ぶりんとしたグミくらいに肥大した二つの乳頭を、金庫のダイヤルでも回すかのような手つきでクリクリと回されるのだ

ほくろのあたりの乳肌を愛しげに舐めしゃぶる俊輔。涎でヌルつく乳首は、親指と人差し指に弄ばれている。
ぶりんとしたグミくらいに肥大した二つの乳頭を、金庫のダイヤルでも回すかのような手つきでクリクリと回されるのだ。
「ふあ、あぁ、そんなにおっぱいばかり責めないで……切なくなっちゃうぅ」
ぷりぷりぷりっと乳肌が音を立てて、さらに肥大するのが判った。口惜しいくらいに敏感になった乳房は、血流が刺激され、その発情ぶりを露わにするのだ。

尚樹はさらなる熱意をこめて、乳首をしごいてやる

尚樹はさらなる熱意をこめて、乳首をしごいてやる。こすればこするほど、まるで男のモノのように、布の中で肉筒の硬度が増して、熱くなっていく。変化する乳首の触り心地が、尚樹のイマジネーションを刺激して、彩海自身が言った快感が変化した母乳が今にも噴き出すのではないかと、妖しい妄想を起こさせた。

指で固定された乳首を中心にして、二つの乳房が上下左右に形をたわませる

尚樹の指が、左右の乳首をつまんだ。今までのレースの上から軽くこする動きではなく、親指と人差し指でしっかりと乳首を挟んでいる。
「彩海さんの乳首、すごく硬くなっているよ。いつもよりも硬い気がする」
そう指摘して、淡いピンクの肉筒を、レースを使って前後にしごいてやる。
「あくっ!あっ、はあああっ!」
彩海の身体が上下にガクガクと大きく揺れた。指で固定された乳首を中心にして、二つの乳房が上下左右に形をたわませる。

二の腕を動かせぬように胸縄と固定し、両腕が背中に回される

二の腕を動かせぬように胸縄と固定し、両腕が背中に回される。左右の手首を重ねて縄が結ばれ、美母の緊縛が完成した。正座した裸身に、麻縄がざっくりと食い込んでいた。
「お姉さん、とっても似合っているわよ。お義兄さんが、縛りたがった理由がわかるわ。ムチムチのボディに麻縄が栄えて、とってもエッチだもの」
妹の言葉に花穂子は頬を真っ赤に染めて、うなだれた。豊乳の先端で、赤い蕾がはしたなく尖っているのが目に入る。柔肌には羞恥の汗が滲み出た。

峰のように膨らむ卑猥度満点のどピンク乳首

そうしながら、さらに熱烈に吸い立てるのは、巨峰のように膨らむ卑猥度満点のどピンク乳首。窄めた唇で締めつけて、真空状態になるのではないかと思うほど、何度もしつこく吸いまくる。そうかと思えば今度は舌を動員し、右から、左から、上から、下から、弾き倒すような強さで丹念に転がし、ぴょこりとすぐに元の形に戻る乳首の弾力を楽しむ。片房をたっぷりの唾液で蹂躙し終えた青年は、すぐさまもう一方の乳輪の征服にかかった。飢えた肉食獣さながらの荒々しさで、ピンクのこんもりにむしゃぶりつけば、

乳首もすでに、パンパンに張りつめて勃起していた

その圧巻の大きさだけでも、充分扇情的であった。なのに乳輪は、白い餅から飛びだしたデコポンさながらに、こんもりと盛り上がって乳先を彩っている。乳首もすでに、パンパンに張りつめて勃起していた。実に大ぶりないやらしい乳芽は、まさにデコポンの先っぽのよう。乳輪よりいささかダークな色合いで、毒々しいピンク色をしている。

二つ目の乳首を盛んに舐め弾き、涎まみれにした最初の乳首を指でコロコロと擦り倒す

二つ目の乳首を盛んに舐め弾き、涎まみれにした最初の乳首を指でコロコロと擦り倒す。美砂は一段と激しく女体をくねらせ、押さえた口からせつなげな喘ぎを零す。乳首は二つとも、早くもグミのように痼り勃った。美肌に滲む汗はますますその量を増し、沸きあがる湯気は、温室に入った時に感じる高湿度の空気のようだ。

たゆん、たゆんと重たげに、しかもダイナミックに揺れる

怒濤のピストンで突き上げられた亜紀は爪先立ちになり、パンプスの踵を土から浮かせて獣の快楽に溺れきった。しなやかな背筋が撓み、その分尻が、さらに天へと突きだされる。そのくせ美脚は「く」の字に曲がり、悪寒でも覚えているかのようにガクガクと震えた。たゆん、たゆんと重たげに、しかもダイナミックに揺れるのは、さっきまで啓太が弄んでいた双子の乳房だ。痼りきった乳首があちらへこちらへと振りたくられ、元の形が分からなくなるほど、餅のように伸びて跳ね躍る。

乳房が心電図の波形のようになって、たっぷりの脂肪を重たげに弾ませる

なおもペニスを抜き差ししながら、啓太は手首にスナップを利かせ、乳全体を波打たせるような振動波を注ぎ込んだ。惨めに伸びきった乳房が心電図の波形のようになって、たっぷりの脂肪を重たげに弾ませる。亜紀を可愛いと思う気持ちを劣情へと変質させた啓太は、さらに乳首に指を食い込ませ、潰れてひしゃげるグミのように変える。V字になって突っ張る双乳を、なおもブルブルと震わせて下品な刺激を注ぎ込みつつ、啓太は獰猛に腰を振り、牡の猛りを牝襞に擦りつけた。

見るも無惨な形になるほど、乳を引っ張って伸ばしていく

啓太は指で乳首を摘み、優しく、けれど大胆に、ゆっくりとそれを伸張させた。見るも無惨な形になるほど、乳を引っ張って伸ばしていく。さっきまで葡萄のようだった乳首が柔らかく伸びて、サラミスティックさながらの眺めになった。もちろん伸びたのは、乳首だけではない。一緒になって引っ張られた乳房が、円錐のような眺めを啓太に晒す。色白の乳肌に淫靡なさざ波が立った。乳輪に浮かぶ粒々が米のように縦長になり、乳の先にはこんもりと、腫れでもしたかのようにピンクの乳輪が盛り上がる。