二枚の舌が健太の口内で表面をべったりと合わせ、音を立ててすり合わせていた

(ああん、素敵……。ママ、うんと、いやらしくなりそうよ……健太ちゃん……)
二枚の舌が健太の口内で表面をべったりと合わせ、音を立ててすり合わせていた。
(大きくて、分厚い舌……。ああん、美味しい……。健太ちゃんって、何もかもが、大きい)
依然として肉棒がやわ肌に食い込んでいた。
(いまの私、とても、いやらしい……。健太ちゃんの舌、まるで、お魔羅のように、喰べている……。ああ、なんて淫らなの……)
由美は健太の舌先を貪っていた。時折、舌の裏側をずるずると舐め上げ、巧みに動き回る由美の舌は、健太の口中粘膜を根こそぎ削り取るように、吸い付いたまま移動する。
(健太ちゃんの昂ぶりが、あああ、分かる……)
由美の舌が口内を隈なく弄うごとに、肉棒が激しく反応する。先端から垂れる我慢汁が、由美の肌をぬるぬるにする。
(ああ、欲しく、なる……。私、健太ちゃんが息子でなかったなら、もう、この逞しいお魔羅、自ら、挿し込んでいる……)
理性が麻痺しそうだった。いや、すでに麻痺している。それでなければ、義理の息子と義母が、お互いの舌を弄り合ったりなどできない。

上半身を起こしかけていた健太が、由美の舌を口内に受け入れたままにベッドに倒れ込む

「ママが好きなキスはねぇ、舌全体を使う、キスなの……。舌先だけじゃなく、舌の表面全体をお互いに擦り合わせたり、舌がちぎれるぐらいに、ゆっくりと吸い求めたり、そして、唾液を交換して、お互いに飲み合うようなキス……」
「凄いよ、ママ……。ねぇ、ママ、ママとは本当のセックスはしないまでも、毎晩、ママと一緒に寝て、今日のようにしていいの?」
(ああ、この子ったら、毎晩、こんな素敵な攻め方をされたなら、私のほうが我慢できなくなっちゃう……)
そう危惧しながらも、由美は「ええ、いいわよ」と甘い声で応え、開いた健太の口中に唇を挿し込んでいた。上半身を起こしかけていた健太が、由美の舌を口内に受け入れたままにベッドに倒れ込む。
(ああっ、この匂い……)
舌を絡め合いながら、強烈な性臭にむせ返りそうだった。目の端に、ついさっきまで、健太の肉棒を包んでいた、極薄のパンティが見えていた。
(す、凄い……。あああっ、健太ちゃん、ママのそのパンティに、何度、ミルクを放ったのかしら……。ああ、頭が、くらくらしてくる……)
教えるはずのキスがおろそかになるほど、視界に入った汚れたパンティに目を奪われる。すでに幾層にも種汁が染み入り、ごわごわした部分と、まだ湿っているような箇所が見て取れる。
(ああ

本当?ママ、僕のち×ぽ、そのママのいやらしい口で咥えてくれたりするの?

「ああ、ママ、ママの唇と舌が、耳に触れるだけで、僕、気が遠くなるほどに、気持ちいい……。ああ、ママって、やっぱり最高だよ……。ぼ、僕、早く、ママと一つになりたい……」
「あうん、それはママも同じよ。でもねぇ、よく聞いて、健太ちゃん……。ママと健太ちゃんは親子なの……。親と子との交わりは、いくらこの島の変な祭りの風習でも、許されてはいないの……」
「ええっ!?……そんな……」
「分かるわ、健太ちゃんの気持ちは……。ママだってそうなのよ。ママも健太ちゃんと一つになりたい……。でも、無理なの……」
「ああ、イヤだよ、そんな……」
「駄々を捏ねないで聞いて、健太ちゃん……」
由美の舌先が、再び健太の耳朶を舐めしゃぶる。耳の孔にまで舌先が潜る。そのたびに健太の体が大きく痙攣し、由美の下腹に押し付けられていた若々しい巨大な肉棒が力を漲らせて蠢く。
(ああん、す、凄い……。健太ちゃんも堪えられないでしょうけれど、こんな凄いお魔羅を見て、下腹に押し付けられたなら、私のような三十路半ばの女が、挿し込まれるのを我慢するのって、生き地獄そのもの……。ああ、ママも、欲しい……)
理性が辛うじて利いているものの、体はすぐに反応し、下腹のやわ肉に突き挿さる肉棒を刺激するように、由美の下半身が円

義母由美の豊満な体が、若い力に惹き込まれ、筋肉質の胸に豊かな肉乳が擦りつけられる

「ママ、は、早く……。僕、もう、待てないよ……。焦らさないで、ママ……」
逞しい腕が不意に伸びてきて、引き寄せられる。義母由美の豊満な体が、若い力に惹き込まれ、筋肉質の胸に豊かな肉乳が擦りつけられる。
「ああ、ママと、キス、したい……」
声と同時に健太の唇が迫ってくる。躱しようがなかった。ぬちゃっと二つの唇がぶつかる音が響き、由美は力強い健太の舌先に、柔らかい唇をこじ開けられていた。
(ああん、健太ちゃんにキスされている……。ああっ、母親なのに、私、息子の舌を口中に挿しこまれているぅ……)
健太の舌は乱暴だった。由美の口中全体に這い回り、舌を吸われるのはむろん、歯の裏側や歯茎、それに喉奥にまで力強い舌が攻め入ってくる。
(健太ちゃん、イヤだぁ、こんなキス……。ああん、これも留美子さんが……)
再び嫉妬心が燃え盛る。自然に対抗意識が芽生える。
(キスぐらい、何よ。私たちは交われないけれど、その代わり、あそこ以外のすべてを駆使して、健太ちゃんを悦ばせてあげる……。留美子さんとのことなど、私の体で、忘れさせてあげる……。さぁ、健太ちゃん、そんなキスじゃ、イヤ……。私が教えてあげる……)
由美は自ら舌を蠢かし始めた。乱暴に動き回る健太の舌に、由美の舌先がブレー

