ああっ、お尻もっ……おっ、おっ、お尻にっ、お尻に響くっ、響いちゃうううっ!…

バイブの直撃が襲ったのは、まさにその瞬間だった。凄まじい波動を恥肉と肛肉に受け、恵里子はたまらず股間を押さえた。
「あっ、あああっ!やめてえっ!あっ、あっ、あそこがっ……ああっ、お尻もっ……おっ、おっ、お尻にっ、お尻に響くっ、響いちゃうううっ!……ひいっ、ひいいいっ!……」
両手で股間を押さえて恵里子は悶絶した。大勢の視線に恥ずかしい股縄とその陰に隠されたバイブの存在を透視された気がした。身体を折ってがっくりと跪き、それから完全に横たわる。驚いた生徒らが駆け寄ってくる足音を、恵里子は薄れる意識で聞いた。

足を踏みだすたび、バイブがズンッと恥肉と肛肉を突きあげる

スタジオの奥で恵里子がインストラクターの横に立ったのを見届け、奥寺はガラス越しにレッスンを眺めるふりで、リモコンのスイッチを握っていた。
スタジオに追いやられた頃には意識が朦朧としていた。足を踏みだすたび、バイブがズンッと恥肉と肛肉を突きあげる。敏感になっている恥裂にロープが食いこむ。

ベッドの上で開いた両足の中心は、ゴンドラの中でも静子に見せつけた、黒いレースの小さな逆三角形だ

ベッドの上で開いた両足の中心は、ゴンドラの中でも静子に見せつけた、黒いレースの小さな逆三角形だ。彩海の愛液でレースの目が濡れ輝くさまは、宝石箱を思わせる。
なにより目立つのは、パンティの中央を円形に持ち上げるバイブだった。赤い人造ペニスは、ゴンドラで絶頂を迎えた後は、ずっとスイッチを切ってあった。尚樹が、彩海に刺激を与えすぎないように考え、なにより普通に遊園地デートを楽しみたかったからだ。

尻が座席を離れて、空中でクイクイと前後に動き、淫らにゴンドラの空気をかきまわす

言葉に合わせて、自分が愛されていることを自慢するように、腰をせり上げた。尻が座席を離れて、空中でクイクイと前後に動き、淫らにゴンドラの空気をかきまわす。下半身の動きが上半身にも伝わり、ワンピースを押し上げる胸の隆起がふるふると揺れる。
「わたしが持ってきたバイブを、尚樹くんに入れてほしい、と頼んだのよ。尚樹くんは喜んで入れてくれたわ」

そろえた両足の先で、サンダルがピクンピクンと動いているのも見える

尚樹はスラックスのポケットに指を入れる。彩海から、いつでも使ってもいいと言われながら、まだ踏ん切りがつかないでいた。人差し指をスイッチに触れさせる。内部の電池から電気が漏れているように、指がピリピリする。
(今こそ、やるときだ!やってやるとも!)
「んっ!」
スイッチを強く押すと同時に、彩海が白馬の背中の上で唇を噛んだ。喘ぎ声を押さえたに違いない。両手で馬体を貫く金色のポールにしがみついた。身体のくねりを消しているに違いない。そろえた両足の先で、サンダルがピクンピクンと動いているのも見える。