうよ……。その蜜は、健太くんのおちん×んを迎えにきているのよ……。あああ、健太くんのお口、私のお汁を啜っているのね。あああ、お上手よ。ああ、荒々しくて、とても素敵……。で、でも、もう……」
健太は留美子の意図を悟ったようだった。舌の動きが弱まる。だが、荒々しさが消えたぶん、舌の使い方がていねいになり、留美子の愉悦を増幅させる。
「ああん、舌全体で、割れ目のすべてを覆われて、ああ……いるようだわ……」
健太の舌は大きく分厚い。その全体が、留美子の割れ目に蓋をするように覆い、そのままゆっくりと上下に動き、舌先が溢れ出る淫蜜を掬いあげている。
(ああん、いい……。そんな舌の使い方……健太くん、あなた、本当にはじめてなの?)
そうした疑念がわき上がるほどに、ゆっくりとナメクジのように割れ目を這う健太の舌の動きは、留美子の真新しい官能を掘り起こす。

お尻の孔、何かの花のつぼみみたい……

「お尻の孔、何かの花のつぼみみたい……。ううん、フジツボみたい……」
「ああっ、イヤぁ……フジツボ、だなんて……」
留美子自身、岩肌に貼りついているフジツボを思い浮かべていた。いまは食材として持て囃されているが、少し前までは見向きもされない海辺の生き物だった。
(お尻の孔ですもの……。たしかにそうね。以前は口にしなかったけど、いまは男女の交わりには欠かせない、食材……)
「る。留美子さん……びらびらの大小が四枚、まるで、意思があるようにそれぞれに、あああ、動いてます……」
「ああん、もう、よして……。言葉はもう、いらないの……。ねぇ、健太くん、早く、初体験、済ませましょう……。女の体のお勉強は、その後に一晩じっくり、させてあげるから……。さぁ、私に恥を掻かせてばかりいないで、あああ、もう、その硬いおちん×ん、留美子のおま×こに突き立ててみて……」
催促に欲情したのか、尻の割れ目を拡げていた健太の両手の指に力が込められた。
「あひぃーーーっ」
尻の割れ目を拡げられた状態で、グィッと力が加わり、引き寄せられた。
「ああん、つ、強すぎる……」
思わず尻の筋肉に力を込めたが、肛孔のあたりにぬめっと舌を感じた瞬間、留美子の下半身からすべての力が抜け

ねぇ、もう、留美子のおま×こに、挿してみようか……

留美子はまだぬめりを長茎に纏わりつかせたままの肉棒を繁々と見つめる。初物だった。隆々とし、下腹を打つような勢いで上下に忙しなく動く肉棒に再び手を添える。
「ああ、硬い……。健太くん、一度ミルク出しちゃったから、ねぇ、もう、留美子のおま×こに、挿してみようか……」

る、留美子さんが、僕の精液を、の、呑んでる……

「ああ、ご、ごめんなさい……。僕、我慢できなくて……」
「ううん、いいのよ。私、健太くんがこんなに感じて、ううっ、いっぱい、ミルクをお口に出してくれたことが、とても、嬉しい……」
スムーズには嚥下できない量だった。勢いも亡夫の比ではない。呑み残した若汁が、口内に収まり切らず、口角から垂れ落ちそうになる。留美子はそれを長い舌を出して舐めとる。
「る、留美子さんが、僕の精液を、の、呑んでる……」
「うふっ、そうよ……。私、楽しみだったの。正直に言うとねぇ、最初はお口で、健太くんのエキスを頂こうと決めていたの……」
「ああ、そんなこと言われたら、僕……」

そうよ。留美子の、この重たいおっぱいで、健太くんのおちん×ん、うふ、扱いてるの……。

(凄いわ……。ああ、こんなにも逞しいなんて……)
留美子は無意識に、肉棒に触れている肉乳を上下に揺り動かしていた。
「あうぅ、る、留美子さん……そ、それって……」
「そうよ。留美子の、この重たいおっぱいで、健太くんのおちん×ん、うふ、扱いてるの……。気持ち、いいかしら、健太くん……」
「ああ、はい……。ぼ、僕、それだけで、ああ、こ、困ります……」