乳房ばかりか、あかりのたっぷりと開いた股間までが、広海の背中から腰に押しつけられている

ときおり声が途切れるのは、あかりの唇が背後から広海の肩口やうなじに押しつけられ、キスのような、軽く歯を立てる愛撫を繰り返しているからだ。乳房ばかりか、あかりのたっぷりと開いた股間までが、広海の背中から腰に押しつけられている。
泡のぬめりも借りて、あかりが腰をもどかしく動かすと、密着した肉裂までが擦れてあかり自身に快美をもたらしていく。まるで、あかりが広海の肉棒を擦りながら自らもオナニーしているようだ。