深佳の付け根のあたりをしきりにまさぐっていた千夏の手指が、濃紺のショーツをグイッと引き下げ、そこに小さな顔を押し付けた

      

「ひう、あはあぁ……な、なっちゃん、ダメぇ……」 深佳の付け根のあたりをしきりにまさぐっていた千夏の手指が、濃紺のショーツをグイッと引き下げ、そこに小さな顔を押し付けた。 「ダメっ、そんなとこ舐めちゃ…

パンツも脱がせちゃうよ!

      

「パンツも脱がせちゃうよ!」 うっとりと見惚れながら、純白の薄布に手をかけた。よく見ると、股ぐりの部分に、縦状のシミがついている。 (ああ、寧々さんが濡れている……) 一気に引き下ろすと、恥ずかしげに…