梅崎は破けよとばかりに珠実の肛穴をほじくりかえし、乳首を指間にいびりつぶす

梅崎は破けよとばかりに珠実の肛穴をほじくりかえし、乳首を指間にいびりつぶす。
「ひいいいーっ!」
「くそっ。どうせわかってやもらえんのでしょうな。あなたみたいな容姿も才能も満ち足りたおかたには。ええ、結構ですよ。その分、せめて今夜ぐらいはたっぷりと鬱憤晴らしをさせてもらいましょうかね」
珠実は唇を噛んでいる。梅崎の魔指を呑んだ尻が口惜しそうにクイッと震えた。
肛穴と乳首を休みなく責め嬲りつつ、ほかの女たちのほうへとふと目を遊ばせてみた。

右手で尻肌を撫でまわし、左手では小ぶりな乳房の感触を楽しんでいく

ビデオ映像をくっきり瞼に描きつつ、梅崎は右手で尻肌を撫でまわし、左手では小ぶりな乳房の感触を楽しんでいく。珠実に相応しいコリッと硬くて密度の格別に濃い乳首が、手の腹にコリコリッと当たる。身悶えたくなるほど心地よい。指と指とに乳首をつまみ、イビイビといびりまわす。期せずして「イヤああっ」とあがった悲鳴すら、梅崎の興奮を後押しした。この手で珠実の反応を引きだしてやったという紛れもない現実が、いまの彼にはたまらないのである。
ピチピチとした若鮎を彷彿とさせる肉体に、梅崎は歓喜を抑えられない。思いきって通いはじめたプールで、初日から羨望の眼差しを向けてきた珠実だ。贅肉一つないボディにキビキビと小気味よい所作、さらには水面を滑るように突き進んでいく華麗な泳ぎっぷりと、どこからどこまでも非の打ち所がない。容易に人を寄せつけぬ雰囲気も、羨望に輪をかけた。
その珠実が、自分の為すがままに裸身をひくつかせている。この夜の宴に誘ってくれた奥寺に対してのみならず、かつて痴漢と誤解された不幸に対してさえ、いまや梅崎は感謝の念を抱いている。

上へ下へ、下から上へと、ふくよかな乳肉がちぎれんばかりの勢いでバウンドする

村松はひとしきり揉みまわし、息が切れるまで吸いまわしたのち、ひろげた掌に量感たっぷりの乳房を乗せ、下からタプタプと揺らしだした。揺らせば揺らすほどに、次第に振幅は大きくなった。上へ下へ、下から上へと、ふくよかな乳肉がちぎれんばかりの勢いでバウンドする。
悪辣な男の好き放題に揺らされ、弾まされる乳房が情けなくてならない。増して合間に乳首をクリクリと指先でいびられると、針で刺されたようなかすかな痛みが生じ、次に微悦へと転化していくのだ。為すがままにいたぶられるみずからの乳房を、靖代は悲嘆とともにただ見守るばかりである。

乳首が吸われ、噛まれ、転がされる。が、暴虐的に扱われたかと思えば、舌先でチロチロと小突いてきたりもする。

「ひいいいっ!」
靖代は羽交い締めの裸身を硬直させた。
村松の乳吸いは右を吸えば左、左を吸っては右と絶え間なくつづく。乳首が吸われ、噛まれ、転がされる。が、暴虐的に扱われたかと思えば、舌先でチロチロと小突いてきたりもする。勘所を押さえた乳嬲りは、村松の豊富な女性経験を想像させた。
こんな男に自分はつけ狙われてしまったのか、と靖代は畏怖した。呼吸をとめて体感を押しとどめようとする。しかし敏感な乳首を苛まれると吐息がもれ、全身がこそばゆくなるのを感じた。

爪で弾くように乳首を転がしていく

「やめてっ。やめてよっ」
胸を揺らして逃れようとしたが、しつこい指は離れない。爪で弾くように乳首を転がしていく。鋭利な快感は背筋を伝って身体の隅々まで走った。歯を食いしばっても、甘い刺激を休みなく与えられては、恥ずかしい悶え声がどうしてももれてしまう。歯を食いしばっている分、悶え声はいっそうの切迫感を伴って器材庫の空気を震わせる。

