尚樹はさらなる熱意をこめて、乳首をしごいてやる

      

尚樹はさらなる熱意をこめて、乳首をしごいてやる。こすればこするほど、まるで男のモノのように、布の中で肉筒の硬度が増して、熱くなっていく。変化する乳首の触り心地が、尚樹のイマジネーションを刺激して、彩海…

峰のように膨らむ卑猥度満点のどピンク乳首

      

そうしながら、さらに熱烈に吸い立てるのは、巨峰のように膨らむ卑猥度満点のどピンク乳首。窄めた唇で締めつけて、真空状態になるのではないかと思うほど、何度もしつこく吸いまくる。そうかと思えば今度は舌を動員…

乳首もすでに、パンパンに張りつめて勃起していた

      

その圧巻の大きさだけでも、充分扇情的であった。なのに乳輪は、白い餅から飛びだしたデコポンさながらに、こんもりと盛り上がって乳先を彩っている。乳首もすでに、パンパンに張りつめて勃起していた。実に大ぶりな…