天女さまの象徴であるほくろのある側の乳房を捉え、その乳頭にパクリと食いついたかと思うと、口腔内を真空にして乳暈ごとバキュームしてやる

      

見ているだけではたまらなくなり、俊輔も空いている側の乳房に吸いついた。 「ああ、そんな俊くんまでぇ……」 天女さまの象徴であるほくろのある側の乳房を捉え、その乳頭にパクリと食いついたかと思うと、口腔内…

深佳の付け根のあたりをしきりにまさぐっていた千夏の手指が、濃紺のショーツをグイッと引き下げ、そこに小さな顔を押し付けた

      

「ひう、あはあぁ……な、なっちゃん、ダメぇ……」 深佳の付け根のあたりをしきりにまさぐっていた千夏の手指が、濃紺のショーツをグイッと引き下げ、そこに小さな顔を押し付けた。 「ダメっ、そんなとこ舐めちゃ…