お陰で、股の力に遮られることもなく、ぷっくらとした恥丘を占拠することに成功した

寧々は敏感肌の持ち主らしく、あちこちから沸き起こる性感に早くも対応しきれずにいる。首筋から鎖骨にかけてをべとべとになるほど、舐めしゃぶり、唇でくすぐってやると、ひたすら呻き、びくんびくんと震えている。しかも、手指の動きにまで気が回らなくなり、お陰で、股の力に遮られることもなく、ぷっくらとした恥丘を占拠することに成功した。