花穂子は口元を緩めて佑二の舌を受け入れる

      

佑二の舌が紅唇を割り、花穂子の口内に潜り込んできた。花穂子は口元を緩めて佑二の舌を受け入れる。唾液がしたたり落ち、下では白い樹液が流し込まれる。 花穂子は佑二の後頭部に手をやり、指を髪に絡めた。もっと…

回された手が、佑二の後頭部を撫でる

      

哀感を滲ませ、花穂子が囁いた。回された手が、佑二の後頭部を撫でる。慈しむ手つきだった。ボリュームのある膨らみと濡れた頬が擦れ合い、佑二の肩から力が抜ける。