いきり勃つ肉棒が留美子のやわ肌に食い込む

「うん。僕、早く、留美子さんの体の隅々まで見てみたい……」
「ああ、恥ずかしい……でも、約束だから、いいわよ。そのかわり、私も健太くんの体、じっくり見るんだから」
健太は留美子の手を引いて立ち上がらせた。留美子と正対する。自然にお互いが体を寄せ合い、背に両手を回すと唇を求める。いきり勃つ肉棒が留美子のやわ肌に食い込む。それを感じた留美子は意識的にやわ肉で肉棒を刺激し、口内に挿し込まれている健太の舌に舌を絡め、溢れる唾液を啜ってくる。

健太に振り返りながら、留美子の手が健太の股間に伸びてくる

「はぁぁーーっ、健太くん……あなた、悪い子ね……。はじめてなのに、こんなおばさんをだらしなくしちゃうなんて……」
「そ、そんな……。それより、僕、もう一度、留美子さんと、セックスしたい……」
「えっ!?もう……」
うつろな眼差しだった留美子の目が開き、健太に振り返りながら、留美子の手が健太の股間に伸びてくる。
「まぁ、凄いのね、健太くん……。たったいま、ううん、お口の中とあそこで、あなた、二度もあんなにいっぱいミルクを出したのに、もう、こんなだなんて……」
留美子の手の中で、肉棒が嘶いていた。二度放っていても、萎えるどころかさらに肉棒のすべてが充実していた。留美子は華奢な手にはとうてい収まり切らない充実感に吐息を吐いた。健太はたまらず、湯に濡れたほつれ毛が乱れたままに貼りつくうなじに、唇を押しつけていた。

左手を肉棒に絡ませた状態で爪先立ち、右手を健太の首に巻き付けて、唇を求めていく

「まぁ、健太くんったら……。恥ずかしいでしょう、そんなこと……」
留美子はそう言いつつ、肉棒を手にしたままに立ち上がる。左手を肉棒に絡ませた状態で爪先立ち、右手を健太の首に巻き付けて、唇を求めていく。
(この子、学習能力が高いわ……)
唇を押しつけただけで、留美子の思いを察し、健太は口を開くと、吸い込むように留美子の舌を口中に迎え入れていた。
(ああ、硬くて、熱いのが、肌にめり込みそう……)
密着し、舌を絡め合うことでより刺激された肉棒が、容積を増し、ぐいぐいと留美子のやわ肌を刺激してくる。激しく脈打っていた。留美子は舌の表面全体を擦り合わせるようなキスを強要していた。

硬く、長大な肉の棒が、留美子の下腹のやわ肉に突き刺さるような勢いで、ヒクついていた

(あっ、健太くんのお魔羅が……)
それは信じられない勢いだった。硬く、長大な肉の棒が、留美子の下腹のやわ肉に突き刺さるような勢いで、ヒクついていた。
(ああ、お魔羅の先から、先走りのお汁が湧いている……)
下腹を濡らす先走り汁を、自ら腰を回して周囲の肌に擦りつける。
「ああ、そ、そんな……」
その刺激に女のように身悶えする健太をさらに強く抱きしめながら、留美子は健太の口中に挿し入れた舌で、戸惑っているような健太の舌に絡み、ねっとりと吸う。
その直後のことだった。
「あぅっ、健太くん……」
「る、留美子さん、ぼ、僕……」
留美子の下腹に揉まれていた肉棒が激しく嘶いたと感じた瞬間、生温かい液体が噴出し、それは瞬く間に留美子の下腹全体をぬるぬる状態にしていた。

健太くん、隠さないで……。今度は私に健太くんのおちん×ん、よく見せて……

(凄い、健太くん……)
留美子は両手で隠されたままに目の前に出た健太の股間を見て、息を呑む。健太の大きな手でさえ隠し切れない逸物だった。口内に唾が湧く。それを健太に気づかれないように嚥下しながら、留美子の目は健太の股間に注がれたままだった。
「健太くん、隠さないで……。今度は私に健太くんのおちん×ん、よく見せて……」
困惑気に見つめてくる健太の頬を両手で包み込み、留美子は男好きのする唇を健太の唇に押し付けていた。
(健太くん、本当に未体験なのね……)
一気に昂ぶる健太の様子が直に伝わってくる。本能がそうさせるのだろう。留美子にキスされた瞬間、条件反射のように、股間を隠していた両手が留美子の背に回され、闇雲に唇を吸ってくる。健太の腰に手を回した留美子は、自ら健太の腰を引き寄せて、舌で唇をこじ開けて、その口内に自在に動く舌を滑り込ませていた。

臀の割れ目を腕に擦りつけるようにして手首を返し、ぴんと立たせた中指で、やわらかな肉帳を割ったのだ

惜しげもなく裸身を晒し並び立つ二人を、俊輔は両腕に抱き寄せた。
「あん!」
「はん……」
バイトで鍛えた広い胸板に、華奢な女体が溺れる。
首をぐっと折り曲げ、交互に朱唇を掠め取った。
薄い肩を腋の下に抱え込むようにして、グイッと腕を伸ばし、二つの股間に背後から潜り込ませる。
「ああん!」
「ああん!」
抱きしめたときと同様、二つの唇から悩ましい嬌声が漏れた。臀の割れ目を腕に擦りつけるようにして手首を返し、ぴんと立たせた中指で、やわらかな肉帳を割ったのだ。