天女さまの象徴であるほくろのある側の乳房を捉え、その乳頭にパクリと食いついたかと思うと、口腔内を真空にして乳暈ごとバキュームしてやる

      

見ているだけではたまらなくなり、俊輔も空いている側の乳房に吸いついた。 「ああ、そんな俊くんまでぇ……」 天女さまの象徴であるほくろのある側の乳房を捉え、その乳頭にパクリと食いついたかと思うと、口腔内…

やや大きめの乳輪を、乳首ごと舐めしゃぶられる

      

「ああ、ようやく深佳さんのおっぱいを生で……んちゅっ、ちゅばばぁ…」 「ん、ひっ!ああ、そんないきなりだなんて…あん、乳首舐めちゃいやぁん」 ちゅッちゅ、ちゅばちゅちゅ、ぢゅッちゅ、ちゅぶぶちゅ──。…