留美子はさらに大きく口を開け、どうにか極限にまで膨らんだ肉棒の先端を口中に呑み込んだ

(お、大っきい……。うううっ、口に入りきらない……。でも……)
留美子はさらに大きく口を開け、どうにか極限にまで膨らんだ肉棒の先端を口中に呑み込んだ。肉棒が没して、新たな刺激を加えられると、一気に容積が増した。
「あああーーーーっ。る、留美子さん……ぼ、僕、も、もう……」
健太の腰が小刻みに震えた。両足の筋肉が盛り上がる。
(来るのね、健太くん……。凄いミルクを、あなたはこの私のお口の中に、注ぎ込もうとしているのね)
そんなことを想像し、ますます股間を濡らす留美子は、健太の指に髪を掻き毟られながら、もうすぐ放たれるはずの若い精ミルクを舌で受けようと、神経を目の前の肉棒に集中させる。
「あはっ、で、出るよ。留美子さん……」
声と同時だった。健太は一際尻を激しく振ると、喉奥にまで肉棒を突き刺したままに、若い種汁を放ちはじめていた。
(ひぃぃぃーーーっ、凄い……。あああ、口の中に、健太くんの精液が、あああ、溢れる……)
肉棒の先端の孔が大きく開き、礫のような勢いの若い精ミルクが、大きく開いて健太の肉棒を咥えている口内に注がれはじめた。

伸ばした舌先が亀頭に絡まる。唾液が自然に湧き出て、舌の滑りをよくする

(いくわよ、健太くん……)
留美子は目の前の肉棒に無言で語りかけ、長い舌を出し、舌先をもう一度、肉棒の先端に押し付けた。
(ああ、久しぶりだからかしら。とても美味しい……。ううっ、味が濃いわ……)
無味のはずの先走り汁が殊のほか美味に感じられる。
(ああ、私、もう、ぐしょぐしょ……。イヤだぁ、太ももをすり合わせただけで、いやらしい音が……。どうしよう……健太くんにも聞こえているかも……)
生じた羞恥心が、留美子の行動を煽った。伸ばした舌先が亀頭に絡まる。唾液が自然に湧き出て、舌の滑りをよくする。
「あああっ、留美子さん……」
(健太くん、もうイキそうなのね……。いいわ。舐めたりしゃぶったりは、この後いっぱいしてあげる……。いいのよ。好きなときに好きなだけ、留美子のお口にしぶかせて……)
留美子の舌が亀頭に纏わりついて何度も跳ねる。そのたびに、歓喜にくぐもった健太の声が頭上から降ってくる。健太の手が留美子の頭を押さえ、十本の指が乱暴に留美子の髪を掻き毟る。それに刺激され、留美子は舌でのもてなしから変化し、すぐに大口を開けて口中にいきり勃った肉棒を呑み込もうとしていた。