指先が尻割れの谷底を伝い、やがて肛門に突きたてられた

「どんなもんだ。少しは思い知ったか。次はこうしてやろうか……」
上下動が一服し、珠実の身体は胡座の上に置かれた。自重で肉刀が子宮口までがっちりと食いこむ。じっとしていても息が詰まる。そこで胴体を抱えていた魔手が尻肌を這いおりていく。指先が尻割れの谷底を伝い、やがて肛門に突きたてられた。
「あ、イヤッ」
不意を衝かれて尻肉を緊張させたが遅かった。指がズブリと肛環を打ち破った。
「あっ、あっ。イヤッ。お尻はイヤッ」
狼狽して振り払おうとする。けれどすでに破られたあとである。魔指を咥えこんだ惨めな姿で、空しく尻は打ち振られた。
「フフフフッ。おまえに尻の味を教えてやろうっていうんだよ」
「なにをっ……馬鹿なこと言わないでっ。……あ、動かさないでっ。イヤああっ!」
再び上下動がはじまった。肛門に刺さった魔指は鉤形に折られ、グリグリと肛洞を攪拌する。かと思うと、肉刀と同様にズボズボと抜き差しされた。前後二穴を同時にいたぶられ、妖美極まる体感がじわじわと立ちのぼった。

大きく開いた女教師の中心に、そそり立つペニスが迫る

静子先生が、尚樹の頭を支えにして、あぐらをまたいだ。不安定な姿勢からそろそろと腰を落としていく。大きく開いた女教師の中心に、そそり立つペニスが迫る。はじめて彩海以外の膣に突入する期待で、亀頭が脈打った。
開いた肉襞が亀頭に触れた途端、静子先生の下半身から力が抜けた。
「うんっ!」
体重を支えられずに、身体が尚樹のあぐらの上に墜落する。その勢いで、亀頭だけでなく、肉棒全体が膣の奥まで突き入れられた。
「あひいいいいいいっっ!」
壮絶な挿入の反動で、静子先生は立ち上がろうとするが、尚樹が両腕をウエストにまわして、力強く押さえこんだ。
「ひいいいおおおうっ!」
尚樹はそのまま腕を揺らして、静子先生を前後左右に揺らし、同時に下から腰を突き上げる。二つの動きが混じり合い、からまり合い、複雑に担任教師の体内をかき混ぜた。

丸くシワを描いた貴和子の肛門も震えて、プカッ、と口を開く

ぴったりと密着してもなお、揺れる乳肉が広海の顔を洗う。濡れた乳房から立ち上る貴和子の匂いをいっぱいに吸い込み、やわらかい背中を抱きしめながら、広海はピストンをスパートさせる。
ドシッ、ドシッ……ドシャ!ビシャ!鋭く肉棒が突き込まれるたびに、開ききった肉裂から蜜の飛沫が上がる。丸くシワを描いた貴和子の肛門も震えて、プカッ、と口を開く。中の肛門粘膜さえのぞかせる。と思うと、キュッとすぼまった。

佑二の目の前で、白い乳房がたぷったぷっと艶やかにゆれる

「あんっ、こら。下から衝き上げられると、わたしの子宮に当たるでしょっ」
彩香は文句を言いながらも、腰遣いを速めた。佑二の目の前で、白い乳房がたぷったぷっと艶やかにゆれる。佑二は口を近づけ、舌を伸ばして右の乳首、左の乳首と舐め上げた。くすぐったそうに彩香が喉を震わせ、舌遣いを避けようと身を左右にゆする。上目遣いの佑二と、彩香の目が合った。腰遣いが緩まる。

重く垂れた乳房を佑二の胸板に擦りつけ、花穂子も自ら、丸いヒップを上下にゆすった

(奥に、佑二さんのがつかえている)
重く垂れた乳房を佑二の胸板に擦りつけ、花穂子も自ら、丸いヒップを上下にゆすった。充塞は快美をもたらすと同時に、身も心も息子としっかりと繋がっているという満足感を生じさせる。花穂子の喉元からは、歓喜の喘ぎがこぼれた。

ベッドに掛けた少年の身体の上で、ピンクのナース服姿の女体が、乗馬の最中のようにゆれた

「舐めちゃだめって言っているのに。ああんっ、オチン×ンは硬くて長くて……腰ごと持って行かれそうだしっ」
彩香は悩ましく息を吐き、佑二の胸に乳房を擦りつけてきた。互いの肌が汗で快くすべる。ベッドに掛けた少年の身体の上で、ピンクのナース服姿の女体が、乗馬の最中のようにゆれた。

彩香はなにも言わずに、佑二の目を見つめたまま、腰を沈めてきた

彩香が佑二の膝を跨いで、肩に両手を置いた。佑二は緊張の面持ちを彩香に向けた。
「い、いいんですか?」
彩香はなにも言わずに、佑二の目を見つめたまま、腰を沈めてきた。ペニスの先端に温かな潤みが当たる。彩香は口元にニコッと笑みを浮かべて、腰をさらに落とした。
(突き刺さってる)
勃起の切っ先が、やわらかな花弁を掻き分ける感じがはっきりと伝わった。

佑二は膝の上に抱えた女体を、下から突き上げてきた

申し訳なさそうに言い、佑二は膝の上に抱えた女体を、下から突き上げてきた。
射精後もなかで大きくし、繰り返し挑み掛かってきた昨夜と同じだった。案の定、摩擦刺激のなかで朝立ちのペニスはさらに力感を漲らせ、肉刀の切っ先は膣の上に擦りつく。子宮まで小突かれるような圧迫を感じ、花穂子は長い黒髪をざわめかして背筋を引き攣らせた。