留美子の悶えっぷりに、肉棒は極限まで立ち上がり、下腹を打つほどに跳ね回っている

(僕が、留美子さんを、感じさせている……)
初体験の健太にとって、それ以上の悦びはなかった。留美子の悶えっぷりに、肉棒は極限まで立ち上がり、下腹を打つほどに跳ね回っている。
「留美子さん、ぼ、僕、もう、たまらないよ……。部屋までなんて、我慢できないよ」
留美子の腰の動きは、秘裂のもっとも感じるところを教えているようだった。健太の舌が動くたびに、留美子も尻を揺すり、もっと舐めて欲しいところを無言のままに指示してくる。

途端に甲高く啼く深佳の膣肉に、亀頭エラを擦りつけるように腰を捏ねた

ずじゅじゅじゅじゅっと、ヴァギナから引きずり出した勃起を、すぐにじゅぶじゅぶじゅぶっと挿し入れる。
「はううっ、あ、はああぁ……」
途端に甲高く啼く深佳の膣肉に、亀頭エラを擦りつけるように腰を捏ねた。
「ひあ、ああん、俊くん、そんな、捏ねないでぇ……」
兆した声で制止を求める深佳だったが、その婀娜っぽい腰つきは、さらなる捏ねまわしをねだるように、くなくなとのたうっている。恥じらいを保ちつつも、感度の良さと貪欲なエロさを見せてくれる彼女に、俊輔の昂奮もいや増した。

蜂腰を持ち上げては勃起肉を、ゆっくりと双尻に沈みこませる

繊細な茶髪が千々に乱れ、扇情的な眺めに情緒的彩りも添えている。太ももの上を滑る艶尻の肌触りも心地よい。まるで上等な絹で、擦られているかのようだった。
「あんっ…ああっ、ああんっ」
唇をめくりあげ、甲高い声をあられもなく張り上げる千夏。蜂腰を持ち上げては勃起肉を、ゆっくりと双尻に沈みこませる。ムチムチの太ももと若鮎の腹のようなふくらはぎが官能的に緊張するたび、膣肉までがむぎゅぎゅぎゅぎゅっと締めつけてくる。
じゅぶんじゅぶん、ぐちゅるる、ずこ、ずりゅ、ぶちゅん、じゅりゅりゅっ──。
次々にふしだら極まりない水音を立てるのは、自身の淫らな腰つきであるという自覚があるのだろう。うわごとのように「だめっ、だめっ」と躊躇いの言葉を繰り返している。それでいて、振り幅の範囲も速度も、どんどん大きなものになっていた。

俊輔の律動にタイミングを合せるように、千夏の腰つきも、くいっくいっと淫らな動きを速めていく

「あうんっ、ああ、だめぇ……。俊輔さんまだ大きくなれるのですか?千夏も感じちゃうぅ……だめ、だめぇ、ああ、おかしくなってしまいそうですぅ」
射精衝動の高まりと共に、肉塊をさらに膨らませた俊輔。パンツ生地に覆われたまま、凶器と化した勃起肉。もはや我慢の堰を越え、足の痛みも忘れて、大きく腰を突きあげ、千夏のマン肉に擦りつけるのだった。
俊輔の律動にタイミングを合せるように、千夏の腰つきも、くいっくいっと淫らな動きを速めていく。俊輔への奉仕ばかりではなく、自らの悦楽も追っているようだ。

すでに一糸まとわぬ全裸で、緊縛の悦びの汗で肌をぬらつかせている

女教師の、尚樹から見て左となりに、彩海がジャングルジムに縛りつけられていた。すでに一糸まとわぬ全裸で、緊縛の悦びの汗で肌をぬらつかせている。
彩海は身体中に灯った官能の火を消してほしくて、あるいはもっと大きく燃え盛らせてほしくて、豊潤な乳房を上下左右にぷるぷると揺らし、ベリーダンサーのように腰をグラインドさせている。静子先生と同様に後ろ手縛りの両腕と両足首をジムに拘束されているので、大きな動きはできないが、尚樹を悩殺するには充分な舞踏だ。

尻が座席を離れて、空中でクイクイと前後に動き、淫らにゴンドラの空気をかきまわす

言葉に合わせて、自分が愛されていることを自慢するように、腰をせり上げた。尻が座席を離れて、空中でクイクイと前後に動き、淫らにゴンドラの空気をかきまわす。下半身の動きが上半身にも伝わり、ワンピースを押し上げる胸の隆起がふるふると揺れる。
「わたしが持ってきたバイブを、尚樹くんに入れてほしい、と頼んだのよ。尚樹くんは喜んで入れてくれたわ」