臀の割れ目を腕に擦りつけるようにして手首を返し、ぴんと立たせた中指で、やわらかな肉帳を割ったのだ

惜しげもなく裸身を晒し並び立つ二人を、俊輔は両腕に抱き寄せた。
「あん!」
「はん……」
バイトで鍛えた広い胸板に、華奢な女体が溺れる。
首をぐっと折り曲げ、交互に朱唇を掠め取った。
薄い肩を腋の下に抱え込むようにして、グイッと腕を伸ばし、二つの股間に背後から潜り込ませる。
「ああん!」
「ああん!」
抱きしめたときと同様、二つの唇から悩ましい嬌声が漏れた。臀の割れ目を腕に擦りつけるようにして手首を返し、ぴんと立たせた中指で、やわらかな肉帳を割ったのだ。

白い首筋は、途方もなく滑らかで、寧々の汗と体臭が口いっぱいに広がった

小鼻から漏れたシルキーな声は、瞬時に俊輔を悩殺した。ぶるるっと震えた女体を、掌でさするようにして、そのまま腰部にまで下げていく。同時に、唇を、繊細としか表現しようのない首筋に運んだ。白い首筋は、途方もなく滑らかで、寧々の汗と体臭が口いっぱいに広がった。それが甘く感じられるのは、匂いに影響されたものだろう。剥き出しの首筋や肩、鎖骨にキスを浴びせ、いよいよ本格的な責めに移ろうと、女体を抱きしめたままゆっくりと布団の上に倒れ込んだ。俊輔としては、スマートに事を運んだつもりだが、意外な勢いで羽毛布団のクッションにぼふんと着地した。

顔中を唇に摘み取られ、どうしていいのか判らないのだろう

顔中を唇に摘み取られ、どうしていいのか判らないのだろう。寧々の細腕が、がむしゃらに首筋のあたりに回された。胸板にあたる豊かな弾力が、瞼の裏に強く焼きつけてある魅惑のフォルムと重なった。しがみつく細腕をそのままに、自由な両手をその胸元へと運んだ。

舌先でれろれろとくすぐりながら、寧々の舌を口腔に押し戻すようにして、そのまま自分も挿し入れた

「むふんっ……はふっ……ちゅちゅっ、れろん……ふぬぅ……ほふぅ」
ねっとりふっくらやわらかい舌粘膜は、寧々の膣肉を連想させてくれる。妄想を逞しくさせた俊輔は、彼女の口腔を貪るように舐め啜った。
「舌を……僕に預けて……突きだすようにして……そう」
差し出された紅い粘膜を、唇で挟み込み、やさしくしごく。舌先でれろれろとくすぐりながら、寧々の舌を口腔に押し戻すようにして、そのまま自分も挿し入れた。
生温かい口の中で、舌と舌をみっしり絡めあう。
どれくらい唇を重ねあっていたのだろう。幾度舌を絡め合ったのか。情熱的なキスに、互いの心まで蕩けさせ、ひとつに混ざり合っていく。

その窄めた唇を、きゅっと挟むようにして、二度三度押し付けてから、やわらかな線を描く細眉にその範囲を広げた

シルキーな声質が、真似をする。その窄めた唇を、きゅっと挟むようにして、二度三度押し付けてから、やわらかな線を描く細眉にその範囲を広げた。
「怖がらないでね。大丈夫だからね……」
息継ぎの合間にやさしく囁き、再び唇をあてがう。くっきりした二重瞼にチュッと触れ、その薄い皮膚をやわらかく摘む。
「うぷぷぷぷ……ああん、くすぐったいですぅ」

ふわりとした唇は、まるでソフトクリームのようなやわらかさ。それでいてぷるんと瑞々しく反発してくる

もう一度、やさしくその名を囁き、朱唇を奪った。
ふわりとした唇は、まるでソフトクリームのようなやわらかさ。それでいてぷるんと瑞々しく反発してくる。
(ああ、天女さまと口づけしてる。なんてふわふわして甘い唇なんだ!)
思えば、寧々と唇を重ねるのは、これが初めてだった。

触れた瞬間に、すーっと溶けてなくなるのではと思われるほどの柔唇だ

重ね合わせた唇のふわっとした感触に、またしても全身にびりりと電流が走った。
(うわああっ……やっぱ唇あまっ!しっとりふんわりやわらかいしっ)
何度味わっても、飽きることのない朱唇。触れた瞬間に、すーっと溶けてなくなるのではと思われるほどの柔唇だ。
短いキスを繰り返した後、今度はぶちゅぅっと長い口づけ。途中何度も息継ぎをして、互いの存在を確かめあう。すぐにそれだけでは物足りなくなり、寧々の朱唇を割って、舌を侵入させた。

薄い割にぷるるんとした朱唇に、同じ器官を重ねた途端、ばちんと電流が走り脳内で爆ぜた

間近に来た千夏の唇を求め、顔を寄せる。薄い割にぷるるんとした朱唇に、同じ器官を重ねた途端、ばちんと電流が走り脳内で爆ぜた。同様の現象が千夏にも起きたらしく、やわらかい両腕を首筋に回してきた。迎えに来たやわらかい花びらが、俊輔の口をやさしく覆った。
「ぬふっ、んくっ、し、俊輔さ……んっ、んんっ」
あえかに開いた口腔に舌を挿し入れ、思う存分舐め啜る。歯茎や頬の裏をくすぐり、上顎の裏をほじる。淫靡な粘着質の音を千夏の頭蓋に響かせ、まるで脳味噌を舐め尽くすようにして口腔を貪った。

マッシブな女体が真正面に対峙して、胸板にぶにゅんと乳房が押し付けられた

ふいに深佳の美貌が、俊輔の顔の至近距離にまで近づいた。マッシブな女体が真正面に対峙して、胸板にぶにゅんと乳房が押し付けられた。
花びらのようなどぎまぎするほど美しい唇が、俊輔の同じ器官にゆっくりと重ねられる。思わずビクンと身体を震わせると、ぽってりとした唇の感触を味わわせようとするかのように、やわらかく押し付けてくる。