少しだけ捲れ上がったミニスカートからはみ出た、むっちりと肉感的な太ももの一部までが目に入った

昨夜から朝まで、留美子の口や体内に何度も精液を放ち続けていたにもかかわらず、健太は隆起し続けている肉棒を持て余していた。
(だめだよ、ママ……。僕、コーヒー飲むより、早く部屋に行って、ママの体を思い浮かべながら、ち×ぽ、扱きたいよ……)
そう口に出してみたい欲望に駆られる。
「どうしたの健太ちゃん……。ママに一言も、言葉をかけてくれないのね……」
義母はその朝はじめて、健太を真正面から見つめてくる。
健太は慌てて、義母の胸を凝視していた視線を下方に逸らす。その先には、きりっと引き締まった足首がある。少しずつ上方にずらすと、美しく脂の乗ったふくらはぎが見え、形のいい膝小僧から、少しだけ捲れ上がったミニスカートからはみ出た、むっちりと肉感的な太ももの一部までが目に入った。肉棒は萎えるどころかさらに密度を増し、短パンに擦られる先端が痛いほどだった。

メロンのような二つの乳房が、義母が体を動かすたびに、これ見よがしに揺れる

引き寄せる義母の手の力がじんわりと健太の肌を刺激する。午前九時になったばかりだった。朝から陽が照り付け、外はすでに汗が滲むほどに暑い。
(ママの体の線が……)
特別な装いをしているのではなかった。いつも家で着ている、ベージュの半袖のサマーセーターと、薄紺のタイトな、膝上までのミニスカートだったが、昨夜の留美子から、ついさっき路上であった咲枝と、ずっと美熟女の体の曲線に目を奪われ続けているせいか、今朝の義母の起伏に富んだ体の曲線は、健太の目を刺激して余りある。
(留美子さんも咲枝さんも素敵だけれど、こうしてママを間近で見ると、あの二人が色褪せて見える……。ああ、やっぱり、ママが最高……)
リビングに誘う義母の後ろ姿は、歩くたびに艶めかしく揺れ動き、健太から落ち着きを奪う。
(えっ!?ママ、ブラジャー、して、ない?)
そんな気がして目を凝らす。サマーセーターの生地は極薄だった。普通なら、後ろ姿でも、豊満すぎる肉乳を包んだブラジャーの紐が背中に確認できるはずだった。
(嘘……。ママ、ブラジャー、してないよ……)
そう思えば、玄関のドアを開けてくれた義母の胸が、いつもより大きく前に迫り出し、衣類越しにたわわな形が垣間見えたことを思い出す。ずっと勃起状態にある健太の肉棒は、ま

細腰を捩らせ恥じらう姿を尻目に、俊輔はナース服の裾をさらに大きく捲り上げた

「うわあ、エッチな眺め……」
ミニ丈のナース服は、逆Vの字に大きく開脚しているため、太ももの半ばよりもさらに上までずり上がっている。赤いショーツのクロッチ部分さえ、恥ずかしげに顔を覗かせている。さらには、黒いストッキングを吊るガーターベルトが、白い太ももに艶めかしく映えていた。
「ああん……俊輔さんの意地悪ぅ」
細腰を捩らせ恥じらう姿を尻目に、俊輔はナース服の裾をさらに大きく捲り上げた。
小学生以来のスカートめくりに背徳的な悦びを覚えつつ、露出された千夏の下腹部を視姦した。すんなりと伸びた美脚には、特に目を見張らざるを得ない。きゅっとくびれた腹部から腰高の臀部に連なり、悩ましく左右に張り出すと、程良い肉づきの太もも、若鮎のようなふくらはぎと、思わず震いつきたくなるラインを描いていた。

彼女のボディラインがはっきりと判るタイトなデザインは、裾が太もも部分までしかないミニ丈だった

現れた千夏が、いつものメイド服ではなかったからだ。
わずかな間に着替えてきた千夏は、愛らしいナース服に身を包まれていた。
眩しいほど純白のナース服は、フェティッシュな魅力に溢れるワンピース。彼女のボディラインがはっきりと判るタイトなデザインは、裾が太もも部分までしかないミニ丈だった。ガーターベルトに吊られたストッキングの黒さが、見事なアクセントになっている。
おそろいのナースキャップをちょんと頭に載せた姿は、アイドルすら裸足で逃げ出してしまいそうなほど殺人的な可愛さだった。

尻を背後の尚樹へ突き出し、犬がしっぽを振るように、むっちりと張った豊臀を左右にくねらせる

彩海が立ち上がり、背中を向けて、キッチンシンクの縁に両手をついた。尻を背後の尚樹へ突き出し、犬がしっぽを振るように、むっちりと張った豊臀を左右にくねらせる。赤いマイクロミニの裾がひらひらとはためいて、純白のアンダースコートの光沢がキラキラと覗いた。

とにかく今日もまた、ミニスカートから伸びる二本の足はまぶしく

テラスに面した居間のガラス戸が開き、彩海の白いワンピース姿が顔を出す。一週間前の、聡史がアメリカへ旅立った翌日に着ていたものと同じデザインだ。ただ尚樹の目には、さらに少しだけ裾が短くなっている気がする。とにかく今日もまた、ミニスカートから伸びる二本の足はまぶしく、バストとヒップのくっきりした輪郭は、ただでさえ熱い尚樹の体温を上昇させた。

普通といえば普通の長さだが、少しだけ増えた足の露出がまぶしく、男子高校生の目と心臓を射る

(ワンピースの裾が短い!)
今日の彩海は、純白のワンピースだ。身体の前面に白いボタンが縦に並んでいて、すべてはずせば、首から裾まで完全にはだけるデザインだ。以前にも同じデザインのワンピースを見たことはあるが、裾の長さが違う。
昨日までは、どんな服を着ても、裾の長さは必ずふくらはぎまであった。
今日、彩海の裾は膝までの長さしかない。普通といえば普通の長さだが、少しだけ増えた足の露出がまぶしく、男子高校生の目と心臓を射る。
しかもワンピースの構造上、一番下にあるボタンから下には三角形の隙間ができる。もちろん膝の位置だから、見えるのは裏地だけだが、やはりドキドキしてしまう。

かなり短くしたギャザースカートから伸びるみずみずしい素足は、どうみても可憐で

広海の学園はブレザーだから、セーラー服が新鮮だということもある。が、それより、セーラー服のカラーにかかる、彩菜のポニーテールの後ろ髪や、かなり短くしたギャザースカートから伸びるみずみずしい素足は、どうみても可憐で、旅館の仕事をしているときのジャージ姿から見違えるのはもう当然だった。