靖代は両手で陰部を押さえ、身体を「く」の字に折りながら身悶えた

しかしそこで許されるはずもなかった。寄ってたかって急きたてられ、ふらつきながらも立たされる。もちろんストレッチパンツを脱げというのである。
嗚咽交じりにウェストの紐を解き、まず右脚を、次いで左脚を抜いた。これで残るはブラとセットのスポーツショーツのみである。
ハイレグのスポーツショーツを見て、二人の男はまたも色めき立っている。目を爛々と輝かせ、視線をショーツ越しに陰部へと集中させる。靖代は両手で陰部を押さえ、身体を「く」の字に折りながら身悶えた。
「恥ずかしいっ……恥ずかしいですっ……」

谷間を境に左右のヒップが美麗なカーブを描きながらプックリと盛りあがっている

珠実の股間は百八十度以上の高角度で開いている。真後ろから見たら、これほど煽情的な姿はない。筋肉質のヒップにハイレグ水着が密着して、起伏が露わとなっている。キュッと谷間で引き絞られて筋状になった水着にも見とれてしまう。
谷間を境に左右のヒップが美麗なカーブを描きながらプックリと盛りあがっている。筋肉質の小尻は掌に収まりそうな手頃サイズで、見るからに固そうだ。至近距離から眺めつつ、奥寺は小尻に魔手を伸ばしていく。水着の上から片側を鷲づかみにした。
「んぐぐぐぐっ」
と珠実が呻いた。小尻が魔手のなかで反射的に硬直している。握ってみると、確かに掌サイズである。五指に力をグイッと籠めれば、小尻はすごい反発力で拒絶した。
なおも握りこむと、珠実は細身の肢体を激しくくねらせ、魔手から逃れようとする。けれど、肢体は右へ左へとわずかな方向転換を繰りかえすだけである。小尻が奥寺の目の前でフリフリと振られる。愛らしささえおぼえる嬌態だ。

濃紺のハイレグ水着が尻の谷間に深々と食いこみ、ほとんどTバック状態だ

珠実が水から去る気配を見せた。取り囲んでいた者たちが反射的に道を譲った。睨みつけてから背を向けると、プールサイドに両手をついてスッと身体を浮かせた。
泳ぎこんだせいだろうか。濃紺のハイレグ水着が尻の谷間に深々と食いこみ、ほとんどTバック状態だ。雪白の尻肉が大きくはみ出ている。片足をプールサイドにかけると股間が大きく開き、水からあがった時には、ますます食いこみが激しくなった。
珠実は食いこみを気にする素振りもなく、これ以上ないような早足でプールの出入り口へと向かう。小ぶりな尻の下半分は肉がはみ出して、歩を進めるたびにプリプリと憎々しげに弾んだ。

ヌメヌメとした光沢のあるエナメルレザー製で、白い肉体にぴっちりと密着して、豊潤なプロポーションを忠実に浮き立たせていた

彩海の豊かな美身を飾っているのは、真紅のボンデージだ。デザインはバニーガールが着る肩紐のないボディスーツに似ている。ヌメヌメとした光沢のあるエナメルレザー製で、白い肉体にぴっちりと密着して、豊潤なプロポーションを忠実に浮き立たせていた。
胸は乳首のわずかに上までしか隠しておらず、たっぷりした乳肉の半分があふれている。今回も軽くジャンプすれば、乳房全体がこぼれ出そうだ。
下半身もきわどいハイレグで、ぬめつく真紅のレザーが急角度で下腹部に食い入っている。ファッションショーのウォーキングのごとく彩身がくるりと回転すると、やはり尻たぶの半分が剥きだして、尻肉とボディスーツの間にわずかな段差ができていた。
両腕には、二の腕まである真紅のレースの手袋。両足にも、太腿のなかばまである赤いガーター付きのタイツを履き、足元をエナメルの緋色のハイヒールで決めている。
ボンデージ衣装が鮮烈な紅色なので、露出する肩や胸もと、二の腕や太腿の肌の白さがいっそう際立ち、妖艶な魅力をむせかえるほどに薫らせている。

