繊細な手指が、俊輔の頬と言わず首筋と言わず、絶えずやわらかくなぞっていく

ひんやりとしたタオル地が首周りを拭うにつれ、千夏の繊細な手指が、俊輔の頬と言わず首筋と言わず、絶えずやわらかくなぞっていく。そのやさしい手の感触に、思わずうっとりしてしまう。しかも、千夏は右手でタオルを動かしながら、その左手ではずっと俊輔の頭を撫でてくれている。それが彼女流の介抱の仕方なのかもしれない。