浴衣の内側にするりと忍び込み、ねっとりとした手つきで胸板を探られる

俊輔の手の甲を覆っていた手指が、その場を離れ、女体を支えるように、筋肉質なお腹にあてがわれた。かと思うと、浴衣の内側にするりと忍び込み、ねっとりとした手つきで胸板を探られる。バイトで鍛えた筋肉が、掌の心地よさを存分に伝えてきた。
「うふふっ、殿方の厚い胸板。わたくし、ここを触るの好きなんです」
すべすべの指先が、小さな乳首の周りにくるくると円を描いていく。

まあ俊輔さんの乳首、堅くなってきました。可愛いから責めちゃいますぅ

「すごぉい、俊輔さんって逞しいのですね」
堅締まりした筋肉に小さな乳輪までがすぼまり、その中心で乳首を勃起させた。
「まあ俊輔さんの乳首、堅くなってきました。可愛いから責めちゃいますぅ」
まるで男がおんなの乳房を求めるように、ぐいっと浴衣が割り開かれ、何度も乳首の周辺をなぞられる。お腹のあたりで手指が戯れては、また乳首へと舞い戻ってくる。
「あうっ……うぐっ!」
くすぐったいような快感に、思わず体を捩らせた。

さらにその体勢で、お尻を後ろに突き出すようにして、ショーツのクロッチ部分と勃起との密着を強めてくれるのだ

再び朱唇が、乳首に吸いついてくる。同時に、ピチピチしていながらも、むっちりやわらかい太ももが、むぎゅぎゅっと俊輔の腰部を挟み込んだ。さらにその体勢で、お尻を後ろに突き出すようにして、ショーツのクロッチ部分と勃起との密着を強めてくれるのだ。
密着したふかふか部分が、千夏のヴァギナであると思うと、余計に昂奮が加速する。腰を突きあげたい衝動に駆られたが、ギプスに制約されているためままならない。もどかしくも、やるせなく、それでいて恐ろしく気持ちのいい圧迫だった。

お腹に押し付けられた乳房の蠱惑的な感触

俊輔に跨ったまま、柔軟に女体を這わせ、そのやわらかさを味わわせてくれる。お腹に押し付けられた乳房の蠱惑的な感触。さらには、広い胸板に近づいてきた唇に、小さな乳首を含まれた。薄い舌先をチロリと伸ばし、くすぐるように舐められるのだ。
「あううっ!」
たまらずに、びくんっと上半身を震えさせた。その反応がうれしいのか、嵩にかかってレロレロと乳首を責められる。涎でねっとりとなった乳首を中指の先で捏ねられ、もう一方の胸板に朱唇が吸いついてくる。

ミルクを啜る子猫のように一心不乱に、宣英の乳首を啜る美波の愛くるしい顔

からかうちえりに必死に抵抗するも、ミルクを啜る子猫のように一心不乱に、宣英の乳首を啜る美波の愛くるしい顔を見れば全身の力が抜けてしまう。さらさらと零れ落ちるちえりの髪の毛が、脇腹や胸板を優しくくすぐり、美波の濡れ髪から立ち昇る甘酸っぱいシャンプーの香りに頭がくらくらとしてくる。

最初は躊躇するように舌の先端でちろちろと、やがて舌の腹部分を使ってべろりと少し大胆に舐め上げる

積極的に男体を責めるちえりに誘われ、美波も宣英の乳首へと舌を伸ばした。最初は躊躇するように舌の先端でちろちろと、やがて舌の腹部分を使ってべろりと少し大胆に舐め上げる。乳頭の快感末梢神経をちりちりと刺激され、こそばゆいような快感が背筋を襲った。舌のねっちょりと濡れた軟らかな感触に、身体がぴくんぴくんと弾んでしまう。