右側にいる美女は、熟した豊満な肉体を、純白のビキニで飾っている

視線の集中砲火を受けているのは、少年の左右にいる二人の年上の美女だ。右側にいる美女は、熟した豊満な肉体を、純白のビキニで飾っている。トップは肩紐のないハーフカップで、たわわすぎるバストの乳首より上がすべて露出している。このまま海に入ったら、簡単にはずれて、トップレスになってしまいそうだ。ボトムもかなりのハイレグだ。サイドは紐で、Tバックではないが、尻たぶの半分が外へ出ている。
プロポーションに自信のある若い女がこれ見よがしに着るなら普通だが、二十代後半の大人の女が身につけるものではない。だからこそミスマッチな妖艶さが、ビキニ姿の全身から滴り落ちている。
露出度の高い水着を選んだのは、彩海本人だ。全身で好奇と欲望にあふれた視線を受け止めて、肉体をさらす歓喜に美貌を潤ませている。真夏の炎天下の気温より暑い快感の炎で身体の内側から照らされて、白い肌はまばゆく輝いた。

下半身には、白いビキニタイプの水着のボトム

下半身には、白いビキニタイプの水着のボトム。チアコスチュームのアンダースコートとは異なり、強烈なハイレグだ。純白の逆三角形が、恥丘だけをきわどく隠している。両サイドは小さい金属ボタンのついた細いベルトになって、ウエストにちょっと引っかけてある。大きな動きをすればずり落ちて、すべて丸出しにしてしまうのでは、とハラハラさせるデザインだ。

むっちりした下半身で作られるMの文字の中心に、黒い逆三角形が密着している

尚樹の言葉の音色の変化に気づいたのかどうか、彩海は運転席のシートの背もたれを後ろに倒してベッドのようにした。ワンピースの裾をたくし上げて、尚樹へ向けて両足を大きく割り広げた。むっちりした下半身で作られるMの文字の中心に、黒い逆三角形が密着している。
今日のために彩海が選んだパンティだ。
逆三角形のほとんどが目の細かいレースになっていて、内側の恥丘のふくらみと肉唇はぼんやりとけむって見える。レースの周囲にはフリルがついて、見え隠れする女の秘密を鮮やかに飾った。清楚可憐なワンピースの中にあるとは思えない、きわめて妖艶な下着だ。

Vゾーンが腰骨まで切れこんだ、鋭角の逆三角形を描くハイレグビキニに瞳を輝かせる

褒め言葉を口にして、唇を奪い去る。そのままソファーの座面に押し倒し、乳房を優しく揉みほぐし、フレアミニのスカートを捲りあげる。
「ああ、こういう下着もいいね。これってTバック?」
Vゾーンが腰骨まで切れこんだ、鋭角の逆三角形を描くハイレグビキニに瞳を輝かせる。そそくさと女体をうつ伏せにして、T字を描いた布きれに締めあげられた美臀の情景を楽しむ。

競泳水着の締めつけで平たくつぶれた巨乳が今にも脇から零れそうである

いくぶんタイトな競泳水着に包まれ、体型が整えられていることもあるが、子持ちの人妻とは思えない見事なプロポーションだ。すでにひと泳ぎしたのか、水着はしっとりと水に濡れて、薄皮のごとく素肌に吸いついている。胸の露出は控え目だが、競泳水着の締めつけで平たくつぶれた巨乳が今にも脇から零れそうである。その頂点にはクッキリと乳首の芽が突起して、ますます息子の視線を誘惑する。
細く括れたウエストからヒップに流れる曲線も、ことさら優美に描かれていた。すらりと伸びた美脚も、ムッチリ肉づいた太腿も、むしゃぶりつきたくなるほどに官能的だ。慎也の視線はいつしか下腹部に集中する。動きやすさを重視してか、競泳水着はなかなかのハイレグで、股座をピチッと締めあげていた。スイムショーツを着けていないのか、恥丘の膨らみにはほのかにヘアの茂みが透けていた。