濃紺の布地ではさほど乳首の存在は目立たぬはずだが、やはり突起したものは隠せない

奥寺の両手が乳房に伸びてきて、珠実は身を竦ませた。
固い乳首が布地をピュンッと突きあげている。濃紺の布地ではさほど乳首の存在は目立たぬはずだが、やはり突起したものは隠せない。魔指が左右の乳首を捕らえた。水着の上から爪の先でクリクリと転がされる。水着越しで転がされると、不思議と感覚が鋭敏になるのが呪わしい。鋭利な快感が湧き起こり、つい身体を硬くしてしまう。

その乳首を、無慈悲にも奥寺はつまんでひねりあげた

抵抗の気力が萎えた頃、ようやく乳首は解放された。薄目を開けると、かわいそうに乳首は凌辱者の唾液にまみれ、ぽってりと腫れている。
その乳首を、無慈悲にも奥寺はつまんでひねりあげた。
「あひいいいいっ!」
瞬悦が脳天まで突きあげた。瞼で火花が散って見えた。

いきなりニットをたくしあげ、ブラジャーをも弾き飛ばすと、生の乳房を握りあげた

念を押すように奥寺が乳房を揉みまわす。ねちっこい手つきでゆっくり円を描き、また一回転ごとにグイッ、グイッと力を入れ直して揉んでいく。いきなりニットをたくしあげ、ブラジャーをも弾き飛ばすと、生の乳房を握りあげた。
「あううっ……く、くううっ……」
生で握ったあとも、奥寺は同様に揉みまわしていく。しかも揉みつつ指間に挟んだ乳首をつぶれんほどに絞り立てた。普段よりはるかに敏感になっている乳首である。微痛と快感がないまぜになった妖しい感覚が、比佐子の官能を徐々に侵した。その感覚は奥寺が乳首を口に咥えて吸着した瞬間、幾倍にも増幅して体内を駆け抜けた。
「ひいいいっ!……んぐぐっ……は、はあっ……助けてっ……も、もげちゃうっ……もげるううっ……」

身悶えに比例して、肛門がヒクヒクとひくつきを強める

「ほらほら。どうした。さっきの元気はどこへ行ったんだ。ほらほら……」
「だ、駄目っ。駄目よっ。お願いっ。くっ、くううっ……」
くずおれんばかりの比佐子を見てほくそ笑みながら、奥寺は牝芯への振動をつづけた。肉刀で尻奥を穿ち、左手で乳房をまさぐり、右手で牝芯をねちっこく責め嬲る。
身悶えは次第に激しく、あからさまになっていく。身悶えに比例して、肛門がヒクヒクとひくつきを強める。肉刀を噛みちぎる勢いである。甘い鼻声も甲高く、どこか悲しげに変化した。尻を犯されながら感応してしまう我が身を呪っているかのようだ。
気づけば花蜜がおびただしく溢れだし、奥寺の指はしっとりと濡れている。指はおろか、掌全体へと花蜜は行き渡り、下草はぐしょ濡れの状態に陥っている。
乳首がとりわけ弱いと見え、左右交互につまむと、喉奥から「くうううっ」といかにも快感を噛みしめるようなさえずり方をするのが愉快だった。これまでクラブ内で見せていた超然たる態度と対比すれば、愉快さは何倍にも増した。

ぽってりと大きめの乳首を細かく魔指でいびりつつ、胸全体をゆっくり揉みまわしていく

後ろから髪をつかんでグラグラと揺さぶると、たまらず比佐子は歯噛みした。
奥寺は背後から手をまわして、下向きの乳房をすくいあげた。すっぽりと包みこみ、左右それぞれ人差し指と中指の間に乳首をはさむ。ぽってりと大きめの乳首を細かく魔指でいびりつつ、胸全体をゆっくり揉みまわしていく。
石原比佐子の尻を犯している、また比佐子が屈辱に呻吟しているという事実だけで、射精への衝動が幾度も先走りそうになった。が、こらえて肉刀を突きあげながら乳房を揉みまわし、乳首をいびりまわす。