「ああん、凄い……。健太ちゃん、また、一回り、大きく、硬くなって……」 脳裏に浮かんだ、義母と留美子の淫唇を思い出すことにより、肉棒はさらに隆々と聳え立つ。咲枝は嬉々として、扱く手の動きを速くする。 …

指先を窄め、最後に乳首をきゅっと摘みあげる

      

「ああ、ダメですぅっ、これ以上敏感にさせちゃいやぁっ」 下乳に辿りついた手指を、その根元からツンと尖った頂点まで、ずずずずずっとなぞりあげる。指先を窄め、最後に乳首をきゅっと摘みあげる。途端に、ロケッ…

あん、そんなにモミモミしないでくださいぃ

      

「あん、そんなにモミモミしないでくださいぃ……」 きゅっきゅっと揉むたびに、乳肌がハリを増していくのがたまらない。小ぶりだった薄紅色の乳首がむっくりとせり出し、掌の中で堅さを帯びた。 「千夏さんのおっ…