健太に振り返りながら、留美子の手が健太の股間に伸びてくる

「はぁぁーーっ、健太くん……あなた、悪い子ね……。はじめてなのに、こんなおばさんをだらしなくしちゃうなんて……」
「そ、そんな……。それより、僕、もう一度、留美子さんと、セックスしたい……」
「えっ!?もう……」
うつろな眼差しだった留美子の目が開き、健太に振り返りながら、留美子の手が健太の股間に伸びてくる。
「まぁ、凄いのね、健太くん……。たったいま、ううん、お口の中とあそこで、あなた、二度もあんなにいっぱいミルクを出したのに、もう、こんなだなんて……」
留美子の手の中で、肉棒が嘶いていた。二度放っていても、萎えるどころかさらに肉棒のすべてが充実していた。留美子は華奢な手にはとうてい収まり切らない充実感に吐息を吐いた。健太はたまらず、湯に濡れたほつれ毛が乱れたままに貼りつくうなじに、唇を押しつけていた。

左手を肉棒に絡ませた状態で爪先立ち、右手を健太の首に巻き付けて、唇を求めていく

「まぁ、健太くんったら……。恥ずかしいでしょう、そんなこと……」
留美子はそう言いつつ、肉棒を手にしたままに立ち上がる。左手を肉棒に絡ませた状態で爪先立ち、右手を健太の首に巻き付けて、唇を求めていく。
(この子、学習能力が高いわ……)
唇を押しつけただけで、留美子の思いを察し、健太は口を開くと、吸い込むように留美子の舌を口中に迎え入れていた。
(ああ、硬くて、熱いのが、肌にめり込みそう……)
密着し、舌を絡め合うことでより刺激された肉棒が、容積を増し、ぐいぐいと留美子のやわ肌を刺激してくる。激しく脈打っていた。留美子は舌の表面全体を擦り合わせるようなキスを強要していた。

硬く、長大な肉の棒が、留美子の下腹のやわ肉に突き刺さるような勢いで、ヒクついていた

(あっ、健太くんのお魔羅が……)
それは信じられない勢いだった。硬く、長大な肉の棒が、留美子の下腹のやわ肉に突き刺さるような勢いで、ヒクついていた。
(ああ、お魔羅の先から、先走りのお汁が湧いている……)
下腹を濡らす先走り汁を、自ら腰を回して周囲の肌に擦りつける。
「ああ、そ、そんな……」
その刺激に女のように身悶えする健太をさらに強く抱きしめながら、留美子は健太の口中に挿し入れた舌で、戸惑っているような健太の舌に絡み、ねっとりと吸う。
その直後のことだった。
「あぅっ、健太くん……」
「る、留美子さん、ぼ、僕……」
留美子の下腹に揉まれていた肉棒が激しく嘶いたと感じた瞬間、生温かい液体が噴出し、それは瞬く間に留美子の下腹全体をぬるぬる状態にしていた。

健太くん、隠さないで……。今度は私に健太くんのおちん×ん、よく見せて……

(凄い、健太くん……)
留美子は両手で隠されたままに目の前に出た健太の股間を見て、息を呑む。健太の大きな手でさえ隠し切れない逸物だった。口内に唾が湧く。それを健太に気づかれないように嚥下しながら、留美子の目は健太の股間に注がれたままだった。
「健太くん、隠さないで……。今度は私に健太くんのおちん×ん、よく見せて……」
困惑気に見つめてくる健太の頬を両手で包み込み、留美子は男好きのする唇を健太の唇に押し付けていた。
(健太くん、本当に未体験なのね……)
一気に昂ぶる健太の様子が直に伝わってくる。本能がそうさせるのだろう。留美子にキスされた瞬間、条件反射のように、股間を隠していた両手が留美子の背に回され、闇雲に唇を吸ってくる。健太の腰に手を回した留美子は、自ら健太の腰を引き寄せて、舌で唇をこじ開けて、その口内に自在に動く舌を滑り込ませていた。

臀の割れ目を腕に擦りつけるようにして手首を返し、ぴんと立たせた中指で、やわらかな肉帳を割ったのだ

惜しげもなく裸身を晒し並び立つ二人を、俊輔は両腕に抱き寄せた。
「あん!」
「はん……」
バイトで鍛えた広い胸板に、華奢な女体が溺れる。
首をぐっと折り曲げ、交互に朱唇を掠め取った。
薄い肩を腋の下に抱え込むようにして、グイッと腕を伸ばし、二つの股間に背後から潜り込ませる。
「ああん!」
「ああん!」
抱きしめたときと同様、二つの唇から悩ましい嬌声が漏れた。臀の割れ目を腕に擦りつけるようにして手首を返し、ぴんと立たせた中指で、やわらかな肉帳を割ったのだ。

白い首筋は、途方もなく滑らかで、寧々の汗と体臭が口いっぱいに広がった

小鼻から漏れたシルキーな声は、瞬時に俊輔を悩殺した。ぶるるっと震えた女体を、掌でさするようにして、そのまま腰部にまで下げていく。同時に、唇を、繊細としか表現しようのない首筋に運んだ。白い首筋は、途方もなく滑らかで、寧々の汗と体臭が口いっぱいに広がった。それが甘く感じられるのは、匂いに影響されたものだろう。剥き出しの首筋や肩、鎖骨にキスを浴びせ、いよいよ本格的な責めに移ろうと、女体を抱きしめたままゆっくりと布団の上に倒れ込んだ。俊輔としては、スマートに事を運んだつもりだが、意外な勢いで羽毛布団のクッションにぼふんと着地した。

顔中を唇に摘み取られ、どうしていいのか判らないのだろう

顔中を唇に摘み取られ、どうしていいのか判らないのだろう。寧々の細腕が、がむしゃらに首筋のあたりに回された。胸板にあたる豊かな弾力が、瞼の裏に強く焼きつけてある魅惑のフォルムと重なった。しがみつく細腕をそのままに、自由な両手をその胸元へと運んだ。

舌先でれろれろとくすぐりながら、寧々の舌を口腔に押し戻すようにして、そのまま自分も挿し入れた

「むふんっ……はふっ……ちゅちゅっ、れろん……ふぬぅ……ほふぅ」
ねっとりふっくらやわらかい舌粘膜は、寧々の膣肉を連想させてくれる。妄想を逞しくさせた俊輔は、彼女の口腔を貪るように舐め啜った。
「舌を……僕に預けて……突きだすようにして……そう」
差し出された紅い粘膜を、唇で挟み込み、やさしくしごく。舌先でれろれろとくすぐりながら、寧々の舌を口腔に押し戻すようにして、そのまま自分も挿し入れた。
生温かい口の中で、舌と舌をみっしり絡めあう。
どれくらい唇を重ねあっていたのだろう。幾度舌を絡め合ったのか。情熱的なキスに、互いの心まで蕩けさせ、ひとつに混ざり合っていく。

その窄めた唇を、きゅっと挟むようにして、二度三度押し付けてから、やわらかな線を描く細眉にその範囲を広げた

シルキーな声質が、真似をする。その窄めた唇を、きゅっと挟むようにして、二度三度押し付けてから、やわらかな線を描く細眉にその範囲を広げた。
「怖がらないでね。大丈夫だからね……」
息継ぎの合間にやさしく囁き、再び唇をあてがう。くっきりした二重瞼にチュッと触れ、その薄い皮膚をやわらかく摘む。
「うぷぷぷぷ……ああん、くすぐったいですぅ」