短い裾がたくし上がって、太ももが大胆に覗いた

彩香はつぶやくとスッと立ち上がった。ナース服の裾から両手を内に入れる。短い裾がたくし上がって、太ももが大胆に覗いた。下着が見えそうになり、佑二は視線を下へと向ける。
(ガーターベルトだ)
彩香の穿く白の光沢ストッキングは、太もも丈のセパレートだった。それを吊る細いベルトが覗き見えた。

あと少しでパンティが顔を出しそうだ

女子大生の太ももに股間を愛撫されるだけでも大変なのに、あのフレアスカートがどんどんめくれ上がっているのだ。気がつけば、ミニどころではなくなっていた。映画で女性が恋人のワイシャツを着ているぐらいの丈しかなく、あと少しでパンティが顔を出しそうだ。

大きく開いた裾が、隠されているパンティの存在感を強くする

フレアスカートとは雅也にとって、可愛らしさとセクシーさを兼ね備えたものだ。確かに身体のラインはタイトミニの方があらわになるが、フレアの場合は大きく開いた裾が、隠されているパンティの存在感を強くする。はっきり言えば、寝転んでスカートの中を覗きたくなるのだ。おまけに、ミニスカートなのは同じだから、詩織の太ももは、かなりの部分が見えてしまっている。すべすべの太ももは、たまらなく魅力的だ。

ミニスカートが思いっきりめくれる

いきなり玲子が、高々と脚を上げたのだ。ハイヒールのストラップが外れないためらしい。あっという間に太ももが地面に対して水平になった。そして、ミニスカートが思いっきりめくれる。セクシーな母親のパンチラ──。